Sony
Sony

v6プラス

次世代通信
v6プラス

次世代通信「v6プラス」で
快適なインターネット環境のすすめ
  • 知りたい情報が
    すぐに分かる

  • 動画サイトも
    サクサク再生

  • 大容量のファイルでも
    高速ダウンロード

「v6プラス」をご利用いただくことで 混雑している「PPPoE」のネットワークを回避し インターネット通信が
より快適に!スムーズに!

次世代のインターネット接続方式 「v6プラス」に切り替えることで

快適にインターネットを
ご利用いただけます!

v6プラスが提供するIPoE (IPv6) 接続とは、
次世代のインターネット接続方式です。
現在、利用者が多く混雑している「PPPoE (IPv4) 」
接続とは異なったネットワークを指します。

従来のPPPoE接続方式 利用者多く混雑 従来のPPPoE接続方式 利用者多く混雑
v6プラス 利用者少なく快適 v6プラス 利用者少なく快適
  • 「v6プラス」をご利用いただくことで、速度の向上を保証するものではございません。
    「v6プラス」対応機器をお持ちでない場合、IPv6通信のみIPoE方式によるインターネット接続となります。
    その場合は、IPv6対応サイトのみ、通信速度の改善が期待できます。 (閲覧いただくホームページによっては、速度改善されない場合もございます。)
  • 「v6プラス」は日本ネットワークイネイブラーの登録商標です。

対象の接続サービス

以下の接続サービスをご利用いただいている場合、v6プラスをご利用いただけます。

  • 「So-net 光 プラス」、「So-net 光 minico」、「So-net 光」に新規お申し込みの方は、v6プラスが自動適用されるため別途お申込みは不要です。ただしお客さまの環境によって自動適用とならない場合があります。
対象の接続サービス
  • So-net 光 プラス
  • So-net 光 minico
  • So-net 光
  • plala (Sコース) (旧So-net for ドコモ光)
  • So-net 光 アクセス
  • So-net 光 with フレッツS
  • So-net 光 with フレッツ
  • So-net 光 with フレッツS (G)
  • So-net 光 with フレッツ (G)
  • フレッツ光
  • フレッツ光 (G)
  • 対象サービスでも、対象外のプランもございます。
  • 対象サービス以外でv6プラスをご利用希望の場合は、コース変更またはプランの変更が必要です。

料金

初期費用 0円
月額利用料金 0円
  • ご利用環境によって、回線の品目変更の工事や、ホームゲートウェイ変更などの費用が別途発生する場合がございます。

お手続き

対象サービス お手続き
2018年8月以降に
「So-net 光 プラス」
「So-net 光 minico」
「So-net 光」
に新規お申し込み
対象サービスをお申し込み時にv6プラスが自動適用されるため別途お申込みは不要です。
  • お客さまの環境によって自動適用とならない場合があります。
2018年7月以前にお申込みで
「So-net 光 プラス」、「So-net 光」
ご利用中の方
マイページよりお手続きください。
v6プラス対象のフレッツサービスを
ご利用中の方

よくあるご質問

「v6プラス」とは何ですか?

「IPoE接続方式によるIPv6インターネット接続」と「IPv6ネットワーク上で実現するIPv4インターネット接続 (IPv4 over IPv6) 」を指します。
IPv6通信だけでなく、IPv4通信もIPoE接続方式で利用できるため、さらに快適にインターネットをご利用いただけるようになります。

  • IPv4通信をIPoE接続方式でご利用いただく場合は、「v6プラス」対応機器のご用意が必要になります。 (「So-net 光 minico」は、PPPoE接続を提供していませんが、対応機器をご準備いただくことでIPv4通信のご利用が可能です)
IPoEとは
従来の接続方式である「PPPoE」という接続方式ではなく、「IPoE」という別のネットワークを経由してインターネットをご利用いただくことを指します。
「IPv6」に対応した接続方式であり、設備の大容量化に対応したネットワークです。
IPv6とは
IPv6とはInternet Protocol Version 6の略で、次世代IPアドレスのバージョンを指します。
IPv4と比較して128ビットのIPアドレスに拡張されていることから、大多数のIPアドレスが利用可能となるため、安定したインターネットをご利用いただくためにも、IPv6の移行を推奨しています。

申し込み時に、必要なものはありますか?

