ソネットVAIOメール

ウイルスチェックサービス FAQ


ウイルスチェックサービスについて

  • ウイルスチェックサービスとはどのようなサービスですか?
  • 基本メールボックスに対して、ウイルスの検出・削除機能を付け加えるオプションサービスで、次の2種類になります。
    ■ メール受信時のウイルスチェックサービス
    お使いのメールアドレス宛てに届けられたメールの添付ファイルがウイルスに感染していないかを、常にメールサーバ上でチェックします。また、ウイルスに感染している添付ファイルから自動的にウイルスを駆除、もしくは感染している添付ファイルを削除し、安全なメールのみを受け取ることができるようになります。
    ■ メール送信時のウイルスチェックサービス
    お客さまのSo-netのメールアドレスを使って送信するメールの添付ファイルがウイルスに感染していないかを、常にメールサーバ上でチェックします。また、ウイルスに感染している添付ファイルから自動的にウイルスを駆除、もしくは感染している添付ファイルを削除し、安全なメールのみを送ることができるようになります。
  • 市販されているウイルスチェックソフトと比較して、このサービスのメリットはなんですか?
  • 主なメリットとして以下のことがあげられます。
  • メールサーバ側でウイルスをチェックするので、自宅、会社、OSなどの環境を問わず、安心してメールを送受信することができます。
  • 常に最新の情報でウイルスチェックを行いますので、新種のウイルスが発見された場合など、メールサーバ側でいち早く対応します。お客さまによる設定変更の必要はありません。
  • パソコンに特別なソフトをインストールする必要がないので、他のアプリケーションソフトなどに負荷をかける心配がありません。
  • ファミリーパックを利用しています。本会員のメールアドレスでウイルスチェックサービスを申し込みましたが、ファミリー会員のメールもウイルスチェックされますか?
  • チェックされません。ウイルスチェックサービスを申し込まれたSo-net接続コース会員のメールアドレスだけがチェックの対象となります。ウイルスチェックサービスをご希望のファミリー会員の方も、本会員と同様にWebページからお申し込みください。
  • Macintoshのウイルスはチェックされますか?
  • Windows/MacintoshOSのウイルスに対応しています。
  • ウイルスチェックサービスを利用していたにもかかわらず、ウイルスの被害にあった場合、賠償をしてくれますか?
  • 本サービスのご利用に関しては、So-netはいかなる責任を負わず、また、その損害の賠償はできません。 ウイルスチェックサービスの性質上、すべてのウイルスを迅速に検出できるわけではありません。添付ファイルを開いたり実行する場合は、細心の注意をはらって慎重に行ってください。
  • 追加メールボックスでは、ウイルスチェックできますか?
  • 追加メールボックスでもウイルスチェックはご利用できます。詳しくはこちらをご参照ください。

メール受信時のウイルスチェックサービスの場合

  • 特別なメールソフトが必要ですか?
  • メール受信時のウイルスチェックサービスは、So-netのメールサーバ上でウイルスをチェックした後、お客さまのメールボックスにメールを届けますので、現在お使いになっているメールソフトのままで大丈夫です。
  • メール受信時のウイルスチェックサービスを利用するには、メールソフトやパソコンの設定を変えなければいけませんか?
  • ウイルスチェックはメールサーバ上で行われますので、設定変更の必要はありません。
  • SMTP認証に対応したメールソフトが必要ですか?
  • メール受信時のウイルスチェックサービスのみをご利用になるのであれば、SMTP認証に対応したメールソフトは必要ありません。

メール送信時のウイルスチェックサービスの場合

  • 特別なメールソフトが必要ですか?
  • メール送信時のウイルスチェックサービスをご利用になる場合は、SMTPサーバでお客さまのユーザ認証を行う必要がありますので、 SMTP認証に対応したメールソフトが必要となります。

    なお、So-netで動作確認を行っているSMTP認証に対応したメールソフトは以下のとおりです。各メールソフトのSMTP認証に関する設定方法を知りたい場合は、該当するメールソフト名をクリックしてください。(2008年4月現在)

