Sony
Sony
動物のマネで普段使わない筋肉を使おう

トレーニング 2017.10.16 アニマルフローワークアウトとは?動物のマネで普段使わない筋肉を使おう!

数あるエクササイズの中で、今注目を浴びているのが“アニマルフローワークアウト”。日本ではまだそれほど知られていませんが、海外では人気が出てきているエクササイズ方法です。アニマルフローワークアウトとはどのようなエクササイズなのでしょうか。 これから日本でも流行る可能性の高いアニマルフローワークアウトを先取りし、その効果を解説します。

アニマルフローワークアウトとは

アニマルフローワークアウトとは

アニマルフローワークアウトとは、動物の動きをまねすることで体全体を鍛えるエクササイズです。体をねじったり、背中を丸めたり反ったり、四つんばいで歩いたり、ジャンプしたりとさまざまな動きが含まれており、普段使わない筋肉を多く使います。
自分の体重を負荷とする自重トレーニングのため、筋トレのように筋肉を大きくする効果は高くありませんが、筋トレとは違った刺激が体に入るため定期的に筋トレをしている人でも、筋トレのための補助的なトレーニングになります。

道具が必要なくどこでも簡単に行えることで、人気が高いエクササイズ方法です。

アニマルフローワークアウトの効果

アニマルフローワークアウトには、どのような効果があるのでしょうか。

コーディネーション能力の向上

アニマルフローワークアウトのようなトレーニングは、コーディネーショントレーニングと呼ばれ、柔軟性や巧緻性(こうちせい)、バランス感覚などを鍛える目的で行われます。
筋トレでは行わないような動作が多く、筋肉を大きくするというよりも体をうまく使えるようにすることが目的です。
全身の筋肉を連動させて体を動かすアニマルフローワークアウトは、関節の可動域を広げ、しなやかなカラダづくりに役立つエクササイズといえるでしょう。

体幹部や関節周りの筋肉を刺激する

自分の体重のみを負荷として、さまざまな動きを行うアニマルフローワークアウトは、全身の筋肉を大きく動かすポーズや動作が多く、特に体幹部や体重を支えるための関節周りの筋肉に大きな刺激が入りやすいエクササイズです。
全身を同時に鍛えることができるため、「前後」・「左右」・「上半身下半身」の筋肉のバランスを整えたり、体幹部や関節周りの筋肉を鍛えることで姿勢を改善したりするなどの効果があります。

ダイエット効果

見た目以上にハードで消費カロリーが大きいため、ダイエットにも効果が高いエクササイズです。連続して動くことで有酸素運動としての効果もあり、筋肉を引き締めると同時に体脂肪を燃焼させることができます。
ダイエットの効果を高めるのであれば、強度の高い動作ではなくとも簡単な動作を何種類も続けて行うことを心掛けると良いでしょう。

アニマルフローワークアウトの注意点

アニマルフローワークアウトを行う際の注意点をご紹介します。

手首の痛みに注意

手首の痛みに注意

アニマルフローワークアウトでは、体を支えるために手を地面について体重をかける動作が数多くあります。そのため手首への負担がかかりやすく、痛みが出てしまう場合もあるかもしれません。
手首に痛みが出るようであれば負荷が高すぎるということです。負担が少ない動作や手首を使わなくてもできる動作に変更するようにしましょう。

大きな動きで

アニマルフローワークアウトの効果を最大限に引き出すためには、関節を大きく動かす必要があります。きついからといって動きを小さくしてしまっては、効果が低くなってしまうため、できるだけ大きな動作を心掛けてください。

おわりに

初めてアニマルフローワークアウトに取組むときは、トレーナーに指導してもらう方がやりやすいでしょう。しなやかな動きを行うために必要な筋肉の動かし方を教えてもらうことができます。また、アニマルフローワークアウトは一見簡単そうに見えますが、実際にやってみるとなかなかハードなエクササイズであり、全身を鍛える効果も高いことがわかるでしょう。楽しみながらトライしてみてください。

TEXT:トレチエ編集部
PHOTO:Adobe Stock

 

日常的な運動で、痩せやすく引き締まった身体になりたい!

痩せやすく美しい身体をつくるには、
無理なダイエットより継続的なトレーニングが必要です
たった10分からの効果的なトレーニングが自宅でできる!
プロトレーナーがアドバイスしてくれる!

ソネトレ

トレチエでは健康的な身体や美しさを手に入れるための情報をお届けしています。
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