Sony

IPv6アドレス対応について

お客さまはネットワーク環境よりこのページをご覧になっております。

IPv4アドレス在庫枯渇対応の基本方針

いまやインターネットは、人々の社会経済活動の基盤として欠かせないものとなっています。
その基本技術として使われているIPv4のアドレスは、インターネット上に接続されている機器を識別するためのものですが、インターネットの世界的な普及が加速したことにより、IPv4アドレスが足りなくなってきています。
この問題を解決するため「IPv6」という新しい規格へ移行の取り組みが始まっています。

IPv6アドレス対応は、インターネットの発展・維持に不可欠と考えており、インターネットプロバイダ事業者全体として取り組んでいます。
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(サービス名称:So-net) では、IPv4アドレスの後継規格であるIPv6アドレスへの対応を行っております。

接続サービスでの提供状況

『「フレッツ光」IPv6サービス』:2014年7月 IPv6トンネル対応アダプタのホームゲートウェイ一体化対応 提供開始

So-net 光 (auひかり)

NURO 光

So-net 光 (コミュファ光)

当該サービスの詳細につきましては、下記の各コースサポートページにてご確認ください。

既存のIPv4 対応インターネット接続サービスについて

すでに当社のIPv4 対応インターネット接続サービスをご利用のお客さまにつきましては、当社がIPv6 対応インターネット接続サービスを提供後も従来通りご利用いただけます。

また、既存のIPv4 対応インターネット接続サービスへの新規のご加入につきましても、これまでと同様に可能となっております。

各種サービスのIPv6対応について

当社で提供している各種サービス(ホームページ等)については、一部を除いてIPv6に対応しております。

【関連リンク】

社団法人日本インターネットプロバイダー協会 「ISP のIPv6 対応について」別ウィンドウで開きます
※記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

「AAAAフィルタ」について

フレッツ光サービスにてインターネット接続を行っている場合、IPv6化されたサイトにおいてウェブサイトの表示が遅い、正常に表示されないなどの問題が発生する可能性があります。

So-netでは、この現象を回避するため、DNSサーバにおきましてAAAAフィルタを導入しています。

AAAAフィルタとは、IPv4通信によるDNSへの問い合わせに対し、IPv6アドレスを応答しないようにする機能です。

ページの先頭