Sony
Sony
肘が痛いのはスマホ肘?

トレーニング 2018.03.22 肘が痛いのはスマホ肘?簡単にできる腕と手のストレッチ3つ

最近、テレビや雑誌でスマートフォンの使い過ぎによる肘の痛み、通称「スマホ肘」に注意を促しています。肘をぶつけたりねじったりしたわけでもないのに「肘が痛むなあ……」と感じている方は、もしかしたらスマホの使い過ぎかもしれません。 痛みを放っておくと、しびれを感じるようになることもあります。そうならないためにも、普段から肘に負担をかけないようにすることが必要です。 今回は、スマホ肘といわれる、肘の痛みの原因と解消法をご紹介します。

肘の痛みの原因

肘の痛みの原因

肘を動かしてスマホを使っているわけではないのに、どうして肘が痛くなるのでしょうか?
長時間のスマホ操作によって起こる肘の痛みは、肘の関節に問題があるわけではありません。肘に付着している、前腕部の筋肉の緊張が原因で、肘に痛みを引き起こしているのです。
特に肘の外側 (手のひらを正面にして腕を垂らしたとき、外側にくる部分)に痛みを感じる人が多いようです。この痛みは正式名称を「上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)」といいます。同じ症状として、テニスを行う方に多い、通称テニス肘が挙げられます。

最近のスマホは昔の細長かった携帯電話に比べ横幅が大きく、落とさないように持つためには手首を曲げて固定しなければいけません。その状態で文字を打つために親指を細かく動かしています。この動作を長時間続けることにより小さなストレスが蓄積し、前腕部分の筋肉の緊張を高める大きな原因となっているのです
筋肉が緊張して縮んでしまうことで、筋肉が骨に付着している部分に大きなストレスがかかり、炎症を引き起こします。

このような痛みが起きないようにするためには、前腕の筋肉の緊張を和らげ、柔軟性を高めておくことが必要になります。

簡単にできるおすすめストレッチ

ご紹介する前腕部分のストレッチは、時間がかからず、簡単なものばかりです。肘のあたりに違和感を覚えたり、スマホを長時間使ったりするときは、こまめに行うと良いでしょう。
ただし、腕や指に痛みを感じる場合は無理にストレッチを行わず、病院で診察を受けることをおすすめします。

前腕のストレッチ1

前腕のストレッチ1
  1. 片方の腕を前に伸ばします。肘はしっかり伸ばしておきましょう。
  2. 手の甲を上にして、上げた手のひらが自分の方を向くように曲げ、反対の手で指をつかみ、手首を曲げていくように力を入れます。
  3. 前腕~肘のあたりが突っ張っているのを感じながら、20秒間キープします。
  4. 反対側も同様に行います。

このストレッチに慣れてきたら、反対の手で指を1本ずつそれぞれつかみながら同じ動作を行ってみてください。よりストレッチ感を感じるはずです。特に突っ張る感じが強い指があれば、重点的に行うのも良いでしょう。その際、力を入れすぎないようにしてください。

前腕のストレッチ2

  1. 片方の腕を前に伸ばします。肘はしっかり伸ばしておきましょう。
  2. 手の甲を上にして、上げた手のひらが自分の方を向くように曲げ、反対の手で指をつかみ手首を曲げていくように力を入れます。
  3. 手首を手前に引くように力を入れたまま、伸ばしている腕の肘を外側へ軽くねじります。このとき、つかんでいる手首の角度が変わらないように、常に指先が下に向いているように固定しましょう。
  4. その状態でストレッチ感を感じながら20秒間キープします。
  5. 反対側も同様に行います。

前腕~上腕のストレッチ

  1. 肩の下に手をつき、四つんばいの姿勢になります。このとき、しっかり肘を伸ばしておきましょう。
  2. 両方の腕をしっかり床につけて固定したまま、両肘をぐるっと外側へねじるように力を入れます。このとき、床につけた手のひらは動かさないようにします。
  3. いけるところまでねじり、前腕~上腕にかけて突っ張っているのを感じたらその姿勢で20秒間キープします。

おわりに

肘の痛みの多くは前腕部分の筋肉の緊張によって肘関節にストレスがかかり、骨の付着部が痛んでいることがほとんどです。今回のストレッチを行い筋肉の緊張がほぐれることで、痛みが出にくくなるでしょう。もし、なかなか痛みが改善しない場合、首の筋緊張による神経痛など、別の症状の可能性も考えられますので、その場合は病院で診察を受けるようにしましょう。

TEXT:トレチエ編集部
PHOTO:Adobe Stock

 

身体改善のプロがあなたをサポート!
自宅ストレッチやヨガ等で、身体の不調を整えませんか?
 

ソネトレ

トレチエでは健康的な身体や美しさを手に入れるための情報をお届けしています。
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