Sony
Sony
“むくみ”にさようなら!その原因と解消法とは?

美容 2018.06.21 “むくみ”にさようなら!その原因と解消法とは?

トレーナーのKazです。皆さんは、「あれ?ちょっと太ったような気がする…」と感じる時はどんな時ですか?食事の量を増やしたわけじゃないのに、脚が太くなった、腰周りがぽちゃぽちゃしてきた、顔が大きくなり、目が小さくなった、など見た目で太ってしまった・・・という場合は、大抵“むくんだ状態”に陥っています。では、本当はむくんでいるだけで太っていない?と思いたいですが、“むくんだ状態”になるには、原因があります。そして、そのままむくみを放置しておくと、体重増になる、体調不良を起こすなどの結果が待ち受けています。そこで、今回は“むくみ”の原因と解消法をご紹介させて頂きます。なお、むくみは、内臓疾患などが原因という場合もありますが、今回は一般的に普段の生活に起きる原因をご紹介させて頂きます。

むくみの原因

運動不足による代謝の低下

筋力の低下が代謝低下も引き起こし、血流が悪くなる→皮下に余分な水分がたまりむくむ→冷える→冷えた部位に断熱材として脂肪がつく負のスパイラルが生じやすくなります。

立ち仕事や座り仕事が長い

心臓から送り出された血液は全身を回って心臓に戻りますが、心臓から遠い位置にある足は重力の影響を受けやすく、むくみやすい部位です。このむくみの原因は、特にふくらはぎの筋力低下が挙げられます。ふくらはぎから心臓に古い血液を戻す働きをするのが、ミルキングアクション。
ミルキングアクションとは、重力に逆らって血液を流すための機能を足の筋肉が血液の周りで乳搾り(ミルキングアクション)をするように伸び縮みすることで、血液が心臓に送り返される機能のこと。
下半身に滞りがちな血液を戻すために心臓の圧力がポンプの役割をしますが、重力も受ける下半身は心臓から送り出される圧力だけでは、力が足りません。そこで、ふくらはぎの筋肉が使われることで、静脈が押しつぶされ血液が送り出され、押しつぶした筋肉が緩むことで逆に心臓から新鮮な血液が入ってきます。
そのため、筋肉がよく動けばミルキングアクションが上手く働き、むくみ知らずになる訳です。

女性特有のむくみ

女性特有のむくみ

生理前や妊娠中、更年期にはホルモンバランスが変化するため、むくみが出やすくなります。また、筋力があまりない女性も男性に比べてむくみやすいとも言われています。

塩分の摂りすぎ、アルコール

塩分を必要以上に摂りすぎてしまうと体内も塩分に応じて水分を貯め込むので、喉も渇く、水分補給をする、そして結果的に水分を貯め込みすぎてしい、体がむくむのです。

精神的なストレス

むくみが生じるのは、血行が悪くなることが大きな原因です。緊張すれば呼吸も浅くなり、体内の酸素量も減り血液循環が悪くなったり、老廃物が溜まりやすくなります。さらに浅い呼吸で自律神経も乱れるので、ストレスをなるべく溜めない工夫をしましょう。

では、原因がわかったところで、すぐに実践できる解消法をご紹介しましょう。

むくみの解消法

入浴

温かいお湯にゆっくりと浸かり、内臓を芯から温めるコトが大切です。そして、汗をかく!体の中に溜まった水分(湿気)や老廃物を排出させましょう。またじんわり体が暖まれば、緊張したカラダもリラックスしてくるので、良質な睡眠も得られるようになります。

ハーブティーなど体に優しいものを

ハーブティーなど体に優しいものを

冷たいものは体を冷やしてしまうので、これもむくみの原因になります。猛暑で喉がカラカラという時以外は、なるべく常温で体に負担のないものを積極的に摂るようにしましょう。体が浮腫んでいる・・・と思ったら、フェンネルやローズヒップなど、お気に入りのハーブティーを見つけてみてはいかがでしょうか。

運動

運動により筋肉を刺激し血行や新陳代謝を促進し、体に不要な水分や老廃物が体から排出されます。また普段の猫背姿勢は、ウェスト部位が縮んだ状態で脇腹が硬くなると言われています。すると、腰の動きが悪くなり、老廃物が溜まってポッチャリ腰に。大切なことは脇腹を伸ばしたり、ねじったり動かすことです。ストレッチでも十分効果があるので、こまめに動いてみましょう。

ストレスを溜めないように、生活・食事の質を上げる

濃い味付けやジャンクフードは塩分が高いので、水分を体に溜めこみ、むくみが起きます。これを放っておくと、セルライトが発症。しかし時には味の濃いものやスナック菓子も食べたい、と思うはず。そういう時は、塩分を排出する働きがある、カリウムを多く含むものを取りましょう。
カリウムを多く含む食品は、野菜(キュウリやセロリなど)やフルーツ(バナナ、オレンジなど)、海藻類(昆布、わかめなど)、小豆、大豆もむくみ予防・解消に効果的です。

さて、最後にむくみが一番わかりやすい顔のむくみを解消する方法をご紹介します。

顔のむくみを解消する方法

■方法①

使った後のティーパックを冷やして目の上に乗せる方法もありますが、私は温める方が目の疲れも取れるので今回は温めver.をご紹介します。

  1. 熱湯にティーパックを浸けます。
  2. ティーパックの汁を絞って瞼(まぶた)に乗せ、じんわりと温めます。

この時、火傷しないように注意!冷めてしまったら、またお湯に付けて温めて下さい。

■方法②

顔のむくみを解消する方法2

顔のむくみ解消で簡単なのは、耳たぶを引っ張ってぐるぐる回すことです。耳たぶの下にはリンパ節があり、このリンパ節が老廃物で詰まってしまうと、顔や頭のリンパが流れず、顔全体がむくんでしまいます。
耳たぶが温まるくらいゆっくり引っ張り回したら、左鎖骨のくぼみに手の指3、4本を使い、首の根元側から肩の外側に流し込むように5回程度軽くさすりましょう。
ここは体内を流れたリンパが最後に心臓に流れ込む場所。別名=「身体のゴミ捨て場」と言われるほど老廃物が溜まり、詰まりやすい部位なので必ず最後にさすって老廃物を流しましょう。

おわりに

いかがですか?むくみを確認するのは、指で押して跡ができる、触ってみて冷たいなどが挙げられます。もし、この状態になっていたら、早めにストレッチで血行をよくする、深呼吸でも◎。もしくは、お風呂に入ってゆっくりするなど、早めの対処が功を奏します。「たかがむくみ、されどむくみ」こまめな対処はあなたのボディラインを上級のものにしてくれるはずです。



TEXT:Kaz
PHOTO:PIXTA

Kaz(トレーナー)

株式会社ボディクエスト
YOGA&エクササイズディレクター
All About「エクササイズ」「ヨガ」「ストレッチ」オフィシャルガイド

1999年、アパレル商社を退職し、単身カナダへ渡る。そこで様々な運動療法やヨガに会い、エクササイズが生活の一部となる。
BodyQuestでは自らが企画制作する、誰でも簡単・効果的に実践できるワークアウトコンテンツを多数提供。スタジオやスポーツクラブなどでYOGAインストラクターとしても活躍。
明るく丁寧な指導や、心身の一体感を重視する姿勢は高い評価を得ている。

 

Kazトレーナーのトレーニング指導を受けてみたい方は方はこちら!

ボディクエスト

トレチエでは健康的な身体や美しさを手に入れるための情報をお届けしています。
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