Sony
Sony
クーラー病予防

健康 2018.08.20 夏のめまいや頭痛…クーラー病かも?予防に効果的なトレーニング3選

皆様こんにちは、トレーナーの島大樹です。日本の夏と言えば、じめじめとした暑さが特徴ですが、今年の暑さは異常ですね。これほどまでに暑い夏を迎えていると、一日中クーラーをつけたままにしている、というご家庭やオフィスも多いのではないでしょうか。

クーラー病

暑い夏には欠かせない存在となっているクーラーですが、その快適さとは裏腹に「クーラー病」によって健康面でお悩みを抱えている人が多いのも事実です。

クーラー病は、クーラーがしっかり効いた室内と、体感温度が40度を超えるような灼熱の屋外を行き来することで、体温調節を司っている自律神経が環境の変化に適応できず、自律神経機能の乱れによって様々な症状を引き起こします。主な症状としては、カラダが冷えることによる血行不良、筋肉の冷えによる肩凝りや腰痛、カラダのむくみ、全身の倦怠感、消化機能の低下による下痢や便秘、イライラ、不眠など、あげればきりがないほどたくさんあります。

そんなクーラー病を予防していくためには、自律神経の働きを整えてあげることが大切で、そのポイントになるのが「スキマ時間を活用してこまめにカラダを動かす」ことです。カラダを動かすことで、冷えて固まった筋肉がほぐれて血流が良くなり、カラダの中から温かくなります。こまめにカラダを動かすことで、カラダが冷えすぎるのを予防することができ、灼熱の屋外に出た時に自律神経にかかる負担を軽減することができます。

デスクワーク中心のワークスタイルの人は、特にクーラー病にかかりやすい環境にいますから、暑い夏を元気に過ごしていくためにも、クーラー病対策をしっかり行っていきたいですね。今回は、お仕事の合間にも手軽に行えて、全身の代謝アップに効果的なエクササイズをご紹介いたします。休憩時間やスキマ時間を活用して、職場の同僚と一緒にエクササイズを行ってみて下さい。適度にカラダを動かすことは、クーラー病対策だけでなく、心身のリフレッシュにつながりお仕事もはかどると思いますよ!

タッチトゥトゥズ

タッチトゥトゥズは、ウォーミングアップ感覚でできる、しなやかな体づくりのためのエクササイズです。腰とハムストリングスをバランスよく刺激できるので代謝アップにつながるコアマッスルを鍛えられます。

タッチトゥトゥズ
  1. 足を大きめに開き、両手を肩の高さに伸ばします。
  2. 息を吐きながら、右手で左足のつま先をタッチします。
  3. 息を吸いながらゆっくりと体を起こします。
  4. 左右交互に動作を10~20回程度繰り返しましょう。

チェアスクワット

チェアスクワットは、椅子を活用することで、正しいフォームでのスクワット運動を実践できる自重トレーニングの基本エクササイズです。大腿四頭筋や大殿筋、体幹部の筋肉にしっかりとアプローチすることができ、立つ・座る・歩くなど、日常動作に大きく関わっている筋肉を総合的に鍛えることができるため、全身の代謝アップに効果的です。

チェアスクワット
  1. 足を腰幅に開き、背すじを伸ばした状態で胸の前に腕を伸ばします。
  2. 腕を床と平行に保ったまま、自分の後ろにある椅子に腰かけるイメージでお尻を突き出し、お尻が座面につくスレスレの位置までしっかりと膝を曲げ、元の姿勢に戻します。動作中は腰が曲がらないように、背すじを伸ばしたまま行うようにしましょう。
  3. 連続で10回行い、体力に合わせて1~3セットを目安に行いましょう。

ハイニー(もも上げ)

ハイニーは、室内でできる有酸素運動のスタンダード種目です。脚を高く挙げることで、普段あまり使えていない大腰筋までしっかりと刺激でき、運動不足の解消はもちろんのこと、脂肪燃焼を促す運動効果が得られます。左右交互に連続で100~200回程度行えば、カラダが芯から温まるのを実感していただけるはずです。

ハイニー
  1. ももの高さは床と平行か、それよりも少し高めくらいで動作します。
  2. ももの高さやペースも少しキツいかなと感じる程度で行いましょう。
  3. 呼吸はしっかりと深く行いましょう。声に出して回数をカウントすると、自然で正しい呼吸になります。
  4. 動作中はしっかりと胸を張り、状態が後ろに反らないようにしましょう。

おわりに

今回ご紹介したエクササイズを行ってみた感想はいかがでしょうか。おそらく、血流が促進され、カラダが芯から温まることを実感していただけると思います。このように、こまめにカラダを動かし、カラダが冷えすぎないように手を打っておくことが、クーラー病の予防に効果的です。暑いからといって、冷たいものばかり食べたり飲んだりするのも要注意です。暖かい食べ物や飲み物も意識的に摂るようにして、クーラーによってカラダが冷えすぎないように、カラダを中と外から温めるように意識しましょう。



TEXT:島 大樹
PHOTO:島 大樹・PIXTA

島 大樹(トレーナー)

ボディクエスト認定トレーナー
SHIMA.コンディショニングルーム代表
全国鍼灸マッサージ師協会中国地区総代
NSCA認定パーソナルトレーナー
スロージョギング R アドバンスインストラクター

広島県福山市出身。小中高までサッカー選手として12年現役生活を続ける。
2003年に独立しコンディショニングルームを開業。
2008年より所属する事業協同組合全国鍼灸マッサージ師協会中国地区総代に就任。
2009年にはトレーニング専門職のNACA認定パーソナルトレーナーの資格を取得。
セルフコンディショニングに関するセミナーや、運動初心者や高齢者でも安全に行えるスロージョギング R 講習会を行うなど幅広く活動中。

 

島トレーナーのトレーニング指導を受けてみたいと思った方はこちら!
あなたの健康的な身体づくりをトレーナーがサポートします

ボディクエスト

トレチエでは健康的な身体や美しさを手に入れるための情報をお届けしています。
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