サービス一覧 » メール転送サービス

メール

メール転送サービス

サービスいろいろ、メールをもっと使いこなそう!

料金:無料 / 対象:全接続コース

「着信拒否サービス」/「メール転送サービス」条件設定件数の拡張のお知らせ

メール転送サービス

別のメールアドレスでチェックできる!

メール転送サービスは、送信元やタイトルなどあらかじめ設定した条件でお客さまのSo-netのメールアドレス宛てに送られたメールを別のメールアドレスに転送できます。 パソコンや携帯電話など、複数のメールアドレスをお持ちのお客さまがご利用いただけます。

ほかにも、メールのチェックに便利なサービスがございます。こちらもご活用ください。

メール転送サービス

転送先メールアドレスは最大5件

  • ・転送先のメールアドレスは最大5件まで設定できます。
    「複数のメールアドレスをまとめて管理したい」「携帯電話でメールチェックをしたい」などお客さまのご要望に応じてご指定いただけます。

転送条件を指定できます

  • ・転送先のメールアドレスには転送条件を最大30件まで設定できます。
    条件にはFrom(送信元)、To(宛先)、Subject(件名)、 Priority(重要度)をご指定いただけます。

無料サービス

  • ・初期費用、ご利用料金はかかりません

関連サービス

Webメール

  • ・Webメールなら、細かい転送設定なしで、携帯電話など、ご自宅のパソコン以外からもSo-netのメールを利用できます。
    また、Webメールからそのまま返信できますので、転送先アドレスが知られることもありません。詳細はこちら

サービス詳細

メール転送サービスは、送信先やタイトルなどあらかじめ設定した条件に応じて、お客さまのSo-netのメールアドレス宛てに送られたメールを別のメールアドレスに転送できるサービスです。 例えば、メールアドレス「taro@aa2.so-net.ne.jp」に特定の人から送られてきたメールを転送したい場合、メール 転送の条件に“Fromにabc@cde.ne.jp を含むメールを転送する”と設定すると、「abc@cde.ne.jp」からのメールを転送できます。

ご利用可能な方

本サービスはSo-netの接続コースを利用されているすべてのお客さまにご利用いただけます。

転送先に指定できるメールアドレス数

転送先のメールアドレスは最大5件まで設定できます。

設定できる転送条件

転送するメールアドレスには転送条件を2つのキーワードを1ペアとして15ペア、最大30件まで設定できます。 条件にはFrom(送信元)、To(宛先)、Subject(件名)、 Priority(重要度)がご指定いただけます。

条件 特徴
From(送信元) 特定の方から送られたメールを転送できます。
To(宛先) メーリングリストやエイリアスアドレス利用しているお客さまはそのアドレス宛てに送られたメールを転送できます。
・エイリアスアドレスについてはこちらをご覧ください。
Subject(件名) 指定したキーワードを含む件名のメールを転送できます。
Priority(重要度) 指定した優先度のメールを転送します。
  • Priority(重要度)についてはこちらをご覧ください。
  • 転送条件の設定に関する、So-net サポートデスクでのサポートの際、複数の条件を組み合わせるなどの複雑な設定となる場合は、専門のオペレータによるリモートでのサポート等をさせていただけるよう、「So-net 安心サポート」(有償のサポートサービス)をご案内させていただく場合がございます。
    So-net 安心サポートについて詳しくはこちら

転送条件の有効範囲について

「指定した条件に合致したメールを転送する」、「指定した条件以外のメールを転送する」を選択できます。 また、すべてのメールを転送することもできます。

転送部分の指定について

メールを転送する部分は「メールヘッダだけ」、「メール全体」を選択できます。
メール本文の確認が不要で送信者の確認だけ行いたい方は「メールヘッダだけ」を選択してください。
「メールヘッダだけ」を選択した場合の転送内容についてはこちらをご覧ください。

メール容量の制限について

メール容量制限は「メールの大きさに関係なく転送する」、「メールの大きさが10KB以下のメールだけを転送する」を選択できます。
添付ファイルや画像があるなど、サイズの大きいメールを転送したくないお客さまは「メールの大きさが10KB以下のメールだけを転送する」を選択してください。