IPv4通信・IPv6通信の両方をIPoE接続方式でご利用される場合は、「v6プラス」対応機器のご用意が必要になります。 (「So-net 光 minico」は、PPPoE接続を提供していませんが、対応機器をご準備いただくことでIPv4通信のご利用が可能です。)
詳しくはこちらをご確認ください。

IPv6通信のみをIPoE接続でご利用される場合は、特にご用意いただくものはありません。

  • お客さまのご利用環境。対応コース等を事前にご確認の上、お申し込みください。

「v6プラス」で使えないサービスはありますか?

「v6プラス」と同時にご利用できないサービスについて詳しくはこちらをご確認ください。

今、自分がどのように接続しているかわかりますか?

以下の確認方法があります。

速度測定サイトで確認
速度測定サイトで接続状況を確認することができます。
IPv6接続情報が「Not supported」と表示されている場合、お客さまはPPPoE接続でIPv4をご利用されている状態です。
So-net トップページで確認
So-net トップページ新しいウィンドウで開くの右上に「IPv6」「IPv4」のどちらで接続を行っているかを表示しているアイコンがあります。
お客さまが「IPv6」環境をご利用の場合は、右上に「IPv6」の表示がされています。
v6プラスのお申し込み状況
So-net マイページへログイン後、「オプションサービス・コンテンツサービスのご利用状況」からご確認いただけます。
(オプション名が表示がされていない場合は、お申し込みをされていない状態です。)

「v6プラス」が適用されると、どの環境でも通信速度が改善されるのですか?

NTTからレンタルされているホームゲートウェイ (一部は非対応) をご利用の場合、または「v6プラス」対応の市販ブロードバンドルーターをご利用の場合は、IPv4通信、IPv6通信ともにIPoE方式での通信となるため、通信速度の改善が期待できます。

いずれもご利用でない場合は、IPv6通信のみIPoE方式での通信となるため、IPv6通信に対応したサイトの利用時のみ通信速度の改善が期待できます。

  • IPv4通信をIPoE接続方式でご利用いただく場合は、「v6プラス」対応機器のご用意が必要になります。 (「So-net 光 minico」は、PPPoE接続を提供していませんが、対応機器をご準備いただくことでIPv4通信のご利用が可能です。)

注意事項

  • お客さまのご利用環境 (利用機器、コース等) が条件を満たしている場合に、「v6プラス」をご利用いただけます。
    • 「v6プラス」では、v6プラス対応ホームゲートウェイ、v6プラス対応ブロードバンドルーターのご利用いただくことで、IPv4通信もIPoE方式でのインターネット接続が可能です。
      対応機器をご利用でない場合は、IPv6対応サイトがIPoE方式による接続となり、IPv4対応サイトの場合は従来のPPPoE方式による接続となります。
  • 「v6プラス」のご利用は、速度の向上を保証するものではございません。
  • 「v6プラス」をご利用の場合、「固定IPサービス」は利用できません。
    • PPPoEのIPv4を有効化いただくことでご利用可能です。 (詳しくは別ウインドウで開くこちら)
      また、以下に該当するサービスについても、ご利用いただけない場合があります。
      • 特定のプロトコル (PPTP、SCTP) を利用するサービス
      • 利用可能なポート番号が制限されているため、特定のポートを使うサービス
      • IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス
  • 本サービスはNTTフレッツ光回線のうち、「フレッツ光クロス」回線サービスを使用してのご利用はできません。
  • 「v6プラス」のご利用には、NTT東日本およびNTT西日本の『フレッツ・v6オプション』 (無料) の契約が必要です。現在お申し込みされていないお客さまについては、『フレッツ・v6オプション』への申し込みをSo-netが代行して行いますので、あらかじめご了承ください。
    • 「フレッツ・v6オプション」の代行申し込みには、初期費用、月額費用はかかりません。
    • すでに「フレッツ・v6オプション」をご契約中の方は、契約中の「フレッツ・v6オプション」が優先されます。
  • 「IPoE (IPv6) オプション」のご契約がある場合は、「v6プラス」を申し込めません。「マイページ」にて「IPoE (IPv6) オプション」を解約後に「v6プラス」をお申し込みください。
  • 対応機器をご利用でない場合、IPv4通信はPPPoE接続となります。 追ってホームゲートウェイを用意される場合、お申し込みから1カ月以上経過してしまうと、IPoE接続によるIPv4通信をご利用いただけないことがあります。その際は、「v6プラス」の解約・再申し込みをお願いします。
  • ご利用のひかり電話タイプによって、IPoE方式でIPv4通信をおこなうためにはHGWの交換とあわせて、タイプ変更が必要となる場合があります。

