サービス一覧 »  セキュリティ通信

セキュリティ通信

インターネットを安全・快適にお楽しみいただくため、「セキュリティ通信」では、セキュリティ関連の最新ニュースや対策情報などをお届けしています。

セキュリティの第一歩「Windows Update」を実行しよう

パソコンでインターネットを安全に使うための第一歩は、OSやソフトウェア、プラグインの「アップデート」です。アップデートを行なっていないパソコンは、非常に無防備で、ウイルスに感染しやすい状態になります。今回のトピックスは、Windowsユーザーが必ずやっておかなければならないWindows OSのアップデートについて説明します。常にシステムを最新状態に更新し、安全にパソコンを使いましょう。

■「アップデート」が必要な理由
★コラム:アップデートとアップグレード
■インストール、アップデートと管理者権限
■アップデートの前に~コントロールパネルの開き方と表示の切り替え方
    ・コントロールパネルの開き方
    ・コントロールパネルの表示を切り替える
■自動更新を利用しよう
■Windowsをアップデートする
    ・自動更新の設定を行う
    ・Windowsのサービスパックについて
★コラム:Windows XPのサポート終了について

■「アップデート」が必要な理由

OS(注1)やソフトウェア、プラグイン(注2)などに不具合が見つかると、開発元では不具合を修整するための更新プログラム(パッチ)を公開します。「アップデート」とは、公開されたパッチをインストールして、OS、ソフトウェア、プラグインなどを最新の状態に書き変える(更新する)ことです。

パソコンのセキュリティを危うくするような不具合を「脆弱性(ぜいじゃくせい)」と呼びますが、脆弱性の中には、悪用されるとウイルス感染の引き金になってしまうものもあります。脆弱性を修整するためには、アップデートを実行しなければなりません。アップデートをしないと、パソコンを危険な状態で使い続けていくことになるのです。

  • 注1)OS:オペレーションシステム。パソコンを動かすための基本ソフト。Windowsでは、新しい順にWindows 8、7、Vista、XPなどがある。
  • 注2)プラグイン:ソフトウェアに機能を追加するためのプログラム。



★コラム:アップデートとアップグレード

アップデート   : 不具合の修正や、ちょっとした機能追加を目的とする、小規模な更新。また、そのためのパッチをインストールすること。
アップグレード: 製品を根本から改良するための大規模な更新。また、現在持っている製品から、できあがった新しいバージョンの製品へ移行すること。
たとえば、Windows 7を利用している場合に、Windows UpdateやMicrosoft Updateを利用してWindows 7にパッチを適用するのがアップデートであり、Windows 8に乗り換えるのがアップグレードです。

■インストール、アップデートと管理者権限


ソフトウェアのインストールやアップデートなどの、システムの設定変更を伴う操作は、管理者権限を持つアカウントでログオンしていないと実行できないことがほとんどです。操作の前に管理者アカウントでログオンしましょう。管理者アカウント設定した覚えのない方は、Windowsを初めてセットアップしたときのアカウントを思い出してください。それが管理者権限を持つ管理者アカウントです。
パスワードがわからなくて(教えてもらえなくて)管理者権限を持つアカウントでログオンできない場合には、管理者にお願いしてインストールやアップデートを実行してもらってください。

<Windows XPの場合>
管理者権限を持たないアカウントでログオンしていた場合には、処理を続けることができません。一度ログオフし、管理者権限を持つアカウントでログオンし直してから作業を行いましょう。

<Windows Vista/7/8の場合>
管理者権限を持たないアカウントでログオンしている場合には、管理者権限が必要な際に「管理者アカウント」のパスワードを入力するよう求められます。
管理者権限を持つアカウントでログオンしていた場合には、管理者権限が必要な際にWindows 7/8では「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」、Vistaでは「続行するにはあなたの許可が必要です」というメッセージを表示し、確認を求めてきます。「はい(Y)」を選択して進んでください。

図1 ダイアログボックスを表示してユーザーに許可を求める(Windows 7/8)