メールボックスにメールを残す/残さないの指定について

「メールを転送元に残す」と「メールを転送元に残さない」を選択できます。
「メールを転送元に残す」を指定すると、 So-netのメールボックスに転送したメールを残します。
「メールを転送元に残さない」を指定すると、So-netのメールボックスには転送したメールを残しません。復元はできませんので十分注意してご利用ください。

転送先を止めたい場合は

指定したメールアドレスへの転送を一時的に利用しない場合は「一時停止」を指定することで条件を残したままサービスを一時停止できます。
「再開」を指定することで再びサービスを利用できます。
完全に転送を止める場合は、「転送先メールアドレスの転送設定削除」を行うことで、指定したメールアドレスへの転送をやめることができます。

料金

メール転送サービスは初期費用、月額利用料どちらも無料でご利用いただけます。

初期費用 無料
月額利用料 無料

お申し込み

お申し込みの流れ

STEP1

転送先となるメールアドレスを指定してください。

転送できなかった場合に、送信元メールアドレス宛に送られるエラーメールの本文中には、転送先のメールアドレスが記述されます。このため、意図せず転送先メールアドレスを送信元に通知してしまう場合がありますので、転送先メールアドレス指定の際はご注意ください。
(転送ができなかった場合とは、転送先メールサーバーになんらかの問題があったり、転送先に指定したメールアドレスが変更されるなどして、メールアドレスが利用不可になっている場合などです。)

STEP2

指定した転送先メールアドレスあてに「設定キー」が記載されたメールが届きます。 メールより「設定キー」を確認してください。
「設定キー」とは、メールアドレスの入力ミスで起こるトラブルを防ぐためのものです。

STEP3

転送先のメールアドレスへの転送条件を設定してください。
STEP1で指定したメールアドレス、STEP2で届いたメールに記載されている「設定キー」と転送する条件を入力してください。

STEP4

お申し込み完了です。
お客さまが指定したメールアドレスにメール転送が行われます。


注意事項

下記注意事項をご確認の上お申し込みください。

  • ■転送サービス全般について
  • ・So-netのメールサービスで送受信/転送できるメールのサイズは20MB以内ですが、転送先のメールサーバが20MBより小さいサイズの制限を設けている場合は、そのサイズが上限となります。
  • ・So-netの着信拒否サービスと同一の条件を転送条件として設定した場合、着信拒否の設定が優先されるため、該当のメールは削除され、転送は行われません。
  • ■転送できなかった場合について(転送先メールサーバーの問題や、転送先メールアドレスが利用不可など)
  • ・エラーメールが送信元メールアドレス宛に送信される場合があります。このとき、エラーメールの本文中には、転送先のメールアドレスが記述されているため、意図せず転送先メールアドレスを送信元に通知してしまう場合があります。
  • ・相当期間にわたり転送できなくなっている場合、転送設定見直しのお願いを弊社よりメールにてご連絡いたします。
    ご連絡後、相当期間経過後も引き続きメール転送が行えない場合は、該当のメール転送を一時的に停止させていただきます。
  • ■転送先に携帯電話のメールアドレスを指定された場合について
  • ・携帯電話のメール受信設定で「他のメールアドレスになりすましたメールを拒否する」などが選択されている場合は、転送メールは届きません。
    メールの受信設定を「他のメールアドレスになりすましたメールを拒否しない」もしくは「存在するドメインからのみ受信する」などに変更の上、ご利用ください。
    詳細につきましては、ご利用の携帯電話会社へお問い合わせください。
  • ・夜間に携帯電話へ転送メールが届く場合がございます。転送時間の指定はできませんので、ご了承ください。
  • ■転送先にフリーメールアドレスを指定された場合について
  • ・転送先で受信した転送メールを迷惑メールに指定する設定を行うと、その後転送されるメールも迷惑メールとみなされ、迷惑メールフォルダに届く場合があります。 受信した転送メールを整理される際にはご注意ください。
  • ・一部のフリーメールアドレスでは転送メールを他のメールアドレスになりすましたメールとみなし、警告が表示されることがあります。他のメールアドレスになりすましたメールではない事を確認した上でメールを閲覧してください。

