ソニーネットワークコミュニケーションズは、
2020年もピンクリボン活動をサポートします。

乳がんは自分で見つけることのできるがんの1つ。
小さいうちに見つけると、治る可能性の高い病気です。
ソニーネットワークコミュニケーションズは、乳がんで悲しむ人をひとりでも減らすため、
ピンクリボン活動をサポートしています。モモと一緒に、ピンクリボンの輪を広げていきましょう。

日本対がん協会との取り組み

モモ妹は、ピンクリボンフェスティバルのオフィシャルメッセンジャーです。

未来の私も、明日が好きです PINK RIBBON FESTIVAL 2020

未来の私も、明日が好きです PINK RIBBON FESTIVAL 2020

PINK RIBBON FESTIVAL 2020PINK RIBBON FESTIVAL 2020

誰もが⾃分らしく、ずっと笑顔で暮らせるように。
乳がんのこと、正しく知って、みんなで⽀え合いましょう。

乳がん検診の⼤切さを伝え、患者さんを⽀えていく。
ピンクリボンフェスティバルは、2003年より朝日新聞社等とともに各地で乳がんの早期発見・適切な治療の大切さを伝える活動を続け、今年で18年目を迎えます。乳がんで命を落とす方が一人でも減らせるよう、乳がん検診受診率の向上を目指し、さらに、患者さんとそのまわりの人たちを支える活動にも取り組んでまいります。

これまでの活動の様子

  • スマイルウオークの前に皆と準備体操
  • シンポジウムで参加者にご挨拶
  • ブースで募金の呼びかけを実施

ピンクリボンフェスティバル公式サイト

東京都福祉保健局との
取り組み

PostPetモモは東京福祉保健局の乳がん検診普及啓発事業の公式キャラクターです。

乳がん検診へいきましょう。東京都福祉保健局。PostPet「モモ」は東京都乳がん検診普及啓発事業における公式キャラクターです。(c)Sony Network Communications Inc.

乳がん検診へいきましょう。東京都福祉保健局。PostPet「モモ」は東京都乳がん検診普及啓発事業における公式キャラクターです。(c)Sony Network Communications Inc.

PinkRibboninTokyoPinkRibboninTokyo

40歳になったら2年に1回乳がん検診を受けましょう。

乳がんになる人は、30歳代から増え、50歳代までの働き盛りの世代に多くみられますが、乳がんは早期発見・早期治療により、90%以上の人が治るといわれています。東京都では、都民の皆さまに乳がん検診の大切さを伝えるため、10月の乳がん月間にあわせ、区市町村や民間団体等と協働してピンクリボン運動を実施しています。

これまでの活動の様子

  • 町田市のイベントで参加者と交流
  • 板橋区でのイベントの様子
  • 清瀬市のスタッフと記念写真

東京都福祉保健局

ピンクリボン限定無償ライセンスプラン

ソニーネットワークコミュニケーションズでは、日本国内の病院・企業等に限り、ピンクリボン運動に
関連する商品等に対しては、PostPet「モモ」の著作権使用料について原則無料としています。
使用にあたっては、弊社に申請のうえ利用許諾を受けていただく必要があります。
詳細は、専用フォームよりお問い合わせください

専用フォーム

トップに戻る