Sony
Sony
ダイエットを楽しく続けるコツ

ダイエット 2017.05.22 ダイエットが続かない理由は脳にある?ダイエットを楽しく続けるコツ

ダイエットを始めたものの、あっという間に挫折してしまったという人も多いでしょう。何度もダイエットを決意して始めたのに最後まで続かないのは、ダイエット方法に原因があるのでしょうか。案外、それは 「脳」に問題があるのかもしれません。

ダイエットを妨げる「脳疲労」とは

脳疲労とは、大きなストレスを受け続けることで脳が疲れている状態を指します。脳では、外から受けたストレスを、合理的な思考をつかさどる新皮質で処理します。しかし同時に、本能をつかさどる旧皮質と呼ばれる部分でも処理が行われ、ストレスが過剰になればなるほど脳内では葛藤が生まれます。
この脳疲労が起こると、味覚や嗅覚などの五感に異常をきたすことがあり、暴飲暴食を引き起こしてしまう恐れがあるのです
またダイエット時には、「◯◯を食べてはいけない」と、抑制のストレスを伴いがちです。このようなストレスは脳疲労を引き起こし、ダイエットを頑張るつもりが逆にダイエットを阻害してしまいかねないのです。そのためダイエットを行なう際には、運動や食事の制限を楽しみながら行う工夫が必要となります。

脳疲労を防ぐコツ

誰かと一緒に

ダイエットのパートナーを見付ける

ダイエットは1人で我慢してつらい運動や食事制限を行うものだ、というイメージを持っていませんか?最初からマイナスイメージを持っていると、ダイエットへのモチベーションも上がらないもの。そして脳科学の研究でも、脳は嫌なことを避けようとする習性があることが分かっています。

1人でダイエットに取り組むのはつらいという場合、誰かと一緒に始めてみるのはいかがでしょうか。運動の予定も一緒に決め、お互いの食事も報告しあいながら行うのです。
1人では始めるのが面倒に感じる運動も、誰かと約束していれば、決まった時間に運動することができるでしょう。

ダイエットに限らず、仲間同士で励ましあいながら何かに取り組むことは大きなメリットがあるとされます。仲間からの褒め言葉が報酬となり、やる気を生み出す「ドーパミン」が放出されますし、ポジティブな会話を交わすことでモチベーションの維持にもつながります。

一緒にダイエットしてくれる人がいない場合には、周囲にダイエットすることを宣言しておきましょう。周囲の協力を得ることができる他、ほどよいプレッシャーを自分自身に与えることができるため、ダイエットを継続しやすくなります。

変化を利用して気分を高める

道具を新調して気分を高める

長期間ダイエットに取り組んでいると、停滞期で体重が落ちなくなり、モチベーションが低下してしまうことがあります。モチベーションが低下してしまったときは、ちょっとした工夫で気分転換をはかってみましょう。脳に新しい刺激を与えることも大切です。

道具を新調してみよう

新しいトレーニングウエアやトレーニングシューズを使うことは、ダイエットへのモチベーションを高める良いきっかけになります。ファッション性の高いトレーニングウエアに変えることで気分が高まるだけでなく、サイズダウンをしていることでダイエットの成功を実感できることもあるでしょう。

新しいダイエット食品を試してみよう

1日1回はダイエット食品を食べている人もいるかと思いますが、いつも同じメーカー、同じ味のダイエット食品ばかりでは飽きてしまうでしょう。脳が「ダイエットは楽しい!」と感じるために、新しいダイエット食品を試してみるのも良い方法です。
ただし、ダイエット食品ばかり摂取していると、栄養不足や栄養バランスの悪さにつながる危険性もあります。しっかり運動をしてバランスの良い食事も摂るように心がけましょう。

ご褒美も必要!

ダイエットを継続するモチベーションとして、「ご褒美」を用意することはとても大切です。ダイエットに関する目標が達成できたら、自分自身にご褒美をあげましょう。小さなご褒美を積み重ねることで、脳は「ダイエット=楽しいことがある」と感じるようになり、モチベーションを保ちやすくなります

例えば、1週間運動を続けるという目標を達成したら、自分に小さなご褒美をあげましょう。その日だけは好きな食事を摂るのも良いかもしれません。
そして、毎日の運動に加えて1週間は間食をしないなど、目標は徐々に難しくなるように設定します。最終目標の到達時期から逆算すると目標が立てやすいでしょう。

注意したいのは目標の立て方。いきなり高すぎる目標を立てるのは、ダイエットが挫折する原因の1つとなります。また達成するまでの期間が長すぎるとモチベーションは上がりにくく、脳は、ダイエットとご褒美を結び付けにくくなります。比較的短期間で達成できそうな目標を立てる → 達成する → ご褒美をもらう というプロセスを繰り返すことが、脳のやる気を保つコツなのです。

おわりに

脳は自分自身を守るために苦痛を伴うことを避けようとする行動をとります。今までやっていなかった運動や食事制限を毎日続けるということは、心身に負荷がかかるため、脳にとっても楽しくはないのです。道具を新調したり、ダイエットのパートナーを作ったりと、ちょっとした気分転換や小さなご褒美の積み重ねは、ダイエットのモチベーション維持にもきっと役立ってくれるでしょう。



TEXT:トレチエ編集部
PHOTO:Adobe Stock

 

日常的に運動したい方はこちら
身体改善のプロが効果的なトレーニング方法をアドバイスします

ボディクエスト

トレチエでは健康的な身体や美しさを手に入れるための情報をお届けしています。
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