サービス一覧 » A-Box(追加メールボックス)

メール

A-Box(追加メールボックス)

サービスいろいろ、メールをもっと使いこなそう!

料金:有料 / 対象:So-net の個人接続コースおよびSo-net メンバーズコースを利用されているお客さま

A-Boxサービス(追加メールボックスサービス)

A-Boxは、基本メールボックスのほかに、最大5つまでメールボックスを追加することができるサービスです。 月額300円(税抜)で、ウイルスチェック機能や迷惑メール振り分け機能などのオプション機能を無料でご利用いただけます。

A-Boxってこんなに便利!

メールボックスを最大5つ追加できます。

メールの保管容量無制限など、基本仕様と同様の機能を備えたメールボックスを、目的に合わせて最大5つまで追加することができます。


無料で使えるオプション機能も充実!

迷惑メール振り分け機能 ウイルスチェック機能
迷惑メール振り分け機能 迷惑メールを自動的に判別し、振り分けるので、迷惑メールを見なくて済むようになります。 ウイルスチェック機能 So-netのメールサーバ上でウイルスのチェックと駆除をしてからメールを送受信することができます。
メール転送機能 着信拒否機能
メール転送機能 送信先やタイトルなど、あらかじめ設定した条件に応じて最大5つのメールアドレスにメールを転送することができます。 着信拒否機能 差出人や件名、宛て先、メール容量など受け取りたくないメールの条件を設定し、So-netのメールサーバ上で削除することができます。

So-net Webメールも利用可能だから、いつでもどこでもメールチェックできる!

So-net Wevメール

◆外出先でもメールチェックが出来ます。
◆携帯電話からもメールの送受信が出来ます。
◆迷惑メール振り分け機能と一緒に使えば、迷惑メールの自動振り分けも可能。

サービス詳細

A-Boxは、基本メールボックスのほかに、最大5つまでメールボックスを追加することができるサービスです。月額300円(税抜)で、ウイルスチェック機能や迷惑メール振り分け機能などのオプション機能を無料でご利用いただけます。

ご利用いただけるお客さま

So-net の接続会員およびSo-net メンバーズコース会員のお客さまにご利用いただけます。

法人会員およびSo-net メンバーズコース for Biz会員のお客さまは、「Access Mailbox」でのご利用となります。

メールボックス名について

メールボックス名は " 希望メールボックス@サブドメイン "となります。
すでに他のお客さまにより登録されているメールボックス名はお使いいただけません。
メールボックス名お忘れになった場合は、メールボックス登録・変更ページで現在のご利用状況を確認できます。

文字数 3文字以上32文字以内
先頭文字 半角英小文字(abcdefghijklmnopqrstuvwxyz)のみ使用可能です。
使用文字 ・半角英小文字(abcdefghijklmnopqrstuvwxyz)
・半角数字(1234567890)
・半角ハイフン(-)
・半角アンダーバー(_)

サブドメインについて

追加メールボックスのサブドメインは"abox**"です。
**の部分はシステムにて自動的に払い出します。お客さまにご指定いただくことはできません。

メールアドレスについて

メールアドレスは"希望メールボックス名@サブドメイン.so-net.ne.jp"となります。

(例)希望メールボックス名として"taro"を申し込むと、メールアドレスは"taro@abox*.so-net.ne.jp"や、"taro@abox**.so-net.ne.jp"のようになります。

メールアドレスパスワードについて

メールボックスごとにパスワードを設定します。

文字数 8文字以上16文字以内
先頭文字 先頭文字はアルファベットないし数字を設定してください。
使用文字 ・半角英大文字・小文字
・半角数字
・半角ハイフン(-)
・半角アンダーバー(_)
※英文字1文字以上と数字を1文字以上混在させることが必要です。

