ONUの役割は?モデムやルーターとの違いも解説
So-net 光 プラス

光回線の導入するにあたり「ONU」という機器が必要です。
モデムやルーターなど似たような機器が存在するため、「ONUという言葉は聞いたことがあるけどいまいちどういうものかわからない」という人や、電話回線を利用してインターネットを契約していた、初めて光回線を契約するなどの理由で「ONUは聞いたことがない」という人もいるのではないでしょうか。
この記事では「ONU」がどのようなものなのか、光回線を利用する際になぜ必要なのか、モデムやルーターなどをわかりやすく解説します。

ONUとは

「ONU」の正式名称は「Optical NetWork Unit」で、日本語では「光回線終端装置」と呼ばれています。

「ONU」は光ファイバーから送られる光信号をデジタル信号に変換する役割をもつ機器です。

自宅で光回線を利用するには、電柱から光ファイバーのケーブルを自宅に引き込み、「ONU」と接続して利用します。

外から自宅まで引き込んだケーブルに送られるのは光信号と呼ばれるものです。光信号のままではパソコンなどが認識できないため、光信号をパソコンが受信できるデジタル信号に変換する必要があります。その役割を担っているのが「ONU」です。

「ONU」は、Webページの表示や動画の視聴など、インターネット上からパソコンなどのデバイスにデータを受信する際に光信号からデジタル信号への変換をおこないます。また、反対にパソコンが送信するデジタル信号を光信号に変換する役割もあります。メールの送信やデータのアップロードなど、パソコンなどのデバイスからインターネット上にデータを送信する際のデジタル信号から光信号への変換も「ONU」がおこなっています。

また、「ONU」にはパソコンが送信するデジタル信号を光信号に変換する役割もあります。「ONU」が信号の相互変換をおこなうことで、インターネットを利用できる仕組みです。

モデムやルーターとはどう違う?

光信号とデジタル信号の相互変換の役割をもつ「ONU」と、モデムやルーターとの違いを解説していきます。

モデムとの違い

モデムは「ONU」と同じ信号変換装置です。ただし、「ONU」とは変換する信号が異なります。

モデムは、電話回線などのアナログ信号をデジタル信号に変換する役割があり、使用する回線の種類に合わせた信号変換装置が必要になります。

使用する回線の種類 必要な信号変換装置
光回線 ONU
ADSL / CATV回線 モデム

光回線の場合は光信号とデジタル信号を相互変換する「ONU」が必要で、ADSLやCATVの場合はアナログ信号とデジタル信号を相互変換するモデムが必要です。

ただし、光回線でも集合住宅では「VDSL方式」という配線方式が採用されている場合があります。

VDSL方式は、建物内の共用スペースに「ONU」が設置されており、そこから各部屋へ電話回線を使用して繋ぐ配線方式です。

各部屋に繋がれた電話回線を通る信号を相互変換するため、VDSL専用のモデムが必要になります。

ルーターとの違い

ルーターは複数の端末をインターネットに接続するための機器です。

「ONU」やモデムのみでもインターネットに接続可能ですが、1台の端末しか接続できません。ルーターがあればパソコンやタブレット、スマートフォンやゲーム機器などの端末を一度に複数接続できるようになります。

ルーターの接続手順は次の通りです。

  1. 自宅の光コンセントに「ONU」を接続する
  2. LANケーブルで「ONU」とルーターを接続する
  3. ルーターと使用したい端末を接続する

最近では有線接続のための接続口や、無線LANを利用してWi-Fi接続する機能を備えたルーターが主流となっています。

また、「ONU」にルーター機能が内蔵された一体型のものもあります。一体型の「ONU」を利用する場合、ルーターを別で用意する必要はありません。ただし、より快適な速度を求める場合は、Wi-Fi6対応のルーターやメッシュWi-Fiルーターの別途購入がおすすめです。

最新通信規格のWi-Fi6は、1世代前のWi-Fi5と比べて理論上の最大通信速度は約1.4倍と高速です。また、Wi-Fi6には「OFDMA(直交周波数分割多元接続)」という通信技術が搭載されているので、Wi-Fi6対応のルーターを使用すれば同時に複数のデバイスを接続しても通信速度が落ちにくく、快適にインターネットが利用できます。

メッシュWi-Fiを使用する場合、家の中に複数台のルーターを設置してアクセスポイントを増やし、家中どこにいても快適なWi-Fi環境を構築できます。Wi-Fiの中継機に比べて、通信速度が落ちにくく安定したインターネット通信ができます。

ONUはどこで入手できる?

「ONU」は基本的に契約したプロバイダから無料でレンタルできるため、購入不要です。

ただし、プロバイダからレンタルした「ONU」に無線ルーター機能が搭載されていない場合、無線でWi-Fi接続するには別途ルーターを用意する必要があります。

ルーターは、家電量販店や通販サイトで購入可能です。また、プロバイダによっては有料でレンタルできる場合もあります。

So-net 光 プラスならONUが無料でレンタルできます。また、ONUとルーターの同時申し込みで、永年無料でWi-Fiルーター使える特典を実施しています。

「ONU」は基本的に契約したプロバイダから無料でレンタルできるため、購入不要です。

So-net 光 プラスなら同時申し込みで無料で高速ルーターが利用できる!

So-net 光 プラスでは、同時申し込みで次世代通信v6プラスに対応した高速ルーターがレンタル可能です。通常月額440円のところ、特典により永年無料でレンタルます。そのため自分でルーターを購入する手間やコストがかかりません。

So-net 光 プラスなら接続もカンタン!

So-net 光 プラスの提供ルーターは自動設定機能を搭載しているため、簡単に接続できます。

So-net 光 プラスでレンタルできるのは、v6プラスに対応したルーターです。v6プラスとは「IPv4 over IPv6」インターネット接続サービスの総称です。従来のIPv4通信もIPv6回線内でおこなう「IPv4 over IPv6」技術で、快適にインターネットを使えます。

無線LAN規格の11acに対応しているため、最大867Mbpsの高速通信が可能です。Wi-Fi設定やインターネットの接続設定は、スマホの専用アプリから簡単に設定できます。

So-net 光 プラスのお申し込み

新しいウインドウで開く現在So-netをご利用中のお客さまで、各種お手続き方法などお困りの方はこちら

So-netのサービスに初めて申し込む

24時間申し込みOK

電話で相談&お申し込み

受付時間 9:00 ~ 21:00
(年中無休)

ご希望の曜日・時間帯にお電話いたします。

新しいウインドウで開く電話案内予約フォーム

So-netのサービスをご利用中の場合

24時間申し込みOK

電話でコース変更

受付時間 9:00 ~ 18:00
(年中無休)

その他

So-net 光 プラスをご利用中のお客さまのお手続き・おすすめ情報はこちら