サービス一覧 » メール転送サービス » FAQ

メール

メール転送サービス

サービスいろいろ、メールをもっと使いこなそう!

料金:無料

FAQ


  • メール転送サービスとはどのようなサービスですか?
  • 送信先やタイトルなどあらかじめ設定した条件に応じて、お客さまのメールアドレス宛てに送られたメールを別のメールアドレスに転送できるサービスです。
FAQ[Indexへ戻る]
  • パソコンの電源を切っていても、メールは転送されますか?
  • 転送されます。メールの転送はメールサーバ間で行われていますので、パソコンの電源を切っていてもメールの転送は行われます。
FAQ[Indexへ戻る]
  • 「設定キー」とは何ですか?
  • 「設定キー」は他人のメールアドレス宛に許可なく転送されることを防ぎ、入力ミスを防止するために発行する項目です。
    転送先メールアドレスの指定後に転送先メールアドレス宛に「設定キー」が書かれた「メール転送サービス設定キーのお知らせ」メールが送信されます。
    「設定キー」は、転送先のメールアドレスの条件指定画面において転送先のメールアドレスと対に入力します。
FAQ[Indexへ戻る]
  • 「設定キー」の申請をした場合に、送信先メールアドレス宛に届くメールの内容を教えてください。
  • 6桁の数字を組み合わせた設定キー(例:123456)をお知らせする、「メール転送サービス設定キーのお知らせ」というタイトルで以下のようなメールが届きます。
【メール転送サービス設定キー】123456

taro@aa2.so-net.ne.jpをご利用のお客さまよりお申し込みいただいた、
メール転送サービスの設定キーをお知らせいたします。
このキーを以下のURLで設定してください。

https://www.so-net.ne.jp/optionservice/mail/filter/mfwd_auth_stdu.html

上記ページで設定後、 jiro@bb2.so-net.ne.jp 宛に
メール転送が開始されます。なお、メール転送の解除や、設定内容の変更も
上記URLからログイン後に行えます。
FAQ[Indexへ戻る]
  • 転送先メールアドレスとして入力可能な文字を教えてください。
  • 転送先メールアドレスとして入力可能な文字は以下の通りです。
    まず、メールアドレスを次のようにユーザ部とドメイン部に分けるとします。
taro @ aa2.so-net.ne.jp
↑ユーザ部 ↑ドメイン部

ユーザ部に使用可能な文字  : 半角英数字 !#$%&*+-./=?^_{|}~
ドメイン部に入力可能な文字  : 半角英数字 .-

ただしユーザ部に%が含まれている場合最初に出現した%から@までは半角英数、.(ドット)、-(ハイフン)、%(パーセント)が入力可能な文字となります。
(例)
入力可能 : taro%a.-@aa2.so-net.ne.jp
入力不可 : taro%!#&@aa2.so-net.ne.jp

また、以下のようなメールアドレスは入力できません。
@も%も含まないメールアドレス
@か%が先頭のメールアドレス
%が連続で存在する(%%)メールアドレス
%と@の間に文字がない(%@)メールアドレス
%の後に@がないメールアドレス
@の後に文字がないメールアドレス
FAQ[Indexへ戻る]
  • 転送先メールアドレスへのメール転送に失敗した場合、どのようなメールが届きますか?
  • 転送先メールアドレスへのメール転送を行う際に、転送先メールアドレスが削除されていたり、 転送先に不都合が生じていた場合に、転送先へのメール転送が失敗することがございます。 この際、送信元メールアドレス(お客さま宛てにメールを送った人のアドレス)に、 メールを届けることができなかったことを伝える英文のメールが届く場合がございます。 そのメールには転送先メールアドレスが記載されます。転送 先メールアドレスを設定する際にはご注意ください。
FAQ[Indexへ戻る]
  • 「メールのヘッダ」とはなんですか?
  • メールの文章部分を「本文」と呼び、それ以外の送信者のメールアドレスやメールのタイトルなどは 「メールのヘッダ」と呼びます。メールでは、送信者のメールアドレスやメールのタイトルは先頭部分に記述されています。 「メールのヘッダ」に書かれている内容としては次のようなものがございます。
    (1)送信者 (From) :メールを書いた人のアドレス
    (2)受信者 (To) :メールを受け取る人のアドレス
    (3)タイトル(Subject) :メールの題名
    (4) 重要度 (Priority):メールの優先度や重要度
FAQ[Indexへ戻る]
  • 「メール転送部分」で「メールヘッダ」を選択した場合、どのようなメールが届きますか?
  • 「メール受信のご連絡」というタイトルで、転送先メールアドレスにメールが届いたことをお知らせする以下のようなメールが届きます。