※メールボックス名と同じパスワード、または希望メールボックス名の反転、生年月日、電話番号など、第三者から類推されやすいパスワードは避けてください。

メールボックスの仕様について

A-Boxのメールボックスは、以下の仕様になっています。

メールボックス容量 無制限 ※1
メール保存通数 無制限 ※1。
メール保存期間 2ヶ月間 ※1・2
ただし、So-net Webメールの「迷惑メールフォルダ」「ゴミ箱フォルダ」内のメール保存期間は14日間 ※3
送受信の最大容量 1通あたり20MB ※4
送信の最大同報数 1通あたり200宛先(To/Cc/Bcc合計)
  • ※1 メールサーバに高負荷がかかった場合、保存期間内であっても緊急措置として一時的にお客さまのメールの受信・Webメールの閲覧に制限をかけさせていただくことがございます。 (大量のメールがサーバ上にありますと、メールの受信に支障をきたし、メールソフトで受信できなくなる場合があります。お使いのメールソフトで「メールをサーバに残す」設定にしている場合は、メールを受信してもメールボックス内にメールデータが蓄積されますので、定期的にメールサーバ内のメールを削除することをおすすめします。詳しくは、こちらをご覧ください。)
  • ※2 メールボックス内のメールは2ヶ月間保存されますが、Webメールをご利用のお客さまは、メールをメールボックスに保存したままですと受信日の2ヶ月後に削除されます。保存したいメール・重要なメールはメールソフトにて受信するか、Webメール保管箱に保存ください。
    メールの設定方法
    Webメール保管箱詳細
  • ※3 該当フォルダ内のメールにつきましては、受信日より15日経過のタイミングで自動的に削除されます。
  • ※4 ファイルを添付してメールを送信する場合、添付されたファイルはメールソフトにより容量が増加します。そのため、実際に添付可能なファイル容量は14MB程度とお考えください。

オプション機能について

迷惑メール振り分け機能、メール転送機能、ウイルスチェック機能、着信拒否機能という便利なオプション機能を無料でご利用いただけます。

機能 概要
迷惑メール振り分け機能 迷惑メールをSo-netのメールサーバ上で自動的に判定し、振り分けることができます。 ご利用には、迷惑メール振り分け機能の設定が必要です。
メール転送機能 送信元やタイトルなどあらかじめ設定した条件でお客様のSo-netのメールアドレス宛てに送られたメールを別のメールアドレスに転送できます。
ご利用には、メール転送機能の設定が必要です。
ウイルスチェック機能 So-netのメールサーバ上で送受信メールに対してウイルスの検知および駆除を自動的に行うことができます。ご利用には、ウイルスチェック機能の設定が必要です。
着信拒否機能 差出人のメールアドレスやメールの件名などあらかじめ設定した条件で、不要なメールを拒否して受け取らないようにすることができます。 ご利用には、着信拒否機能の設定が必要です。

また、So-net Webメールもご利用いただけます。

料金

A-Boxサービスのご利用料金は、以下の通りです。

初期登録料

初期登録料 無料

追加手数料

追加手数料 500円(税抜)

月額利用料

月額利用料 1メールボックスあたり300円(税抜)
  • ※ご登録月から月額利用料がかかります。
  • ※ご登録月に追加手数料がかかります。
  • ※2件目以降1メールボックス追加ごとに追加手数料がかかります。
  • ※サービス解約のお申し込み時点ですぐにサービスがご利用いただけなくなります。
  • ※解約月の月額利用料はかかりません。尚、お申込み月に解約された場合、1ヶ月分の月額利用料がかかります。
  • ※退会をお申し込みいただいた場合、当月末または翌月末の退会処理と同時にサービスがご利用いただけなくなります。また、最後の利用月は月額利用料がかかります。

オプション機能一覧

いつでもどこでもメールチェックしたい!

メール転送機能

※2010/06/17より、「フィルタリング機能」から名称を変更しました。

様々な条件に応じてメールを転送するので、携帯電話や会社など複数のメールアドレスを上手に活用することができます!

詳細はこちら

ウイルス・迷惑メール対策をしたい!