お申し込み

上記の注意事項をご確認のうえ、こちらからお申し込みください。
・お申し込み方法の詳細についてはこちら

設定変更

設定変更

メール転送サービスでは設定の変更が可能です。

転送元のメールボックスにメールを残す、残さないの選択
 メール転送の際、お客さまのSo-netのメールボックスにメールを残す/残さないの選択ができます。

転送先メールアドレスの追加と変更
 転送先に指定できるメールアドレスは最大5件まで設定できます。

転送条件の追加、変更、削除
 転送条件は2つのキーワードを1ペアとして15ペア、最大30件まで設定できます。

転送設定の削除
 お客さまが指定したメールアドレスへの転送設定を削除できます。

メール転送の一時停止と再開
 お客さまが設定された転送条件を残したままサービスの一時停止/再開ができます。

メール転送サービスの設定変更

メール転送サービスの設定変更はこちらからお申し込みください。
・設定変更の詳細についてはこちら

設定変更

  • 転送条件の設定に関する、弊社サポートデスクへのお問い合わせにおきまして、複数の条件を組み合わせるなどの複雑な設定となる場合は、有償のサポートサービスのご利用をご案内させていただく場合がございます。

設定方法

ここではメール転送サービスのお申し込み方法とお申し込み後の設定変更の方法を実際の画面に沿ってご説明いたします。

  • 転送条件の設定に関する、So-net サポートデスクでのサポートの際、複数の条件を組み合わせるなどの複雑な設定となる場合は、専門のオペレータによるリモートでのサポート等をさせていただけるよう、「So-net 安心サポート」(有償のサポートサービス)をご案内させていただく場合がございます。
    So-net 安心サポートについて詳しくはこちら

お申し込み方法のご説明

メール転送サービスをお申し込みされるお客さまはこちらをご覧ください。

お申し込み方法のご説明

設定変更方法のご説明

メール転送サービスをお申し込み済で設定を変更されるお客さまはこちらをご覧ください。

設定変更方法のご説明

お申し込み方法

お申し込み方法11.「会員認証画面」でSo-netのユーザーIDとパスワードを入力し、「認証」ボタンをクリックします。



お申し込み方法22.「手続き対象ユーザーIDの確認画面」が表示されますので画面を確認し、間違いがなければ「実行」ボタンをクリックします。



お申し込み方法33.メール転送サービスの利用規約画面に移ります。ご利用規約の全ての内容をご確認の上、同意いただける場合はページ下の「同意する」ボタンをクリックしてください。
同意いただけない場合は、本サービスにお申し込みいただけませんのでご了承ください。



お申し込み方法44.メール転送設定画面に移ります。始めに転送先のメールアドレスの指定を行います。メール転送サービスのお申し込みの「指定する」ボタンをクリックしてください。



お申し込み方法55.転送先メールアドレスの指定画面に移ります。
転送先メールアドレスを入力し、よろしければ「次へ」ボタンをクリックしてください。
転送先メールアドレスを間違えて入力すると確認メールが届きません。転送先メールアドレスのご入力の際はお間違えのないよう、十分にご確認ください。



お申し込み方法66.転送先メールアドレス指定の確認画面に移ります。 転送を行うメールアドレスを確認し、よろしければ「指定する」ボタンをクリックしてください。



お申し込み方法77.転送先メールアドレス指定の完了画面に移ります。 転送を行うメールアドレスの指定が完了します。

完了後、転送先メールアドレス宛てに「メール転送サービス設定キーのお知らせ」メールが届きますので、メールに書かれている「設定キー」を確認してください。

次に転送条件設定を行います。「メール転送設定画面へ」ボタンをクリックしてメール転送設定画面へ移動してください。

「設定キー」は転送先メールアドレスの入力ミスを防止するためのものです。

次の転送先メールアドレスの条件設定で必要となりますので「設定キー」はメモを取るなどして忘れないようにしてください。



お申し込み方法88.メール転送設定画面に戻ります。
次に転送先のメールアドレスへの転送条件設定を行います。
メール転送サービスのお申し込みの「設定する」ボタンをクリックしてください。