     Windows メール
     Microsoft Outlook 2002
     Microsoft Outlook [2000/Express6.0/Express5.5]
     Netscape 7.0
     Becky! Internet Mail Ver.2
     PostPet V3 Windows版 (ver 3.22jp) 以降

    ※上記以外のメールソフトについては、メールソフトのヘルプまたはマニュアルをご参照ください。
    ※So-net Webメールをご利用の場合は、設定は不要です。
  • メール送信時のウイルスチェックサービスを利用するには、メールソフトやパソコンの設定を変えなければいけませんか?
  • メール送信時のウイルスチェック機能をご利用になる場合は、SMTPサーバでお客さまのユーザ認証を行う必要がありますので、SMTP認証に対応したメールソフトで設定変更が必要です。

    なお、So-netで動作確認を行っているSMTP認証に対応したメールソフトは以下のとおりです。各メールソフトのSMTP認証に関する設定方法を知りたい場合は、該当するメールソフト名をクリックしてください。(2008年4月現在)

     Windows メール
     Microsoft Outlook 2002
     Microsoft Outlook [2000/Express6.0/Express5.5]
     Netscape 7.0
     Becky! Internet Mail Ver.2
     PostPet V3 Windows版 (ver 3.22jp) 以降

    ※上記以外のメールソフトについては、メールソフトのヘルプまたはマニュアルをご参照ください。
    ※So-net Webメールをご利用の場合は、設定は不要です。
  • SMTP認証ってなんですか?
  • SMTPサーバを利用してメールを送信する際、送信者がユーザであることを確認するためにSMTPサーバでユーザ認証を行う機能のことです。 SMTP認証を採用することにより、第三者によるメールサーバの不正利用を防ぐことができます。 ただし、SMTP認証に対応したメールサーバを利用するには、SMTP認証に対応したメールソフトを使用する必要があります。

    なお、So-netで動作確認を行っているSMTP認証に対応したメールソフトは以下のとおりです。各メールソフトのSMTP認証に関する設定方法を知りたい場合は、該当するメールソフト名をクリックしてください。 (2008年4月現在)

     Windows メール
     Microsoft Outlook 2002
     Microsoft Outlook [2000/Express6.0/Express5.5]
     Netscape 7.0
     Becky! Internet Mail Ver.2
     PostPet V3 Windows版 (ver 3.22jp) 以降

    ※上記以外のメールソフトについては、メールソフトのヘルプまたはマニュアルをご参照ください。
  • SMTP認証に対応したメールソフトにはどのようなものがありますか?
  • SMTP認証の設定時に入力するログインID/パスワード/SMTPサーバ名は、何を入力すればいいですか?
  • SMTP認証の設定をしたのですが、エラーが発生します。何がいけないのでしょうか?
  • SMTP認証では、認証するSMTPサーバと認証するユーザーIDとメールアドレスパスワードの設定が必要です。 それぞれの設定内容に誤りがあると、エラーが発生します。

    SMTP認証の設定に関するエラーは、誤っている設定箇所と各メールソフトによって異なります。各メールソフトのSMTP認証に関するメール送信時のエラーを参照される場合は、該当するメールソフト名をクリックしてください。

     Windows メール
     Microsoft Outlook 2002
     Microsoft Outlook [2000/Express6.0/Express5.5]
     Netscape 7.0
     Becky! Internet Mail Ver.2
     PostPet V3 Windows版 (ver 3.22jp) 以降

    ※SMTP認証でエラーが発生しますと、メールを送信することができませんので、ご注意ください。
  • サブミッションポート(Port587)でのメール送信に対応していますか?
  • Outbound Port 25 Blockingの適用されたプロバイダの接続や、通常の設定のまま外出先で接続ができなかった場合などにご利用いただけます。 サブミッションポートを利用するには、SMTP認証とポート番号変更可能なメールソフトを使用する必要があります。

    サブミッションポートについての詳細は、こちらをご覧ください。