ウイルスチェック機能

パソコンやメールソフトの設定はいらず、自動でウイルスをチェックします!メールサーバ上でチェックと駆除ができるので、対策ソフトも必要ありません。

詳細はこちら

迷惑メール振り分け機能

迷惑メールやウイルスメールを、自動的に判別して振り分けます!振り分け方法も2種類から選べるので、快適にメールをお使いいただくことができます。

詳細はこちら

着信拒否機能

差出人・宛先・件名・メール容量などを元に、最大500件までメール拒否の設定ができます!サーバ上で拒否するため、メールソフトの設定なしでご利用いただけます。

詳細はこちら

「A-Box サービス」ご利用規約

「A-Boxサービス」(以下「本サービス」といいます)は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(以下「弊社」といいます)が運営する個人向けサービスであり、So-net接続サービス会員およびSo-net メンバーズコース会員(以下「会員」と総称します)がご利用いただけます。本サービスの利用を希望する会員は、A-Boxサービスご利用規約(以下「本規約」といいます)を必ずお読みの上、ご同意ください。

第1条(本サービス)

  • 1.本サービスは、弊社が会員に対して、メールボックスを提供する「A-Boxサービス」と称するインターネットメールサービスです。なお、So-net接続サービス会員には、入会時に付与する基本メールボックスとは別に、本サービスに基づくメールボックスが追加で提供されます)
  • 2.弊社は、本サービスの内容、提供条件、その他詳細について、別途弊社が定める諸規定により、提示するものとします。
  • 3.会員は、本規約および本サービスに関する諸規定ならびに弊社が別途定める本則および各個別規定からなるSo-netサービス会員規約に従って本サービスを利用するものとします。

第2条(本サービスの申込み)

  • 1.会員は、別途弊社が定める手順に従い、1メールボックス毎に本サービスの利用を申込むものとします。
  • 2.会員は、本サービスにて提供するメールアドレスの@以前の部分に使用する、英数字を組み合わせた任意の文字列(以下「文字列」といいます)を指定するものとします。ただし、当該指定の文字列が本サービスを利用する他の会員が既に利用している文字列と重複する場合には、別の文字列を選択し、指定しなおすものとします。
  • 3.本サービスを利用するにあたり、会員が一旦取得したメールアドレスは、変更することができないものとします。
  • 4.会員が、本規約の定めに従って本サービスの利用を申込み、弊社がこれを受けて本サービス利用登録を行うことにより、会員と弊社との間において本サービスの利用に関する契約が成立するものとします。

第3条(登録費用および利用料金)

  • 1.会員は、本サービスの利用に関する契約成立後、別途弊社が定める本サービスの初期登録料または追加手数料(あわせて以下「登録費用」といいます)および利用料金を支払うものとします。
  • 2.本サービスの利用料金は、本サービスの利用に関する契約が成立した暦月から発生するものとします。

第4条(オプション機能)

会員は、本サービスに付随するオプション機能の利用を希望する場合、別途弊社の定める手続きに従い、オプション機能の利用を申し込むものとします。

第5条(本サービスの解約)

会員は、本サービスの解約を希望する場合、別途弊社の定める手続きに従い、本サービスの解約を申し込むものとします。なお、本サービス解約申込月の利用料金は、発生しないものとします。

附則:

この規約は2004年3月1日から実施します。
2007年 3月9日一部改訂
2015年10月5日一部改訂

お申し込み/パスワード変更/解約

A-Boxサービスのお申し込み、解約、パスワード変更についてご説明いたします。

お申し込み
パスワード変更
解約

お申し込み

お申し込みはこちらよりお手続きください。

お申し込み方法

1.「お申し込み」ボタンをクリックします。


2.「会員認証画面」が表示されますので、So-netのユーザIDとパスワードを入力し、「認証」ボタンをクリックします。

3.「手続き対象ユーザーIDの確認画面」が表示されますので画面を確認し、間違いがなければ「実行」ボタンをクリックします。

■ 初回申し込み
「申込画面」が表示されます。ご利用規約をご確認いただき、規約に同意される場合は希望メールボックス名、初期パスワードを入力し、「申込む」ボタンをクリックしてください。

■2回目以降のお申し込み
「利用状況画面」が表示されます。「メールボックスを申込む」ボタンをクリックします。
※A-Boxサービスを既にご利用になっている場合は、メールボックス名と、ご利用開始年月日が表示されます。

「申込画面」が表示されますので、希望メールボックス名とパスワードを入力します。
※「初期パスワード」は、メールの送受信時に必要になりますので、必ずメモを取っていただきますようお願いいたします。


