Sony
Sony
ブーツを素敵に履きこなすためのシルエットづくり

美容 2018.11.05 シーズン到来!ブーツを素敵に履きこなすためのシルエットづくり

トレーナーの栗田裕子です。ブーツシーズン到来ですね。一般的なシューズ選びも大変なくらいなのに、ブーツは、身長との兼ね合い、脚の太さ、自分の個性や印象など、考えなくてはいけない要素が盛り沢山。しかも、朝と夜とではサイズが変わる脚との格闘も?!今回は、そんなブーツを素敵に履きこなすための体型づくりのポイントについてお伝えさせていただこうと思います。

ブーツが似合う人

ブーツが似合う人

芸能人の方でブーツが似合う方を連想してみてください。例えば、安室奈美恵さん。
ブーツが似合う代表格の方ですね。スリムな体型ではありますが、ただ細いだけでは無く、腰高で引き締まったヒップ、そして程よく筋肉質な太腿のシルエットが印象的です。

実は今ピックアップした安室奈美恵さんの体型の魅力については、すべて筋肉がなせる業なのです。
もちろん誰しも、身長や骨格によって、丈やデザイン選びは重要となりますけれど、筋肉でつくるシルエットは、自分がなりたい体型に仕上げることが出来るということもお伝えしておきたいと思います。

そして一番大事なこと。持って生まれた骨格は、個性であり魅力です。
案外、一番コンプレックスと思っていることが、実は魅力になるということも沢山あるのですよ。自分なりに、自分の良い部分を知ること。これは、お洒落には必ず必要な要素になるので、どうか後ろ向きにならずに、自分ならではの“らしさ”と向き合ってみてくださいね。間違い無く、必ず、あります。
それでも「いやいや、無いよ」という方。現に、既にやっていることはあると思うのです。それが、美容室に行った時です。髪型を例に挙げると、ベースとなる顔の形によって、各々に合う髪型を意識ながらカットしてもらっているはずです。体型づくりもそれと一緒なのです。
自分の骨格に対し、どんなシルエットが魅力的か。ボン・キュ・ボン、なのか、あるいは細身でしなやかなシルエットなのか、そして今回においては、魅力をさらに引き立てるために、どんなデザインのブーツを履きこなしたいか。自分がなりたい印象をイメージしながら、読み進めてみてください。

まずは鏡でチェック!

まずは鏡でチェック!

これはちょっと勇気がいることだけれども、鏡で体型をチェックしてみましょう。
なりたい体型になるには、『今どうであるか』を把握することはとても大切です。
実際、売り場で試着してみた瞬間などは、ふくらはぎのことだけに着目しがちですが、やはりトータルイメージも大事になります。ブーツを履きこなすという観点からすれば、以下がチェックポイントとなるので、照らし合わせてみてください。

ポイント1

お尻の位置は?ブーツを履きこなすなら、脚長効果はゲットしておきたいものです。
お尻が雪崩をおこし、腿と一体化していませんか?キュートな小尻にせよ、ボリュームがあると魅惑的なヒップラインにせよ、位置が上に定まっていればこそ、脚長効果が得られます。

ポイント2

前太腿の筋力が弱いと、筋肉も脂肪も重力の関係で下へ下へ、膝まで落ちてき、結果膝が丸っこく大きく膨張した印象に。ブーツを履きこなすなら、膝がキュっと小さく引き締まっている方が断然格好いいです!
リンパの滞りなどがあれば、膝の内側などにも脂肪は溜まりやすく、注意したいところです。

ポイント3

ブーツを履いていて素敵と感じる人は、姿勢が良い人でもあります。腰高の印象で、シャンと立つこと。
そのためには、上半身の胴体部の筋力も身に着けておくことが肝心。体幹トレーニングで、身体の支えを身に着け、下半身の脚ばかりに体重をまかせっきりにしないよう、上半身も手掛けることが大切です。

ポイント4

誰しも身に覚えがあるはず。ブーツで隠れる部分が浮腫んでパンパンに。浮腫みを蓄積させないためにも、アフターケアを欠かさずに行いましょう。浮腫みを蓄積させると、やがてセルライトへと生まれ変わります。

ブーツが似合う下半身のためのトレーニング

その1、「臀溝」をゲットしてヒップアップ

お尻はお尻、腿は腿。お尻と腿裏の境目のことを「臀溝」と言います。
ここを区別するのに効果的なのは、ヒップリフト。小尻効果もあります。

ヒップリフト(両脚)

ヒップリフト(両脚)

出来れば、両脚はピッチリ揃えたままで行うのが理想です。ですがこの体勢で行い動作すると、腿がつるような痛みが出る場合は、脚同士は、げんこつ一つ分程開けて行っていただいて構いません。
骨盤を持ち上げて行き、肩~骨盤~ひざまで一直線になった所で、すこし静止します。それと同時に、肛門もキューッと閉めてみて下さい。

