Sony
Sony
短時間でできるドローインダイエット

ダイエット 2017.08.17 ウエストすっきり!短時間でできるドローインダイエットとその効果

皆さんは「ドローイン」というダイエット方法をご存じですか?ドローインは、TVなどでプロアスリートたちがトレーニングに取り入れていることを紹介して話題になりました。 今回は、まだドローインを知らない人や、ドローインの効果が気になっている人に向けて、ドローインがどんなものなのかをご紹介します。

ドローインとは?

ドローインとは、お腹をへこませる動作のこと。お腹をへこませるという簡単な動作で筋肉を刺激できるうえ、日常生活ではあまり使われない筋肉を鍛えることができるエクササイズです。

ドローインを行うことで鍛えられる筋肉は、お腹の深部にある、腹横筋(ふくおうきん)と呼ばれる筋肉。
この腹横筋は腹筋の中で最も内側についている筋肉です。コルセットのようにお腹をグッと締めることで腹圧を高め、姿勢を安定させ、内臓の位置を安定させる働きを持っています。
腹横筋を鍛えることで、ウエスト周りを引き締めるだけでなく、日常生活での腰への負担を軽くするなどのさまざまな効果が期待できます。

ドローインのメリット

ドローインとは

ドローインのメリットは、どこでも行うことができるという点です。
ただお腹をへこませるように力を入れるだけなので、自宅に限らず、勉強中や仕事中、電車での移動中など、さまざまな場面で誰にも気づかれずにトレーニングすることができるのです。
また、筋力が低かったり腰痛がひどかったりと、上体を起こす腹筋運動が難しい人でも行うことができます。年齢・性別・体力問わず、誰もができるということもドローインのメリットといえるでしょう。

ドローインのメリットは他にもあります。それは、どんな姿勢でも腹筋を刺激できるということ。
お腹の脂肪を減らすためには、常に腹筋を使ってお腹周りを動かす必要があります。
しかし、腹筋は日常生活において、他の筋肉に比べそれほど多く使われていません。
腹筋は体を曲げる動作で力を発揮するのですが、立ったり座ったりといった通常の姿勢では、腹筋に効果的な刺激を与えることが難しいものです。その理由は、重力の関係で、腹筋をそんなに使わなくても曲げることができてしまうから。腹筋運動の多くは、腹筋の力を使うために、重力に対抗するようにあおむけになった状態で行われるのです。

しかし、ドローインなら立っていても座っていても行うことができるので、どんなときでも腹筋を刺激することができますよ。

ドローインをやってみよう!

ドローインをやってみよう

では、実際にドローインを行ってみましょう。
最初に、お腹を一番意識しやすいよう、寝た姿勢で行う方法をご紹介します。

  1. 膝を90度に曲げて足の裏を床につけ、あおむけに寝ます。頭と背中、お尻、足の裏がしっかりと床についた状態にしましょう。
  2. 大きく息を吸い、意識してお腹を膨らませるようにします。
  3. お腹が膨らんだら、今度は口から息をゆっくりと吐きながら、呼吸を止めずに限界までお腹をへこませましょう。

1~3の動作を、10回×3セット行います。

次に、立った姿勢でドローインを行う方法もご紹介しましょう。

  1. 胸を張って首と背筋をまっすぐ伸ばし、直立の姿勢をとります。壁に頭と背中をつけて、直立の姿勢ができているかどうか確認するとよいでしょう。
  2. 鼻から息を大きく吸い込み、お腹を大きく膨らませるようにします。
  3. 口からゆっくりと息を吐きながらお腹をへこませていきます。下腹部だけでなく、お腹全体を意識して動かしましょう。同時にお尻の穴もグッと締めます。
  4. お腹をへこませたまま、呼吸を繰り返します。

椅子に座ってドローインを行う場合も、立った姿勢で行うときと同じです。座位で行う場合は、首と背筋がまっすぐになる姿勢で座ることがポイントになります。椅子は体がしずみこまない硬めのものを選びましょう。

簡単ですが、始めるとお腹周りがポカポカと暖かくなるのを感じるのではないでしょうか。また、しっかりと意識して行うとキツいと感じることもあるかもしれません。しかし、それくらいしっかりと腹筋を意識すると、より効果的です。

ドローインの動作に慣れたら、仕事中や移動中など、さまざまな場面でドローインを意識してみましょう

おわりに

ドローインはお腹を刺激するトレーニングのため、ウエスト周りが気になる方にもおすすめです。しかし、ドローインだけで体重を大きく減らすのは難しいかもしれません。ダイエット効果を高めたい場合は、ウォーキングなどの有酸素運動中にドローインをしたり、日常生活の中でもこまめにドローインを取り入れたりするよう意識してみてください。ドローインを日常的に活用し、ダイエットの効果を高めましょう!



TEXT:トレチエ編集部
PHOTO:Adobe Stock

 

 トレーニングを頑張っている姿を
人に見られたくない方におすすめ!
自宅で本格トレーニング始めませんか?

ボディクエスト

トレチエでは健康的な身体や美しさを手に入れるための情報をお届けしています。
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