4.「申込確認画面」が表示されますので、表示されている内容が正しければ、「実行」ボタンをクリックします。


5.「申込完了画面」が表示されます。これでA-Boxサービスのお申し込みは完了です。画面には作成されたA-Box名のほか、メールの送受信の際に必要なPOPサーバ名やSMTPサーバ名が表示されていますので、表示されている項目は、すべてメモを取っていただきますようお願いいたします。

パスワード変更

パスワード変更は、こちらからお手続きください。
パスワードはセキュリティ向上のため、定期的に変更されることをおすすめします。

パスワード変更

パスワード変更手続き方法

会員サポートのページをご確認ください。
会員サポートページへ

解約

A-Boxサービスの解約はこちらからお手続きください。
※ご解約完了後、すぐにご利用いただけなくなりますので、ご注意ください。

解約


解約手続き方法

1.「解約」ボタンをクリックします。


2.「会員認証画面」が表示されますので、So-netのユーザIDとパスワードを入力し、「認証」ボタンをクリックします。


3.「手続き対象ユーザーIDの確認画面」が表示されますので画面を確認し、間違いがなければ「実行」ボタンをクリックします。


4.「利用状況画面」が表示され、現在ご利用いただいているA-Boxサービスのメールボックス名が表示されます。解約したいメールボックス名を入力し、「解約する」ボタンをクリックします。


5.「解約確認画面」が表示されますので、表示されている内容が正しければ、「実行」ボタンをクリックします。


6.「解約完了画面」が表示されます。これでA-Boxサービスの解約は完了です。

設定方法

メールソフトへの設定方法は、So-net基本メールアドレスと同様となります。

設定方法については、こちらをご確認ください。

FAQ

お申し込みと解約について

  • ウイルスチェック機能、迷惑メール振り分け機能などのオプション機能を利用するには、どうすればよいですか?
  • ご利用になるオプション機能ごとにお申込と設定が必要です。

メールボックスの仕様について

  • メールボックス名はどのように決まりますか?
  • メールボックス名は“希望メールボックス名@サブドメイン”となります。
    サブドメインは“abox**”です。
    **の部分はシステムにて自動的に払い出します。お客さまにご指定いただくことはできません。

    • ※すでに他のお客さまにより登録されているメールボックス名はお使いいただけません。
    • ※メールボックス名お忘れになった場合は、メールボックスお申込/解約のページで現在のご利用状況を確認できます。
  • パスワードを忘れてしまいました。
  • パスワード変更画面にて、パスワード変更手続きをお願いいたします。
  • メールの保存期間はどれくらいですか?
  • 2ヶ月間です。
    • ※So-net Webメールの「迷惑メール」フォルダ、「ゴミ箱」フォルダ内のメール保存期間は14日間、「保管箱」フォルダ内のメールは無期限です。
    • ※メールサーバに高負荷がかかった場合、保存期間内であっても緊急措置として一時的にお客さまのメールの受信・Webメールの閲覧に制限をかけさせていただくことがございます。
    • (大量のメールがサーバ上にありますと、メールの受信に支障をきたし、メールソフトで受信できなくなる場合があります。お使いのメールソフトで「メールをサーバに残す」設定にしている場合は、メールを受信してもメールボックス内にメールデータが蓄積されますので、定期的にメールサーバ内のメールを削除することをおすすめします。詳しくは、こちらをご覧ください。)
  • メールの保存容量はどれくらいですか?
  • 無制限です。
    • ※メールサーバに高負荷がかかった場合、保存期間内であっても緊急措置として一時的にお客さまのメールの受信・Webメールの閲覧に制限をかけさせていただくことがございます。
    • (大量のメールがサーバ上にありますと、メールの受信に支障をきたし、メールソフトで受信できなくなる場合があります。お使いのメールソフトで「メールをサーバに残す」設定にしている場合は、メールを受信してもメールボックス内にメールデータが蓄積されますので、定期的にメールサーバ内のメールを削除することをおすすめします。詳しくは、こちらをご覧ください。)
  • 1通あたりのメールの容量に制限がありますか?
  • 1通あたりのメール容量は20MBまでとなります。
      ※ファイルを添付してメールを送信する場合、添付されたファイルはメールソフトにより容量が増加します。そのため、実際に添付可能なファイル容量は7MB程度とお考えください。

