Sony
Sony
メニュー
閉じる

So-net 光着信転送サービス

記載の金額はすべて税抜きです。別途消費税がかかります。 

「着信転送サービス」は、かかってきた電話を契約者があらかじめ指定した電話番号に転送するサービスです。

ご利用イメージ

So-net 光 電話 着信転送サービスご利用イメージ

※ 一度電話をとってからの転送やお話中の時にかかってきた電話を転送することはできません。

ご利用料金

付加サービス名月額料金工事費*1
着信転送サービス500円1,000円

*1 「So-net 光 電話」と同時工事の場合、減額されます。

ご利用方法

ご契約回線から、サービスの開始/停止・転送先の登録・リモートコントロールの設定を行います(通話料金はかかりません)。

サービス開始

  • 「142」をダイヤルし、音声ガイダンスに従って以下からどれか一つ操作を行ってください。
    ⇒呼び出さずに転送する場合:「1」+「1」本サービスを開始します。
    ⇒呼び出してから転送する場合:「1」+「2」本サービスを開始します。
    ⇒お話し中の時に転送する場合:「1」+「3」本サービスを開始します。
    ⇒呼び出してからもしくはお話し中の時に転送する場合:「1」+「4」本サービスを開始します。

サービス停止

  • 「142」をダイヤルし、音声ガイダンスに従って操作を行ってください。
    ⇒「0」本サービスを停止します。初回利用時はこの状態に設定されています。

転送先の設定

転送先の電話番号を設定します。
電話番号の設定は全て市外局番から行ってください。

  • 転送先登録(転送先が1箇所の場合)
    「142」をダイヤルし、音声ガイダンスに従って以下の操作を行ってください。
    ⇒「2」+「転送先の電話番号」+「♯」
  • 転送先リストの登録(転送先が複数ある場合)
    「142」をダイヤルし、音声ガイダンスに従って以下の操作を行ってください。
    ⇒「4」+「0」+(指定したいリスト番号「1」~「4」)+「転送先の電話番号」+「♯」
  • 転送先リストからの指定(転送先が複数ある場合)
    「142」をダイヤルし、音声ガイダンスに従って以下の操作を行ってください。
    ⇒「4」+「1」+(指定したいリスト番号「0」~「4」)
  • 転送先リストの登録内容確認
    「142」をダイヤルし、音声ガイダンスに従って以下の操作を行ってください。
    ⇒「8」+「0」
    転送先リストの登録内容を確認します。

リモートコントロールの開始/停止

「リモートコントロール」とは、外出先からも設定ができる機能です。
ご利用になるためには事前にご契約回線からの利用開始設定を行ってください。

  • リモートコントロールを利用する
    「142」をダイヤルし、音声ガイダンスに従って以下の操作を行ってください。
    ⇒「4」+「3」+「1」+(4桁の暗証番号「XXXX」)
    リモートコントロールの利用を開始し、同時にリモコン用の暗証番号を登録します。
  • リモートコントロールを利用しない
    「142」をダイヤルし、音声ガイダンスに従って以下の操作を行ってください。
    ⇒「4」+「3」+「0」
    リモートコントロールの利用を停止します。(※初回利用時にはこの状態に設定されています。)
  • リモートコントロールの設定内容確認
    「142」をダイヤルし、音声ガイダンスに従って以下の操作を行ってください。
    ⇒「8」+「2」
    リモートコントロールの設定を確認します。

リモートコントロールのご利用方法

各地のリモートコントロール用電話番号にダイヤルし、音声ガイダンスに従って以下の操作を行ってください。別途、通話料金がかかります。
 

リモートコントロール用電話番号
エリア電話番号
東日本
03-6304-4141
西日本06-6480-6142

 

  • リモートコントロールによるサービスの開始/停止
    リモートコントロール用の電話番号をダイヤルし、音声ガイダンスに従って以下の操作を行ってください。
    ⇒ご契約回線の電話番号+「♯」+(4桁の暗証番号「XXXX」)+「1」
    本サービスを開始します。

    ⇒ご契約回線の電話番号+「♯」+(4桁の暗証番号「XXXX」)+「0」
    本サービスを停止します。

    ⇒ご契約回線の電話番号+「♯」+(4桁の暗証番号「XXXX」)+「2」+(指定したい リスト番号「0」~「4」)
    転送先リストから選択を行い、本サービスを開始します。

注意事項

  • ナンバー・リクエストと併用した場合、ナンバー・リクエストによる着信拒否が優先されます。
  • 着信拒否サービスと併用した場合、転送される通話は迷惑電話として登録出来ません。また、番号登録されている相手からの着信時は転送を行いません。
  • 電話をかける方(発信者)が番号通知を行って(転送元へ)発信し、転送先が番号表示可能な電話機をご利用の場合、転送先で表示される電話番号は発信者の番号となります。
  • 本サービスでは以下の機能はサポートしていません。
    • 応答後転送
    • 転送トーキ
    • 転送元案内
    • 転送元番号常時通知
    • 転送元電話番号受信サービス
  • 本サービスのカスタマコントロールはスティミラスプロトコルには対応していません。全てDTMF(PB)信号にて行ないます。
    ※ NTT東日本・NTT西日本の“INS着信転送サービス”ではスティミラスプロトコルを使用しています。
  • 着信転送時の通話料金は「発信者 - 転送元」間では"発信者"に、「転送元 - 転送先」間では“転送元”である本サービスご契約者にそれぞれ課金されます。