お申し込み方法99.転送設定画面に移ります。

転送先のメールアドレスへの転送条件の設定を行います。
右図の項目aからdの箇所に順に入力してください。

項目a 転送先メールアドレスと設定キー
項目b メール転送部分とメール容量制限
項目c メール転送条件の有効範囲
項目d メール転送条件

項目a
項番4で指定した転送先メールアドレスと、「メール転送サービス設定キーのお知らせ」メールに書かれている「設定キー」を入力してください。

項目b
メール転送部分とメール容量制限を入力します。

1.メール転送部分
・ メール全体 → 転送元のメールアドレスに送られた メールと同じ内容のメールを転送します。
・ メールのヘッダ → 本文を転送せず、From(送信元)、 To(宛先)、Subject(件名)のみ転送します。
「メールのヘッダ」を選択し、メールボックスの状態を「メールを転送元に残さない」に設定すると、メール本文を読むことができなくなります。
「メールのヘッダ」の詳細についてはこちらをご覧ください。
2.メールの容量制限
・メールの大きさに関係なく転送する → 転送元のメールアドレスに送られたメールと同じ内容のメールを転送します。
・10KB以下のメールだけを転送する→メールのサイズが10KBより大きいメールは転送されません。
ファイルなどを受け取れない携帯電話に転送する場合は、「10KB以下のメールだけを転送する」を選択してください。

項目c
メール転送設定を有効とする範囲を選択します。 「すべてのメールを転送する」 「指定した条件に合致したメールを転送する」 「指定した条件以外のメールを転送する」 のいずれかを選んでください。

項目d
(1) メール転送の条件を指定します。条件には、送信者(From)、宛先(To)、 件名(Subject)と重要度(Priority)をキーワードとして2つ指定できます。
(2) 2つのキーワードを組み合わせる場合には、「かつ」「または」のどちらかを選ぶことができます。 キーワードを1つだけ指定した場合はこの部分は条件に含まれません。
・「かつ」 → 2つのキーワード両方の条件を満たす場合にメール転送します。
・「または」 → 2つのキーワードのどちらか一方の条件を満たす場合にメール転送します。
(3)「有効」「無効」のチェックボタンでは、メール転送の条件を有効、無効に変更することができます。
・「有効」を選択した場合 →条件を満たした受信メールを転送します。
・「無効」を選択した場合 →条件を満たしても受信メールは転送されません。
(4) メール転送条件は2つのキーワードを1ペアとして15ペア、30件まで指定する事ができます。
(5) 各メールの転送条件は、“または”になります。
(6) キーワードを空白に指定した場合、条件には含まれませんのでご注意ください。

以上の入力した内容でよろしければ「次へ」ボタンをクリックしてください。
入力したメール転送の条件を消したい場合は「クリア」ボタンをクリックしてください。

○キーワードの設定例
1.「Fromに」(送信者)欄の設定例
特定のメール(例:abc@aa2.so-net.ne.jp)を転送したい場合に、「Fromに」欄を選択してメールアドレスの一部 (例: abc)を入力します。
2.「Toに」(宛先)欄の設定例
メーリングリストにきたメールを転送したい場合に、「Toに」欄を選択してそのメールアドレスの一部を入力します。
3.「Subjectに」(件名)欄の設定例
「Subjectに」欄を選択して入力すると、キーワードを含む件名のメールを転送します。
4.「Priority」(重要度)欄の設定例
一般的なメールソフトではPriorityは1?5の数字で重要度を表し、数が小さいほど、重要度が高くなります。また、メールソフトによっては「High、Normal、Low」あるいは「Highest、High、Normal、Low、Lowest」と文字で重要度を表す場合もあります。そこで、重要なメールだけを 転送したい場合はキーワードに「1」「Highest」「High」などと入力し、設定してください。
「Priority」(重要度)欄の詳細についてはこちらをご覧ください。