「So-net 光 プラス」ご利用の場合

  • 2018年4月17日以降に「So-net 光 プラス」の回線が開通したお客さまは、回線開通後、「v6プラス」が自動適用されます。「v6プラス」のご利用料金は無料です。
  • 2018年4月17日以前に回線が開通されたお客さまは、マイページからお申込みいただくことができます。

「So-net 光 minico」ご利用の場合

  • 「So-net 光 minico」のご利用には、「v6プラス」のご利用が必要です。「v6プラス」のご利用料金は無料です。
  • 「So-net 光 minico」をご利用のお客さまはPPPoE接続をご利用になれません。
  • 「v6プラス」のご利用に際し、以下につきましてご確認のうえご準備ください。お使いのホームゲートウェイまたはブロードバンドルーターが「v6プラス」に対応しているか、などのご提供条件をご確認のうえ、ご用意ください。詳しくはこちらをご確認ください。
    他社「IPoE接続サービス」をご利用中の場合、他社にて「IPoE接続サービス」の解約手続きが完了するまでSo-netの「v6プラス」はご利用になれません。解約手続きが完了していることを必ずご確認ください。
    「So-net 光 minico」の回線が開通次第、「v6プラス」のご利用状況をご確認ください。詳しくはこちらをご確認ください。
  • 「So-net 光 minico」の回線が開通したお客さまは、回線開通後、「v6プラス」が自動適用されます。

「さくさくスイッチ」「さくさくスイッチ(ワンデー)」について

  • 「さくさくスイッチ」「さくさくスイッチ(ワンデー)」は、お申し込みの方へ専用の高速帯域を提供するオプションサービスです。
  • 「さくさくスイッチ」「さくさくスイッチ(ワンデー)」はベストエフォート方式のサービスとなるためネットワーク混雑の抑制、通信品質および通信速度を保証するものではありません。弊社が推奨する環境であっても、お客さまの利用環境または時間帯によっては低下する場合があります。
    お申し込み方法など詳細は、「さくさくスイッチ」はこちら、「さくさくスイッチ(ワンデー)」はこちらでご確認ください。

解約について

  • 他社「v6プラス」サービスをご利用になるには、So-netの「v6プラス」を解約する必要があります。接続サービスの解約翌月には自動的にSo-netの「v6プラス」も解約となりますが、お急ぎの場合は、別途「マイページ」にて解約手続きを行ってください。

「さくさくスイッチ」をご利用のお客さま

  • 「さくさくスイッチ」は、「v6プラス」と同時に解約されます。
  • 「さくさくスイッチ」は、解約月の月末までご利用いただけます。

「さくさくスイッチ(ワンデー)」をご利用のお客さま

  • 「さくさくスイッチ(ワンデー)」は、ご利用終了後、自動的に解約されます。

お申し込み