    【メール受信のご連絡】

    以下のメールが届きましたので、お知らせいたします。

    送信者 : hanako@aa2.so-net.ne.jp ← 送信者のメールアドレス
    受信者 : taro@aa2.so-net.ne.jp ← お客さまの転送元のメールアドレス
    件名 : お久しぶりです ← 受信したメールの件名
FAQ[Indexへ戻る]
  • 転送先メールアドレスの条件設定で指定する「メール転送部分」、「メール容量制限」、「メール転送条件の有効範囲」と「メール転送条件」のAND-OR条件を教えてください。
  • 「メール転送部分」、「メール容量制限」、「メール転送条件の有効範囲」と「メール転送条件」のAND (かつ) - OR (または) 条件は、次のようになります。
  • 「メール転送部分」、 「メール容量制限」、「メール転送条件の有効範囲」と「メール転送条件」は、AND (かつ) 条件になります。
    具体的には
    (1)「メール転送部分」かつ
    (2)「メール容量制限」かつ
    (3)「メール転送条件の有効範囲」かつ
    (4)「メール転送条件」になります。
  • 「メール転送条件」内15個の条件は、OR (または) 条件になります。
    具体的には
    (1)「メール転送条件1」または
    (2)「メール転送条件2」または
    ・・・
    (14)「メール転送条件14」または
    (15)「メール転送条件15」

    になります。
  • 1つのメール転送条件で2つのキーワードが設定できますが、この間は、AND (かつ) と OR (または) のどちらかを選択することができます。
    具体的には
  • (1)「キーワード1-1」かつ「キーワード1-2」
    (2)「キーワード1-1」または「キーワード1-2」
    のどちらかになります。
  • 上記2.と3.を組み合わせることで、最大30個の OR (または) 条件を設定することもできます。
    具体的には
    (1)「キーワード1-1」または
    (2)「キーワード1-2」または
    (3)「キーワード2-1」または
    (4)「キーワード2-2」または
    ・・・
    (27)「キーワード14-1」または
    (28)「キーワード14-2」または
    (29)「キーワード15-1」または
    (30)「キーワード15-2」
    とすることができます。
FAQ[Indexへ戻る]
  • 「Priority」(重要度)をメール転送条件に指定した場合の設定例を教えてください。
  • 「Priority」 (重要度)はメールの送信者がメールを作成、送信するときに指定できます。
    「Priority」の設定は、1?5の数字でメールの重要度を表し、数が小さいほど、重要度が高くなります。

    また、メールソフトによっては「High、Normal、Low」あるいは「Highest、High、Normal、Low、Lowest」と文字で優先度を表します。

    このメールの重要度を基準にして、メール転送時のキーワードを設定できます。

    具体的に「Priority」はそれぞれ
    (1) 高い :「1」または「High」または「Highest」
    (2) やや高い:「2」または「High」
    (3) 普通 :「3」または「Normal」
    (4) やや低い:「4」または「Low」
    (5) 低い :「5」または「Low」 または「Lowest」
    となります。これらをキーワードに設定してください。