メールアドレスについて

  • A-Boxサービスで、取得できるメールアドレスを教えてください。
  • メールアドレスは“希望メールボックス名@サブドメイン.so-net.ne.jp”となります。
    (例)希望メールボックス名として"taro"を申し込むと、メールアドレスは "taro@abox1.so-net.ne.jp"や、 "taro@abox22.so-net.ne.jp"のようになります。
  • メールアドレスを変更できますか?
  • 申し訳ございませんが、メールアドレスの変更はできません。
  • メールアドレスを一時停止できますか?
  • 申し訳ございませんが、メールアドレスの一時停止はできません。

料金について

  • A-Boxサービスの月額利用料はいつから発生しますか?
  • お申し込み月から月額利用料を請求させていただきます。
  • 解約した月の料金はどうなりますか?
  • ご解約月の月額利用料はかかりません。
    退会をお申し込みいただいた場合、最後のご利用月の月額利用料は請求させていただきます。

オプション機能について

  • A-Boxサービスのオプション機能は何ですか?
  • オプション機能は、以下の4サービスになります。
    • ・迷惑メール振り分け機能(迷惑メールをSo-netのメールサーバ上で自動的に判定し、振り分けます)
    • ・メール転送機能(あらかじめ設定した条件でメールを別のメールアドレスへ転送します)
    • ・ウイルスチェック機能(So-netのメールサーバ上で送受信メールに対してウイルスの検知および駆除を行います)
    • ・着信拒否機能(あらかじめ設定した条件で不要なメールの受信を拒否します)
    • また、A-BoxのアカウントでSo-net Webメールをご利用いただくことも可能です。
  • So-net Webメールについて教えてください。
  • So-net Webメールは、自宅以外のパソコンや、携帯電話、PDAでメールを読んだり送ったりすることができるサービスです。A-Box(追加メールボックス)をお申し込みのお客様は、So-net Webメールをご利用いただけます。

    So-net WebメールのFAQはこちらから
  • 「メールのヘッダ」とはなんですか?
  • メールの文章部分を「本文」と呼び、それ以外の送信者のメールアドレスや メールのタイトルなどは「メールのヘッダ」と呼びます。メールでは、送信者の メールアドレスやメールのタイトルは先頭部分に記述されています。「メールの ヘッダ」に書かれている内容としては次のようなものがございます。

    (1)送信者 (From) :メールを書いた人のアドレス
    (2)受信者 (To) :メールを受け取る人のアドレス
    (3)タイトル(Subject) :メールの題名
    (4) 重要度 (Priority):メールの優先度や重要度
  • 「Priority」(重要度)をメール転送条件に指定した場合の設定例を教えてください。
  • 「Priority」 (重要度)はメールの送信者がメールを作成、送信するときに指定できます。
    「Priority」の設定は、1?5の数字でメールの重要度を表し、数が小さいほど、重要度が高くなります。

    また、メールソフトによっては「High、Normal、Low」あるいは「Highest、High、Normal、Low、Lowest」と文字で優先度を表します。

    このメールの重要度を基準にして、メール転送時のキーワードを設定できます。

    具体的に「Priority」はそれぞれ

    (1) 高い :「1」または「High」または「Highest」
    (2) やや高い:「2」または「High」
    (3) 普通 :「3」または「Normal」
    (4) やや低い:「4」または「Low」
    (5) 低い :「5」または「Low」 または「Lowest」

    となります。これらをキーワードに設定してください。

    「Priority」は、メールソフトによっては、隠してしまう場合があります。また、画面上では他のわかりやすい言葉に置き換えて表示される場合がございます。

メール転送機能とは

メール転送機能は、送信先やタイトルなどあらかじめ設定した条件に応じて、お客さまのSo-netのメールアドレス宛てに送られたメールを別のメールアドレスに転送できる機能です。
例えば、メールアドレス「taro@aa2.so-net.ne.jp」に特定の人から送られてきたメールを転送したい場合、メール 転送の条件に“Fromにabc@cde.ne.jp を含むメールを転送する”と設定すると、「abc@cde.ne.jp」からのメールを転送できます。

お申し込み

設定変更

設定方法

転送できるメールアドレス数について

転送先のメールアドレスは最大5件まで設定できます。

指定できる条件について

転送するメールアドレスには転送条件を2つのキーワードを1ペアとして5ペア、最大10件まで設定できます。
条件にはFrom(送信元)、To(宛先)、Subject(件名)、 Priority(重要度)がご指定いただけます。

