Sony
Sony
口輪筋を鍛えるエクササイズ

美容 2017.10.23 口元の緩みは健康にも影響!?口輪筋を鍛えるエクササイズ4選

口元のたるみが気になり、口周りのエクササイズを行っている方はいても、“健康”を意識して行っている方は少ないのではないでしょうか。 実は、口元の筋肉が衰えると、老け顔になるだけでなく、健康に対しても悪影響を及ぼしてしまう可能性があるということをご存じでしょうか。口の周りにある口輪筋(こうりんきん)は、「噛む」「話す」などの動作に使われるだけでなく、私たちの健康に大きく関わっているのです。 今回は、口輪筋を鍛える必要性やエクササイズについてご紹介します。

口輪筋とは

口輪筋は、口の周りをぐるっと囲むように存在している筋肉です。主に口を閉じたり唇を突き出したりするような動作で力を発揮しています。

口輪筋の衰えは顔のたるみや表情の乏しさにつながるだけでなく、口呼吸の原因にもなるため、注意が必要です。体の筋肉同様、使用されていなければ衰えてしまうため、口を動かす機会が少ない方は、日頃から口を動かすよう意識することが必要です。

口元の緩みがもたらす健康への影響

健康への影響

口輪筋が衰えることによる最大の問題は、口が開きやすくなり、口呼吸が習慣化しまうことです。

人間の体は、本来鼻呼吸をするようにできています。鼻呼吸の場合、鼻から取り込まれた空気から有害物質が取り除かれ、肺に効率よく酸素が取り込まれるしくみになっています。
しかし、口呼吸には鼻呼吸のようなしくみはないため、空気中に含まれるウイルスや細菌を直接体内に取り込んでしまう可能性が高くなります。また、口呼吸によって口内が乾燥し、唾液が少なくなることでムシ歯や歯周病にもかかりやすくなるのです。
さらに、睡眠中の口呼吸は、いびきをかいたり、睡眠中の酸素摂取を妨げたりするため、睡眠不足のほか肥満や高血圧、不整脈などさまざまな病気の原因につながります。

このように口輪筋が衰えることは口呼吸の原因となり、気づかないうちに健康への影響を及ぼしていることもあるのです。

口輪筋のエクササイズ

口輪筋は口を閉じようとするときに力を発揮するため、閉じるときに負荷がかかるようなエクササイズを行うことで鍛えることができます。

口を意識してエクササイズ

意識して口を動かすだけでも口輪筋を鍛えることができます。どこでも短時間にできるため、気が付いたらこまめに行いましょう。

  1. 唇を合わせ、意識して口を締めるように口にぎゅーっと力を入れます。
  2. そのまま10秒間キープします。
  3. 3セットを目安に行いましょう。
  4. 唇を合わせて突き出すようにぎゅーっと力を入れます。
  5. そのまま10秒間キープします。
  6. 3セットを目安に行いましょう。

唇を巻き込んでエクササイズ

  1. 唇を閉じて、唇を隠すように口の中に巻き込みます。
  2. 唇を巻き込んだまま、口角を上げるように意識して力を入れましょう。
  3. そのまま10秒間キープします。
  4. 3セットを目安に行いましょう。

ペットボトルを使用してエクササイズ

ペットボトルを使用してエクササイズ

ペットボトルを使用した、少し強度の高いエクササイズ方法です。

  1. 空のペットボトルに少量の水を入れます。目安としては50~200mlですが、水の量によって強度が変わります。初めは少なめにして慣れてきたら少しきつく感じるくらいの量にするなど、調整しましょう。
  2. テーブルなどの上にペットボトルを置き、唇でペットボトルをくわえて持ち上げます。このとき、歯で噛まずに唇の力だけで行うようにしましょう。
  3. ペットボトルを少し浮かせたら、そのまま10秒間キープします。
  4. 10秒で 1回とカウントし、5回×3セットを目安に行いましょう。

トレーニング器具を利用してエクササイズ

近年では、表情筋を内側から鍛えられるトレーニング器具が販売されています。口にくわえて上下に揺さぶることで口周りを始めとした表情筋を鍛える器具や、口にくわえて口を開け閉めすることで口輪筋をストレッチする器具など、さまざまな種類があるようです。口輪筋を鍛えるトレーニング器具を使用すると、より簡単にエクササイズができるでしょう。
医療現場でも、“口をしっかり閉じる”必要性から開発された、マウスピース状の器具が使われているところもあります。

おわりに

口輪筋を鍛えることは口内環境を整えることにつながり、健康に対しても大きなメリットがあります。また、顔のたるみやほうれいせん線などを防ぐことにもつながるため、日常的にエクササイズを行うことで老け防止にも役立つでしょう。
ご紹介したエクササイズだけでなく、口周りを大きく動かしたり意識して動かしたりするだけでも口輪筋を鍛えることに役立つため、日頃から意識して動かすことを心掛けてみてください。

TEXT:トレチエ編集部
PHOTO:Adobe Stock

 

日常的な運動で、痩せやすく引き締まった身体になりたい!

痩せやすく美しい身体をつくるには、
無理なダイエットより継続的なトレーニングが必要
たった10分からの効果的なトレーニングが自宅でできる!
プロトレーナーがアドバイスしてくれる!

ソネトレ

トレチエでは健康的な身体や美しさを手に入れるための情報をお届けしています。
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