お申し込み方法1010.転送先メールアドレス条件設定の確認画面に移ります。
設定内容を確認し、よろしければ「設定する」 ボタンをクリックしてください。



お申し込み方法1111.転送先メールアドレスの条件設定の完了画面に移ります。 お客さまが指定したメールアドレスに転送が行われます。

お申し込みを終了する場合は「終了」ボタンをクリックしてください。

続けてメール転送サービスをお申し込みされる場合は、「メール転送設定画面へ」ボタンをクリックするとメール転送設定画面に移ります。


設定変更方法

設定変更方法11.メール転送設定画面で登録されている転送先のメールアドレスを選択し、「確認する」ボタンをクリックすると転送内容の確認画面に移ります。
この画面では、登録されているメールアドレスの条件変更と削除、メール転送の一時停止と再開が行えます。
転送先メールアドレスの追加とメールボックスの状態変更はメール転送設定画面から行えます。
転送元のメールボックスにメールを残す、残さないの変更をする
転送先メールアドレスを追加する
転送先メールアドレスや転送設定を変更する
転送設定を削除する
メール転送の一時停止と再開



設定変更方法22.転送元のメールボックスにメールを残す、残さないの変更をする

メール転送設定画面の「メールボックスにメールを残す/残さない」ではメールボックスにメールを残す、残さないの変更ができます。

・メールを転送元に残す → 転送元のメールボックスに転送したメールを残します。
・メールを転送元に残さない → 転送元のメールボックスに転送したメールを残しません。

「変更する」ボタンをクリックするとメールボックスの 状態変更の確認画面に移ります。
変更される内容を確認し、よろしければ「変更する」ボタンをクリックしてください。



設定変更方法33.転送先メールアドレスを追加する

「メール転送サービスのお申し込み」画面のSTEP1の「指定する」ボタンから新しいメールアドレスを指定してください。(指定したメールアドレス宛に「設定キー」をお送りします。)

「設定キー」を取得したら、STEP3の「設定する」ボタンを押下し、新しいメールアドレスと「設定キー」を入力してください。

以上で、転送先メールアドレスの追加手続きは完了です。

転送先に設定できるメールアドレスは、5つまで追加できます。



設定変更方法44.転送先メールアドレスや転送設定を変更する

【転送先メールアドレスを変更する場合】

「メール転送サービスのお申し込み」画面のSTEP1の「指定する」ボタンから新しいメールアドレスを指定してください。 (指定したメールアドレス宛に「設定キー」をお送りします。)

「現在登録されている転送先のメールアドレス」の「確認する」ボタンを押してください。

転送先メールアドレスの条件変更を押してメールアドレスと「設定キー」をに入力してください。

以上で、転送先メールアドレスの変更手続きは完了です。

【転送設定を変更する場合】

転送設定を変更したいメールアドレスを、「現在登録されている転送先のメールアドレス」に記載されている一覧の中から選択し「確認する」ボタンを押してください。

「転送先メールアドレスの転送設定変更」より「変更する」ボタンを押して、「転送先メールアドレスの条件変更」に記載されている設定条件を変更してください。

※「転送先メールアドレス」と「設定キー」の再入力は不要です。


設定変更方法55.転送設定を削除する

転送先メールアドレスの転送設定を削除したい場合は、転送内容の確認画面より転送先メールアドレスの転送設定削除の「削除する」ボタンをクリックしてください。
転送設定削除の確認画面に移りますのでよろしければ「削除する」ボタンをクリックしてください。



設定変更方法66.メール転送の一時停止と再開

転送内容の確認画面の「転送先メールアドレスへの転送の一時停止と再開」では転送の一時停止と再開が行えます。
利用状況を変更する場合は「変更する」ボタンをクリックしてください。

転送利用状況には「転送中」と「転送一時停止中」の2種類があります。

・転送中 → お客さまが申し込まれたメール転送サービスが有効です。
・転送一時停止中 → お客さまが申し込まれたメール転送サービスは一時停止しています。

「変更する」ボタンをクリックすると転送利用状況の変更確認画面に移ります。
変更される内容を確認し、よろしければ「変更する」ボタンをクリックしてください。

利用規約

「メール転送サービス」(以下「本サービス」という)は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(以下「弊社」という)が運営するサービスであり、So-net接続会員およびSo-netこんてんつコース会員(以下「So-net会員」という)のみがご利用いただけます。本サービスをご利用いただく方(以下「利用者」という)は、「メール転送サービス」利用規約(以下「本規約」という)を必ずお読みの上、ご同意下さい。

第1条(本サービス)