■アップデートの前に~コントロールパネルの開き方と表示の切り替え方


コントロールパネルの開き方と、表示の切り替え方を覚えましょう。

【コントロールパネルの開き方】
<Windows XP/Vista/7では>
(1)[スタート]ボタンをクリックします。スタートボタンは、パソコンの画面の左下にあります。
図2 スタートボタン


(2)[コントロールパネル]をクリックします。図は、Windows7での表示例です。
図3 Windows7のコントロールパネル


<Windows 8では>
(1)スタート画面から[デスクトップ]を選択し、デスクトップ画面を表示します。
(2)画面の右上隅にマウスポインターを合わせ(タッチパネルの場合は画面の右端からスワイプ)、チャームの[設定]を選択します。
図4 デスクトップ画面を表示


(3)[コントロールパネル]を選択します。
図5 [コントロールパネル]を選択


【コントロールパネルの表示を切り替える】
<Windows XP/Vistaでは>
初期設定では、いくつかのカテゴリに分類したカテゴリ別の表示になっています。クラシック表示に切り替えたり、カテゴリ別表示に戻したりしてみましょう。
Windows XPは、[クラシック表示に切り替える]をクリックするとアイコン表示に、[カテゴリの表示に切り替える]をクリックするとカテゴリ表示に戻ります。
図6 Windows XPのクラシック表示とカテゴリ表示


Windows Vistaは、[クラシック表示]をクリックするとアイコン表示に、[コントロールパネルホーム]をクリックするとカテゴリ表示に戻ります。
図7 Windows Vistaのクラシック表示とカテゴリ表示


<Windows 7/8>
初期設定では、コントロールパネルはカテゴリ別の表示となっています。[表示方法]で[大きいアイコン]を選択して表示を切り替えたり、[カテゴリ]を選択して元に戻したりしてみましょう。
図8 Windows 7/8ではカテゴリ表示


■自動更新を利用しよう

「予期しないタイミングでプログラムが通信を始めてしまうのはいやだ」ということで、自動更新を無効にしている人がいるかもしれません。パソコン関連のWebサイトをこまめにチェックし、必要な情報をすばやくキャッチして、的確な対策をとれる人ならそれでもいいでしょう。しかしその自信がない人は、自動更新を有効にしておくようおすすめします。

■Windowsをアップデートする


Windowsのアップデートは、「Windows Update」で行いますが、Microsoft Officeなどの他のマイクロソフト製品の更新プログラムも入手できる「Microsoft Update」も利用できます。
「Microsoft Update」を利用する場合は、初回に下記のMicrosoft Updateサイトにアクセスし、画面の指示に従って必要なソフトウェアをインストールします。このサイトに「Windows Update はコントロール パネルの一部になりました」と表示されてる場合には、「Microsoft Update」はすでにインストール済です。

・Microsoft Update サイト(マイクロソフト)
http://update.microsoft.com/microsoftupdate

図9 未インストールの場合の画面表示


図10 インストール済の場合の画面表示


インストール後は、「Windows Update」が「Microsoft Update」に切り替わり、Windowsと他のマイクロソフト製品の両方の更新プログラムが入手できるようになります。
メニュー等の表示は、Windows Vista/7/8では「Windows Update」のままです。Windows XPでは、「Windows Update」と「Microsoft Update」の2つが表示されるようになりますが、どちらを選択しても同じです。
「Windows Update」の起動は、Windows XP/Vista/7の場合は、[スタート] ボタン→[すべてのプログラム]→[Windows Update] の順に選択します。Windows 8の場合は、画面の右上隅にマウスポインターを合わせ(タッチパネルの場合は画面の右端から内側にスワイプ)、チャームの[検索]→[設定]の順で選択し、「Windows Update」を検索するか、コントロールパネルから起動します。

「Windows Update」「Microsoft Update」の詳しい利用手順については、以下のページから、使用しているOSに対応したページを参照してください。

・Windows Update 利用の手順(マイクロソフト)
http://www.microsoft.com/japan/security/bulletins/j_musteps.mspx

