Sony
Sony
ながら運動のススメ

美容 2017.08.24 吹き出物や肌荒れは運動不足が原因かも…日々取り組みたい「ながら運動」のススメ

皆さんは吹き出物や肌荒れなど、肌のトラブルにお悩みではないでしょうか?特に女性にとって、いつまでも美肌でいることが若さを保つ要因の一つにもなっています。 美肌を保つために、パックやマッサージなどのスキンケアに力を入れている女性は多いと思いますが、それだけではまだ十分とはいえません。 実は、外側から行うスキンケアだけでなく、“運動”も体の内側から肌トラブルを解消する手助けになることをご存じでしょうか。適度な運動は健康維持に有効なだけでなく、お肌にもさまざまなメリットをもたらします。 とはいえ、なかなか運動する時間を作れない…という人も多いことでしょう。 そんな人におススメするのが「ながら運動」です。

運動と肌の関係

運動と肌の関係

肌は一定の周期(約28日)で新しく生まれ変わっています。この仕組みをターンオーバーといいます。しかし、この周期は一生変わらないというわけではありません。ターンオーバーは加齢に伴い新陳代謝が低下することで、だんだん長くなってしまうのです。
さらに、年齢だけでなく生活習慣の乱れによっても肌は影響を受けてしまい、吹き出物や肌荒れをはじめとする肌トラブルが起きやすくなります。

そんな肌のトラブルを解消する方法の一つとして効果的なのが運動です。運動をすることで血行がよくなり、新陳代謝が高まり、ターンオーバーの調整に役立ちます。また、運動をすることで分泌が多くなる「成長ホルモン」には細胞を修復する役割があります。

こんな運動がおススメ

「ながら運動」は勉強中や仕事の息抜きにもなりますし、体を動かすことによって血流改善にもつながります。すぐに効果があるわけではありませんが、運動を長く続けることで、お肌の変化が徐々に実感できるかもしれませんよ。

デスクワーク中・勉強中に腹筋を鍛える!

イスに座って作業をしながらできるエクササイズです。

  1. イスに浅く腰掛けます。
  2. 両足を地面から少し持ち上げます。
  3. 両膝を高く上げるように持ち上げます。
  4. いけるところまで持ち上げたら、ゆっくりと2の姿勢に戻していきます。
  5. この動作を10回3セット行います。

エクササイズ中は腹筋の下部(下っ腹)を意識すると良いでしょう。
また、脚を上げる際に両膝をしっかりつける意識をして、両膝の間にクッションなどを挟んで両膝で押しつぶすように意識しながら行うと、内ももの引き締めにもつながります。

電車での移動中にふくらはぎを引き締める!

電車での移動中など立っているときにどこでもできるエクササイズです。

  1. 両足で立った状態で、壁などに手をついて姿勢を保ちます。
  2. つま先立ちになるようにカカトを上げていきます。
  3. 上げられるところまで上げたら、ゆっくりと元の姿勢に戻ります。
  4. この動作を20回3セット行います。

初めのうちは一回ずつしっかりカカトを地面につけながら動かしても良いのですが、慣れてきたら戻したときにカカトを地面から少し浮かせた状態で止め、次の動作を行うようにすると強度が高まります。

お風呂に入りながらバストアップも!

お風呂に入りながらバストアップも

お風呂の中でもエクササイズは可能です。

  1. お風呂の浴槽の両縁に、両肘~前腕をのせます。
  2. 腕を支点にして体を浮かせるように力を入れます。このとき、肩がすくまないようにしっかりと体を持ち上げましょう。
  3. その姿勢のまま10秒間キープします。
  4. この動作を3セット行います。

体を浮かせたときに腕の力で支えるのではなく、胸の筋肉を締めるように意識しながら行うと効果的です。
慣れてきたら浴槽の水が少ない状態で行うと、浮力が少なくなり強度が高まります。

おわりに

エクササイズは工夫すればどんなでも行うことができます。今回紹介したながら運動だけでなく、さまざまなシーンでエクササイズができるのです。TVを観ながらCM中に腕立て伏せや腹筋をするのもいいでしょう。歩行中に意識して大股で歩くのもながら運動です。こまめに体を動かすことは1日だけならほんの少しの違いしかありませんが、長期的に続けると大きな差となって効果が現れます。
お肌は健康のバロメーターといわれます。ながら運動を続けて体の内側から健康づくりをし、
トラブル知らずの美肌を目指しましょう!



TEXT:トレチエ編集部
PHOTO:Adobe Stock

 

日常的に運動したい方はこちら
身体改善のプロが効果的なトレーニング方法をアドバイスします

ボディクエスト

トレチエでは健康的な身体や美しさを手に入れるための情報をお届けしています。
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