条件 特徴
From(送信元) 特定の方から送られたメールを転送できます。
To(宛先) メーリングリストやエイリアスアドレス利用しているお客さまはそのアドレス宛てに送られたメールを転送できます。
・エイリアスアドレスについてはこちらをご覧ください。
Subject(件名) 指定したキーワードを含む件名のメールを転送できます。
Priority(重要度) 指定した優先度のメールを転送します。※
  • ※Priority(重要度)についてはこちらをご覧ください。
  • ※転送条件の設定に関する、弊社サポートデスクへのお問い合わせにおきまして、複数の条件を組み合わせるなどの複雑な設定となる場合は、有償のサポートサービスのご利用をご案内させていただく場合がございます。

転送条件の有効範囲について

「指定した条件に合致したメールを転送する」、「指定した条件以外のメールを転送する」を選択できます。
これにより転送条件をブラック(拒否)リスト、ホワイト(許可)リストとして利用できます。
すべてのメールを転送することもできます。

転送部分の指定について

メールを転送する部分は「メールヘッダだけ」、「メール全体」を選択できます。
メール本文の確認が不要で送信者の確認だけ行いたい方は「メールヘッダだけ」を選択してください。
「メールヘッダだけ」を選択した場合の転送内容についてはこちらをご覧ください。

メール容量の制限について

メール容量制限は20MBを上限に「メールの大きさに関係なく転送する」、「メールの大きさが10KB以下のメールだけを転送する」を選択できます。
携帯電話に転送を希望されるお客さまは「メールの大きさが10KB以下のメールだけを転送する」を選択してください。

メールボックスにメールを残す/残さないの指定について

「メールを転送元に残す」と「メールを転送元に残さない」を選択できます。
「メールを転送元に残す」を指定すると、 So-netのメールボックスに転送したメールを残します。
「メールを転送元に残さない」を指定すると、So-netのメールボックスには転送したメールを残しません。復元はできませんので十分注意してご利用ください。

一時停止と再開について

指定したメールアドレスへの転送を一時的に利用しない場合は「一時停止」を指定することで条件を残したままサービスを一時停止できます。
「再開」を指定することで再びサービスを利用できます。

転送設定の削除について

転送設定の削除を行うことで指定したメールアドレスへの転送設定を削除できます。

ウイルスチェック機能とは

ウイルスチェック機能は、So-netのメールサーバ上でメールに添付されたファイルがウイルスに感染していないかをチェックし、ウイルスが見つかった場合はその添付ファイルを削除する機能です。
ウイルスチェック機能には、メールを受信する際にウイルスチェックが行われる「メール受信時のウイルスチェック機能」と、メールを送信する際にウイルスチェックが行われる「メール送信時のウイルスチェック機能」の2種類があります。

ウイルスチェック機能

メール受信時のウイルスチェック機能

メールサーバ上で受信するメールの添付ファイルがウイルスに感染していないかをチェックし、ウイルスが見つかった場合はその添付ファイルを削除してから、メールを受信できる機能です。

メール送信時のウイルスチェック機能

メールサーバ上で送信するメールの添付ファイルがウイルスに感染していないかをチェックし、ウイルスが見つかった場合はその添付ファイルを削除して、メールを送信できる機能です。

お申し込み/設定変更/解約設定方法

対応OS

Windows/MacintoshOSのウイルスに対応しています。

メールがウイルスに感染していた時の動作例

メールがウイルスに感染している場合の動作は、メール受信時、メール送信時で以下の通りとなります。
メール受信時の動作例
メール送信時の動作例

ウイルスチェック機能ご利用時のご注意

  • ・ウイルスとして検出された添付ファイルは、削除します。
  • ・メール受信時のウイルスチェック機能で削除された添付ファイルは復元できません。万が一、大切な添付ファイルが削除された場合は、送信者へ連絡し、ウイルスを駆除した上でもう一度送りなおしていただいてください。
  • ・メール送信時のウイルスチェック機能で削除された添付ファイルは復元できません。万が一、自分がウイルス付きのメールを送信してしまい、大切な添付ファイルが削除された場合は、ウイルスを駆除してから、もう一度送りなおしてください。
  • ・サービスの性質上、すべてのウイルスを迅速に検出できるわけではありません。新種のウイルスに対してもできる限り早く対応するようにはしていますが、未知のウイルスに対しては検知できない場合もあります。また、添付ファイルの形式によっては、対応できない場合もあります。添付ファイル付きのメールが来た場合や、親しい人からのメールでもむやみに添付ファイルを開くことは避け、ウイルスに感染しないよう、日ごろから心がけるようにしてください。