その2、太ももを引き締める

前太ももは、スッキリスリムに引き締めたいものです。それと、小膝効果も。小さいミカンぐらいの膝頭に仕上げることができれば、ニ―ハイブーツも、ショートブーツも、あるいはルーズブーツだって、女性らしく洗練されたイメージで履きこなせるはずです。

レッグエクステンション(片脚)

レッグエクステンション(片脚)

見た目は地味ですが、効果は抜群です。膝もキュっと小さく引き締める効果があります。
座り姿勢が重要なポイントです。骨盤を立てて背筋をまっすぐに。この体制のままで行います。
脚は付け根からまっすぐ上げて行き、これ以上上がらないという所で一旦キープ。机の下で、自席でできますよ。

その3、体幹(胴体)を鍛える

どちらか片方の脚に体重をかけて立つ片脚立ちになったり、猫背で膝を曲げて歩く癖がある方は、上半身の胴体部、体幹の筋力を身に着けることも大事です。身体の外側のラインの引き締め効果があるトレーニングを取り入れてみましょう。

サイドブリッジ

サイドブリッジ

体幹と共に、身体のサイドのラインの引き締め効果があります。
身体は鋭い一本の芯のようにピシっと真っすぐ維持。肩でも体重は支えますが意識としては、お腹をまっ平らにして、お腹でボディを支えるようなイメージです。腿もカチっと力を入れてキープしましょう。

その4、股関節を動かしてむくみ予防

座った体勢が長く続くと、股関節が押しつぶされるようになることから、鼠蹊部リンパの流れが滞りがちに。すると下半身がむくみやすくなります。そこで、立ったままで出来る運動をご提案したいと思います。
お仕事の合間などにもぜひ取り入れてみてください。

ヒップジョイントスイング

立つときの姿勢は背筋をスーっと伸ばして良い姿勢で。その上で、脚を股関節から真っすぐ伸ばしたまま、脚を左右にスイングします。脚は反動でグイっと上げるのではなく、股関節がしっかり動かせているかを感じながら行ってみてください。

その5、ふくらはぎのストレッチでむくみ予防

ふくらはぎのむくみにお悩みの方は、必ずアフターケアを。ふくらはぎのストレッチで、アキレス腱からふくらはぎまで伸ばしましょう。それと、移動は階段を使うなどもオススメです。尚、階段を上る際は、つま先でさっさと昇るようにするとふくらはぎの引き締めに効果があります。

ふくらはぎのストレッチ

ふくらはぎのストレッチ

脚を前後にひらき、アキレス腱伸ばしの要領で、ふくらはぎからアキレス腱を伸ばしていきます。この時、足の裏が全て床にぺったりくっつくようにしましょう。後ろ足の向きは、つま先を正面の方向を向けます。
外側に向いたり内股にならないように。

おわりに

一口にブーツといっても、ニーハイからショート丈、またカジュアルにも女性らしくも幅広いお洒落が楽しめるアイテムとなりますね。とはいえ、身体作りでお伝えしたことは例えどのようなデザインを履きこなすにも、共通項だと考えています。ブーツに置いて一番悲しい考え方は、『隠すもの』と捉えてしまうこと。そうではなく、自分らしく魅力的に魅せるために取り入れられるといいです。
靴は出会い。自身に磨きをかけるためのトレーニングを合わせて行えば、きっと気に入るデザインが見つかるはずです。

もっと詳しくシルエットづくりの事が知りたいと思った時は、一緒にボディクエストでトレーニングしましょう!!皆さまのお身体のサポートさせていただけることを楽しみにしています!!



TEXT:栗田 裕子
PHOTO:PIXTA

栗田 裕子(トレーナー)

ボディクエスト認定トレーナー
IAI統合自然療法セラピスト
エイコウォーク認定 骨盤ウォーキング R インストラクター
元ファッションモデル
モデルとして、日本のみならず海外のデザイナーとのコラボによる、ファッションショーやスチール等出演。13年のキャリアを経て引退。
その後は、モデル時代の無謀なダイエットやストレスによる病気の経験を生かし、自然療法士としてのディプロマを取得。そしてセラピストに転身。IAI自然療法セラピストとして「improve銀座店」に勤務。
現在はサロン”Qualia”を経営するとともに、骨格バランスを整え理想的な「姿勢」や「歩き」を身につけるメソッド、「骨盤ウォーキングR」の認定インストラクターとして、各地でウォーキング教室開催、イベント・講演・セミナー講師として活躍中。

 

栗田トレーナーのトレーニング指導を受けてみたい方は方はこちら!

ボディクエスト

トレチエでは健康的な身体や美しさを手に入れるための情報をお届けしています。
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