Sony
Sony

WiMAXWiMAXのWi-Fiルーター、正しい選び方教えます

  • 記載の金額はすべて税抜きです。別途消費税がかかります。

一見すると全部同じように見えてしまうWi-Fiルーターですが、実際にはその性能には明確な違いがあります。「どれでも一緒でしょ」なんて、適当に選んでしまうと、後で後悔することに?そこでここでは、2017年春現在、「So-net モバイル WiMAX 2+」で選択できる最新ルーター4モデルの性能をわかりやすく解説。あなたにあったベストな一台を見つけ出しましょう。

下り最大440Mbps*1。au 4G LTE対応の『W04』

4×4 MIMOおよびキャリアアグリゲーションに対応、下り最大440Mbps*1の最新モバイルWi-Fiルーター『W04』。上り速度も最大30Mbpsと向上しました。さらにau 4G LTE対応なので、より広いエリアで快適に利用できます。

他の端末と違って『W04』は、携帯しやすく持ちやすいスティックデザイン。画面を縦スクロール操作に統一することで、スマホのように片手で操作ができて便利です。クレードルに端末を置くと、メニューは横向きデザインに自動的に切り替わります。

また、新たにBluetoothテザリングに対応。連続15時間の長時間通信が可能です。Wi-Fiで接続した場合に比べて消費電力が少なくて済むので、バッテリーを節約したい場合に活用できるでしょう。

こんな人におすすめ

地方への出張が多いビジネスマンや旅行が好きな人

拡張アンテナ内蔵クレードルで、室内でも快適高速通信『WX03』

通信速度だけでなく、バッテリーの持ちも重視したいというヘビーユーザーにイチオシなのが『WX03』。4×4 MIMO技術とキャリアアグリゲーション技術の融合により、下り最大440Mbps*1を実現できる超ハイスピードな端末です。

2.4インチの大型タッチパネルを採用し、スマホ感覚で簡単に操作ができるようになりました。専用アプリでは、バッテリー残量などの情報をスマホにお知らせしてくれる便利機能も。また、ルーター本体で日次での通信量が確認できるため、通信速度制限に引っかからないよう注意できます。

さらに、専用クレードル(別売)に拡張アンテナが搭載され、WiMAX電波の受信性能がアップ。スマホやパソコンなどの端末にもしっかり電波を飛ばすので、自宅ではホームルーターとして、より快適にインターネットを楽しめます。

こんな人におすすめ

大容量データを大量にやり取りする速度重視のヘビーモバイラー

下り最大370Mbps*2*3。大容量バッテリー搭載の『W03』

Speed Wi-Fi NEXT W03

下り最大220Mbpsのキャリアアグリゲーション接続に対応。これにさらにau 4G LTE(2GHz)の下り最大150Mbpsを加えた、下り最大370Mbps*2*3のハイスピードな端末『W03』。

また、カバンの中にしまいこんだ『W03』に触ることなく、スマホ側からスリープを解除できる「リモートウェイクアップ」機能も搭載(専用アプリ「HUAWEI HiLink」が必要)。ほとんど、スマホの内蔵通信機能のような感覚で利用できます。なお、専用アプリからは電波強度やバッテリー残量のチェックも可能。長時間使いたい時や、バッテリー残量がきびしい時はキャリアアグリゲーションをOFFにして省エネするなどといったこともできます(通常時の連続通信時間が約9時間30分のところ、バッテリーセーブモード時は最大12時間10分の連続利用が可能に)。

また、NFC対応スマホであれば、SSIDやパスワードの入力も不要。スマホをルーターにかざすだけで即座にインターネット接続できます。

こんな人におすすめ

auスマホユーザー&バッテリー持ちを重視する人

最大40台同時接続可能なホームルーター『Speed Wi-Fi HOME L01』

Speed Wi-Fi HOME L01

最後に紹介する『Speed Wi-Fi HOME L01』は、見た目からわかるよう、他のモデルとは大きく異なる変わりダネ。なんとWiMAXを自宅で使うことに特化した、屋内専用のルーターなのです(利用時には別途電源が必要)。

下り最大速度は440Mbps。4x4 MIMOおよびキャリアアグリゲーションに対応しています。さまざまな機器と互換性のある2.4GHzに加え、電波干渉の少ない5GHzもサポート。同時利用も可能で、最大40台まで接続できます。

また、有線LANが2口あるので、Wi-Fiに対応していないデスクトップPCやプリンターもケーブルで繋いでしまえばネットに接続できるので便利です。

バッテリーを内蔵していないため、他のモバイルルーターのように屋外で使うことはできないのですが、帰省時や出張時などに携行し、実家やホテルでも安定したインターネット環境を構築するといった使い方ができます。

こんな人におすすめ

面倒な工事などをせず、気軽に自宅用のインターネット回線を導入したい人

  1. *1440Mbpsは東名阪エリアを中心にご利用いただけます。速度は、システム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により440Mbps、220Mbpsまたは110Mbpsとなります。実際の通信速度は、通信環境や混雑状況などに応じて低下します。下り最大440Mbps対応エリアの情報は、UQホームページでご確認いただけます。
  2. *2370Mbpsは、東京都渋谷駅周辺エリアから提供を開始し、順次、大阪府梅田駅周辺、愛知県名古屋駅周辺、山手線主要駅周辺などへ拡大予定。なお駅構内ではご利用いただけない場合があります。通信規格やエリア等により最大通信速度は異なります。送信はキャリアアグリゲーション対象外です。
  3. *3ハイスピードプラスエリアモード(有料)ご利用時です。利用した月だけ1,005円/月のLTEオプション利用料がかかります。ただし、「auスマートバリュー mine」を契約されている月(契約月、解約月を含みます)は無料となります。

(2016年7月20日/12月27日/2017年3月1日一部更新)

ご相談・お申し込み

  • お申し込みにはクレジットカードが必要となります。有効なカードをお手元にご用意ください。
  • ご利用のコース料金(モバイルコースの場合は月額200円)が別途かかります。

So-netの接続サービスを新規に申し込むお客さま

電話でお申し込み

0120-117-268

受付時間 9:00 ~ 21:00 (携帯・PHSもOK!)

WEBで申し込み

設定は簡単なの?いつから使えるの?速度制限って?

お電話で気軽にご質問ください

  • So-netご入会前の方専用窓口です

おきがる質問ダイヤル

0120-60-3005

受付時間 9:00 ~ 21:00 (携帯・PHSもOK!)

  • So-netご入会前の方専用窓口です、既にSo-netをご利用中の場合は各専用窓口へお問い合わせください。
  • お客さまのご要望に正確かつ迅速に対応するため、通話内容を録音させていただいております。対応終了後、消去いたします。
  • 電話番号のおかけ間違いにご注意ください。

So-netの接続サービスをご利用中のお客さま

電話で相談・お申し込み

0120-080-790

受付時間 9:00 ~ 18:00 (携帯・PHSもOK!)

WEBでお申し込み

お電話での相談・申し込みに関して

  • お客さまのご要望に正確かつ迅速に対応するため、通話内容を録音させていただいております。対応終了後、消去いたします。
  • 電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
  • 1月1日、2日及び弊社指定のメンテナンス日を除く

WEBでの相談・申し込みに関して

  • ご入会をお急ぎの場合は、So-net入会相談ダイヤルにお電話ください。
  • ご連絡可能な電話番号は日本国内に限ります。海外からのご相談はこちらのメールフォームをご利用ください。

WiMAXについてもっと知る