    「Priority」は、メールソフトによっては、隠してしまう場合があります。また、画面上では他のわかりやすい言葉に置き換えて表示される場合がございます。
FAQ[Indexへ戻る]
  • メール転送条件に長い日本語を含める場合の注意事項を教えてください。
  • メール転送条件に長い日本語を含める場合、 17文字以内で指定をしてください。
    17文字を超える日本語箇所へは、メール転送条件を指定をしてもヒットしない場合がございます。
FAQ[Indexへ戻る]
  • メール転送条件として入力できない文字を教えてください。
  • メール転送条件として入力できない文字は、以下の通りになっております。
  • 半角カタカナ
  • 半角ダブルクォーテーションと全角ダブルクォーテーション
    (1) " (半角ダブルクォーテーション)
    (2) " (全角ダブルクォーテーション)
    (3) " (全角ダブルクォーテーション)
    (全角ダブルクォーテーションは2種類あります)
  • タブや改行などの制御コード
    (1) ASCIIコードで16進数00から16進数1Fまで
    (2) ASCIIコードで16進数7F
  • 機種依存文字
    Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ Ⅵ Ⅶ Ⅷ Ⅸ Ⅹ〒 〝 〟 ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩ ⑪ ⑫ ⑬ ⑭ ⑮ ⑯⑰ ⑱ ⑲ ⑳
    (上記の他にも様々な機種に依存する文字がございます)
    また、メール転送条件として入力はできますが、条件に合致しない場合がある文字は、次の通りになっております。ご注意ください。
    ・ unicode(ユニコード)でWindowsにマッピングできない文字
    (1) \ (半角円サイン)
    (2) ~ (半角チルド)
    (3) \ (全角バックスラッシュ)
    (4) ? (全角チルド)
    (5) ? (全角2重縦線)
    (6) ? (全角ハイフン/全角マイナス)
    (7) ¢ (全角セントサイン)
    (8) £ (全角ポンドサイン)
    (9) ¬ (全角ノットサイン)
FAQ[Indexへ戻る]
  • メール転送条件はアルファベットの大文字/小文字は区別されますか?
  • 区別されます。「タイトルに AAAA を含むメールを転送する」設定を行った場合、タイトルにaaaaやAAAaを含むメールは転送されません。
FAQ[Indexへ戻る]
  • メール転送条件のキーワードに、空白やスペースを指定することはできますか?
  • いいえ、できません。メール転送条件のキーワードに空白やスペースを指定した場合は、入力がされていないと判断され、メール転送条件に含まれません。
FAQ[Indexへ戻る]
  • 「メールボックスにメールを残す/残さない」はどのように使用するのですか?
  • So-netのメールボックスにメールを残して転送するか、残さずに転送するかを選択できます。
    この設定は、現在登録されている転送先のメールアドレスすべてに対し共通の設定です。
    個別には設定できないのでご注意ください。
FAQ[Indexへ戻る]
  • 「転送先メールアドレスへの転送の一時停止と再開」はどのように使用するのですか?
  • 「転送一時停止中」に変更することでメール転送を一時的に停止できます。
    お客さまのご都合で、一時的にメール転送をご利用にならないときなどに有効です。
    「転送中」に変更することでメール転送を再開できます。
FAQ[Indexへ戻る]
  • 転送先メールアドレスに、携帯電話を設定しようとしていますが、「メール転送サービス設定キーのお知らせ」のメールが届きません。
  • お客様の携帯電話のメール受信設定で、特定のドメインからの受信を拒否するといった設定がされている場合は、「メール転送サービス設定キーのお知らせ」メールが届かない場合がございます。お手数ですが、お客様の携帯電話の設定をご確認ください。
FAQ[Indexへ戻る]
  • 転送先メールアドレスに、携帯電話を設定しようとしていますが、携帯電話から直接「メール転送サービス設定キーのお知らせ」のメールに書かれているURLからメール転送サービスの設定を行うことができますか?
  • 携帯電話では「メール転送サービス設定キーのお知らせ」のメールに書かれているURLのメール転送サービス設定画面を正しく表示できません。お手数ですが、パソコンからメール転送サービスの設定を行ってください。
FAQ[Indexへ戻る]
  • 転送先メールアドレスを変更したいのですが?
  • あらかじめ転送先メールアドレス用の設定キーを申請したうえで、転送設定の変更から転送先メールアドレスを変更してください。設定キーの申請(転送先メールアドレスの追加)と転送設定の変更方法はこちら
FAQ[Indexへ戻る]

お知らせ