図11 Windows Updateの画面


【自動更新の設定を行う】
パソコンを常に最新の状態に保つために、「Windows Update」の自動更新を有効にしておきましょう。初期設定では、自動的に毎日更新チェックを行い、インストールするようになっています。
Windows Vista/7/8は、「Windows Update」の[設定の変更]で。Windows XPは、「セキュリティセンター」の「自動更新」で設定状況の確認/変更が行えます。自動更新についての詳細は、以下のページを参照しください。

・パソコンを最新の状態に保つには何をすればいいの?(マイクロソフト)
http://support.microsoft.com/kb/879101/ja
※コントロールパネルの表示が図と違う場合は、カテゴリ別表示に切り替えましょう。

図12 自動更新の設定


【Windowsのサービスパックについて】
Windowsには、不具合の修正や新しい機能を追加するプログラムをまとめたサービスパック(SP)を、それぞれのOSに対して提供しています。サービスパックについては、以下を参照してください。

・WindowsやOfficeのサービス パックって何?(マイクロソフト)
http://support.microsoft.com/kb/953162/ja

マイクロソフトでは、SPの公開後一定期間が過ぎると、SPをまったく適用していない、または古いSPしか適用していないOSのサポートが打ち切られ、更新プログラムを入手できなくなってしまいます。以後、脆弱性が修正されない危険な状態でパソコンを使用することになるので、サポート対象となっている最新のサービスパックを適用されることを強くお奨めいたします。
現在使用しているWindowsのバージョンとサービスパックの確認方法については、以下の資料を参照してください。説明の中のWindowsキーとは、キーボードの左下にある、Windowsのマークのついたキーのことです。

・Windowsのバージョン確認方法(マイクロソフト)
http://www.microsoft.com/japan/security/bulletins/ver_win.mspx

たとえばWindows 7なら、このような表示が出ます。
図13 Windows 7の場合の表示(マイクロソフトの上記資料から引用)


サービスパックとサポートの終了についての情報は、こちらにまとめられています。
・Windowsサポート終了情報(マイクロソフト)
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/help/end-support-windows-xp-sp2-windows-vista-without-service-packs

<Windows XP>
・現在、SP3が最新です。
・SP2までのサポートは終了しました。
・SP3のサポートは、2014年4月8日に終了します。
・Windows XP SP3(サービスパック3)のダウンロード、インストール方法を知りたい(マイクロソフト)
http://support.microsoft.com/kb/912313/ja
・Windows XP Service Pack 3 (SP3)
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/products/windowsxp/sp3/default.aspx

<Windows Vista>
・現在、SP2が最新です。
・SP1までのサポートは終了しました。
・最新の Windows Vista Service Pack を入手する方法(マイクロソフト)
http://support.microsoft.com/kb/935791/ja
・Windows Vista Service Pack 2 (SP2)
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/products/windowsvista/sp2/default.aspx

<Windows 7のサービスパック>
・現在、SP1が最新です。
・SPを適用していない製品のサポートは、2013年4月8日に終了します。
・Windows 7 SP1 をダウンロードしてインストールする方法(マイクロソフト)
http://support.microsoft.com/kb/2512896/ja
・Microsoft Windows 7 Service Pack 1
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-7/sp1/default.aspx

<Windows 8のサービスパック>
・現在、SPは提供されていません。



★コラム:Windows XPのサポート終了について

Windows XPは、SP3のサポートが終わる2014年4月8日(米国時間)をもって、すべてのサポートが終了します。終了後は、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなるばかりでなく、ウイルス対策ソフトをはじめとする多くの製品も、Windows XPへの対応を打ち切ってしまい、製品をセキュリティ上のリスクが高い状態で使わなければならなくなってしまいます。
サポートが切れたOSを使うことの危険性については、以下の資料を参照してください。
・Windows XP および、Office 2003 のサポート終了についてのご案内
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/sp3eos.aspx
・サポートの終了したWindows OSを使う危険性について(サイバークリーンセンター)
https://www.ccc.go.jp/danger/index.html


(執筆:現代フォーラム/北野、鈴木)



お知らせ