  • 1.本サービスは、利用者がSo-net接続サービスおよびソネットVAIOメールサービスにおいてご利用されるメールボックス宛に送付されたメールを、利用者が設定した条件に従い、利用者が指定する任意のメールアドレス宛に転送するサービスです。
  • 2.本サービスの利用者は、別途弊社が定める条件を満たすSo-net会員に限ります。
  • 3.本サービスの利用契約は、利用者が本規約に同意のうえで、弊社が定める手続に従い本サービスへの申込をなし、弊社が当該申込者を本サービスの利用者として登録した時点をもって成立するものとします。
  • 4.本サービスの内容、利用料金、設定方法、その他詳細については、別途弊社が定める本サービスに関する諸規定により利用者に提示されるものとし、利用者はSo-netサービス会員規約及び当該諸規定に従い本サービスを利用するものとします。
  • 5.弊社は、弊社が適当と判断する方法で利用者に通知することにより、本規約を変更できるものとします。ただし、本規約の変更内容については、弊社が本サービスのホームページ上に掲示することにより、利用者への通知に変えることができるものとします。本規約の変更に関する通知日から起算して8日以内に、利用者が本サービスの終了を申し入れない場合には、利用者により本規約の変更が承認されたものとみなします。

第2条(利用条件)

  • 1.本サービスにおいて、転送先として利用者が設定するメールアドレスは、利用者が管理または所有しているメールアドレス、もしくは当該メールアドレスの管理者に転送の許可を受けたメールアドレスに限ります。
  • 2.利用者は、So-netのメールアドレスと、転送先のメールアドレスとで相互に転送し合うループ設定をしてはならないものとします。
  • 3.利用者は、大量のメールを転送するなどにより、転送先のメールサーバに対して多大な負荷を与えたり、もしくは障害を発生させる等の行為をしてはならないものとします。

第3条(本サービスの中断または中止)

  • 1.弊社は、次のいずれかに該当する場合、自らの判断により本サービスの全部または一部の提供を中断または中止することができるものとします。
  •  (1) 火災、地震、洪水等の天災、戦争、動乱、騒乱等の事変、停電、労働争議、その他の非常事態が発生し、または発生するおそれがある場合。
  •  (2) 本サービスに関連する弊社指定のサーバその他弊社が運用もしくは管理する設備の保守を定期的にまたは緊急に行う場合。
  •  (3) 本サービスに関連する弊社指定のサーバその他弊社が運用または管理する設備、ソフトウェア等の異常、故障、障害その他本サービスを提供できない事由が生じた場合。
  • 2.弊社は、前項各号の規定により本サービスの全部または一部の提供を中断または中止する場合、自らが適当と判断する方法で事前に利用者に対してその旨を本サービスのホームページ上で掲示するものとします。ただし、緊急の場合、弊社は、かかる掲示を行うことなく、本サービスの全部または一部の提供を中断または中止することができるものとします。
  • 3.弊社は、本条に基づく本サービスの全部または一部の提供の中断または中止によって生じた利用者および第三者の損害につき、一切責任を負わないものとします。

第4条(サービスの停止、失効)

利用者が本規約に反する行為を行った場合、So-net会員の資格を失った場合、その他利用者による本サービスの利用が不適当であると弊社が判断した場合には、弊社は、利用者の本サービスの利用資格を直ちに停止または失効させることができるものとします。

第5条(免責事項)

  • 1.弊社は、弊社の故意または重過失による場合を除き、本サービスの提供に関して利用者に生じた損害につき、一切の責任を負わないものとします。
  • 2.前項の定めに拘らず、いかなる場合においても弊社は、本サービスの提供に関し、以下に定める利用者または第三者に生じた損害については一切責任を負わないものとします。
  •  (1) 弊社の責に帰すべからざる事由から生じた損害
  •  (2) 弊社の予見の有無に拘らず、特別の事情から生じた損害
  •  (3) メールをはじめとする情報等の消失、改ざん、流出、毀損等に起因する損害を含む逸失利益
  • 3.本サービスの変更または廃止から生じた損害

附則: この規約は2002年5月26日から実施します。
2008年1月10日一部改訂
2010年6月1日一部改訂

FAQ

いま 注目のキーワード

お知らせ