迷惑メール振り分け機能とは

迷惑メール判定エンジンが全世界から収集した迷惑メールを統計的に分析した情報をもとに、お客さまの受信メールを自動的に判定し、迷惑メールと判断した場合にはお客さまが選択した設定でメールが振り分けられます。

「目印をつけて迷惑メールフォルダへメールを移す」を選択した場合
  • ※迷惑メールフォルダはSo-net Webメールでのみ閲覧が可能なため、自動的に迷惑メールと判定されたメールは、メールソフトで受信することはできません。また、迷惑メールフォルダのメールは、受信日より15日経過のタイミングで自動的に削除されます。定期的に迷惑メールフォルダをご確認いただくようお願いいたします。迷惑メールと判定されたメールもメールソフトを利用して受信したい場合は、こちらをご覧ください。

お申し込み/設定変更設定方法

迷惑メールが見つかった時の動きについて

迷惑メールが見つかった時の動きとして、「目印をつけて迷惑メールフォルダへメールを移す」「目印をつける」の2パターンからご選択いただけます。

「目印をつけて迷惑メールフォルダへメールを移す」を選択した場合〔オススメ!!〕

迷惑メール判定度に従い、迷惑メールの特徴を持ったメールの件名に[meiwaku]の目印を付けます。目印が付いたメールは、So-net Webメールの迷惑メールフォルダへ自動的に振り分けられます。迷惑メールフォルダのメールは、受信日より15日経過のタイミングで自動的に削除されます。
迷惑メールフォルダへ振り分ける設定

  • ※迷惑メールフォルダは、So-net Webメールでのみ閲覧することができます。こちらを選択される場合、あらかじめSo-net Webメールのお申し込み手続きが必要です。

「目印をつける」を選択した場合

迷惑メール判定度に従い、迷惑メールの特徴を持ったメールの件名に[meiwaku]の目印を付けます。目印が付いたメールの振り分けを行うには、お客さまがお使いのメールソフトで設定を行う必要があります。
メールソフトで振り分ける設定

迷惑メール判定度について

受信したメールが持つ迷惑メールの特徴を数値に換算し、その数値が高いメールを迷惑メールと判定します。この数値を「迷惑メール判定度」と呼びます。迷惑メール判定度は、「最高」「高」「中」「低」の4段階からご選択いただけます。

迷惑メール判定度 ▼「最高」を選択すると
迷惑メールの特徴を多く持つメールを迷惑メールと判定します。そのため、迷惑メールであっても迷惑メールと判定されないことがあります。初期設定時には、「最高」が選択されています。

▼「低」を選択すると
迷惑メールの特徴が少ないメールでも迷惑メールと判定します。そのため、迷惑メールでなくても迷惑メールと判定されることがあります。大量の配信をしているメールマガジンなども、同様に迷惑メールと判定されることがあります。

お客さまが迷惑メールと判断するメールが迷惑メールと判定されない場合

迷惑メール判定度を低くしてみてください。迷惑メールの特徴が少なくても迷惑メールと判定するようになりますので、今まで正常なメールと判定されていたメールが迷惑メールと判定されるようになります。判定度を変更しても迷惑メールと判定されない場合は、下記の誤判定の場合のご連絡についてをご確認ください。
もしくは、「xxのアドレスから来るメールはすべて迷惑メール」というように迷惑メールの条件が明らかな場合は、ブラックリストにメールアドレスやメールの特徴(例:件名にxxを含む)などを登録することで、迷惑メールの判定を行うことができます。

