Sony
Sony
アルコールと筋肉の関係

健康 2017.12.11 運動後はお酒を飲まない方がいい!? アルコールと筋肉の関係

運動した後にお酒を飲む方もいらっしゃるでしょう。運動をしてたくさん汗をかいた後に飲む冷たいビールはおいしいかもしれませんが、筋肉をしっかりつけたいなら、運動後にお酒を飲む行動はNGです。アルコール摂取は運動効果を低下させるといわれているからです。 今回は、お酒が体づくりにどのような影響を与えるのか、筋肉とアルコールの関係について考えてみます。

アルコールが筋トレの効果を低下させる原因に

筋トレの効果が低下

アルコールは筋肉に悪影響を与えるといわれており、それにはホルモン分泌が関係しています。「テストステロン」は筋トレの刺激によって分泌され、たんぱく質の合成を促し筋肉を大きくする働きを持っています。しかし、アルコールを摂取することにより、テストステロンの分泌量が低下する、という説があるのです。
実際の研究でも、運動後のアルコール摂取により、たんぱく質の合成が低下するという結果が出ています。

アルコールを飲むと楽しい気分になりますが、体にとってアルコールは異物です。アルコールを摂取すると、ストレス反応によって副腎からコルチゾールというホルモンが分泌され、脈拍数の増加や血圧の上昇など、ストレスに対抗するための働きを促します。そのため、コルチゾールは別名ストレスホルモンとも呼ばれているのです。
このコルチゾールは、脳のエネルギー源である糖を生み出すために、筋肉を分解するため、結果的に筋肉量の低下につながります。

以上のことから、運動後のアルコール摂取はホルモン分泌や筋肉づくりに悪い影響を与える、といわれているのです。

アルコールは体脂肪の蓄積も!?

体脂肪の蓄積

アルコールは 「エンプティカロリー」といわれます。摂取してもすぐにエネルギーとなるため脂肪の蓄積には影響しない、と紹介されることも少なくありません。これがもし本当であれば、お酒を飲んでも太らないということになりますが、実際はどうなのでしょうか。

お酒を飲んだ後、アルコールはすぐにエネルギーとして使えるよう、分解されます。しかし、アルコールのエネルギーを消費しているときは、食事から摂取したエネルギーは使用されません。そのため、結果的にはエネルギー過多となり、余った分のエネルギーが体脂肪として蓄積されます。

アルコールは賢く飲もう!

筋肉をつけたいけれど、リラックスするためにアルコールも必要だ!という方も多いと思います。どうしても禁酒できない方、またはお付き合いでお酒を飲まなければいけない場合には、どのように対処すれば良いのでしょうか。

一説では、少量程度の飲酒であればその影響はほとんどないとされています。アルコール度数が低めのものや、糖分の少ない焼酎などの蒸留酒を中心に選ぶようにしましょう。
とはいえ、毎日の飲酒や大量の飲酒は長期的に見ると筋肉の成長を抑制してしまいます。やはり、体づくりをしっかり行いたい方は、極力アルコール摂取を控えるようにしてください。

また、トレーニング直後は筋肉の合成が高まり、筋肉づくりのための重要な時間帯です。そのタイミングでのアルコール摂取は避け、プロテインやたんぱく質をしっかり摂取しましょう!

おわりに

今回は、筋肉とアルコールの関係についてご説明しました。諸説ありますが、運動とくに筋トレ後のアルコール摂取はなるべく避けたいものです。
アルコールは、筋肉づくりを停滞させる恐れがあるだけではなく、飲酒によって起こる二日酔いや体の不調、やる気の低下が日々のトレーニングを休むきっかけになります。
筋トレで体づくりを目指している方は、なるべくお酒を飲まないようにした方が良いかもしれません。どうしてもお酒を飲まなければいけない場合は、アルコール度数の低いものを選び、飲みすぎないように気をつけてください。上手にお酒と付き合いながら、筋トレを続けましょう。

TEXT:トレチエ編集部
PHOTO:Adobe Stock

 

飲み過ぎたり、食べ過ぎたりして後悔しているあなたにオススメ!
身体改善のプロトレーナーが、あなたにだけのトレーニングメニューをご提案します

ボディクエスト

トレチエでは健康的な身体や美しさを手に入れるための情報をお届けしています。
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