お客さまが迷惑メールと判断しないメールが迷惑メールと判定される場合

迷惑メール判定度を高くしてみてください。迷惑メールの特徴が多いメールに対して迷惑メールと判定するようになりますので、今まで迷惑メールと判定されていたメールが正常なメールと判定されるようになります。判定度を変更しても迷惑メールと判定される場合は、下記の誤判定の場合のご連絡についてをご確認ください。
もしくは、「xxのメールアドレスから来るメールはすべて正常なメール」というように迷惑メールではない条件が明らかな場合は、パスリストにメールアドレスやメールの特徴(例:件名にxxを含む)などを登録することで、迷惑メールの判定を行わないようにすることができます。

誤判定の場合のご連絡について

迷惑メール判定度の変更を行っても、「迷惑メールではないのに迷惑メールと判定された」または「迷惑メールなのに迷惑メールと判定されなかった」など、迷惑メール振り分け機能の誤判定と思われる場合は、専用のご連絡窓口までメールでご連絡ください。
詳しくは、こちらからユーザIDとパスワードを入力し、ログイン後の画面より「誤判定のご連絡」ボタンをクリックしてください。
なお、お客さまからお寄せいただいた情報は、迷惑メール振り分け機能の判定精度の向上のために利用させていただきます。

パスリスト/ブラックリストについて

迷惑メール判定度はあくまで一般的な基準ですので、「パスリスト」「ブラックリスト」を設定することにより、お客さまご自身で判定を補足することができます。

パスリスト パスリストとは、迷惑メールと判定されたくないメールの条件を設定するためのリストです。例えば、パスリストの条件にお友達のメールアドレスを設定すれば、そのお友達からのメールは迷惑メールと判定されることはなくなります。
ブラックリスト ブラックリストとは、迷惑メールと判定したいメールの条件を設定するためのリストです。例えば、ブラックリストの条件を「件名に『広告』があるメール」と設定すれば、件名に『広告』を含むメールは必ず迷惑メールと判定されます。

着信拒否機能とは

着信拒否機能は、差出人のメールアドレスやメールの件名などあらかじめ設定した条件に応じて、お客さまがいらないメールを拒否して受け取らないようにできるサービスです。 例えば、着信拒否するメールの条件に“差出人(From)が次の文字を含む「abc@cde.ne.jp」”と設定すると、指定したメールアドレスからのメールは受信しなくなります。

お申し込み/設定変更/解約設定方法

着信拒否条件の設定数について

着信拒否条件は2つのキーワードを1ペアとして100ペア、最大200件まで設定できます。

指定できる条件について

着信拒否機能では条件を指定することにより拒否するメールを絞り込むことができます。
条件には差出人(From)、宛先(To)、件名(Subject)、メール容量が指定できます。

条件 特徴
差出人(From) 特定の方からのメールを着信拒否できます。
宛先(To) メーリングリストやエイリアスアドレスを利用されているお客さまは、そのアドレス宛てに送られたメールを着信拒否できます。
・エイリアスアドレスについてはこちらをご覧ください 。
件名(Subject) 指定したキーワードを含む件名のメールを着信拒否できます。
メール容量(KB) 指定した容量以上(または未満)のメールを着信拒否できます。※

※着信拒否条件のチェック後に、メールヘッダなどが追加されるようになっております。
そのため、100バイト程度の誤差が発生する場合があります。ご了承ください。
※差出人(From)・宛先(To)・件名(Subject)がないメールの着信拒否も可能です。この場合の「○がない」とは、ヘッダが存在しない、もしくはヘッダは存在するが値がない場合を指します。

着信拒否条件の有効範囲について

「指定した条件に合致したメールを着信拒否する」、「指定した条件のメールのみを受け取る」を選択できます。
これにより着信拒否条件をブラック(拒否)リスト、ホワイト(許可)リストとして利用することができます。
すべてのメールを着信拒否することもできます。



[ご注意ください]
着信拒否したメールはすべてメールサーバ上で削除されます。復元はできませんので十分注意してご利用ください。

一時停止と再開について

着信拒否機能を一時的に利用しない場合は「一時停止」を指定することで条件を残したまま機能を一時停止できます。
「再開」を指定することで再びサービスを利用できます。

サービスの解約について

利用されている着信拒否機能を解約できます。

いま 注目のキーワード

お知らせ