Sony
Sony
顔のむくみを改善する

美容 2017.05.18 3分でできる!顔のむくみを改善する朝リンパマッサージ

「朝起きると顔がパンパンにむくんでいた」「お酒を飲んだら顔がひと回り大きくなってしまった」など、顔の大きさを左右する「むくみ」は多くの女性が持つ悩みです。顔は一番人目につく部位なので、すっきり見せたいですよね。そこで、今回は顔のむくみ改善に役立つ顔リンパマッサージについてご紹介します。

むくみにおすすめ!リンパマッサージ

むくみは余分な老廃物や水分をため込んだ結果生じてしまうもの。リンパ液には老廃物を流す働きがあり、リンパの流れが滞っていると顔や足がむくんでしまうのです。

そこで取り入れたいのがリンパマッサージ。リンパ液がスムーズに体内を流れるように働きかけ、むくみ解消を促します。リンパマッサージはやり方さえきちんとわかっていれば自分でできるので、むくみが気になる人は習得しておきましょう。

顔のむくみをセルフチェック

セルフチェック

顔がむくみやすい人の特徴は以下になります。
むくみが続くと、顔がむくんでいることに気がつかない場合もありますので、チェックしてみましょう。

  • 運動不足である
  • 夜にお酒をよく飲む
  • 塩分の多い食事を摂りがちだ
  • 立ち仕事、座り仕事などであまり動かない
  • 水分を多く摂取している
  • 睡眠不足だ

これらの傾向がある方は、リンパの巡りをよくするマッサージを取り入れてむくみを改善するのがおすすめです。

忙しい朝にピッタリ!3分でできる顔のリンパマッサージ

顔のリンパマッサージ

お酒を飲んだ日の翌朝は、顔がむくみやすくなります。血液中のアルコール濃度が高くなって血管が拡張した結果、血液の流れが悪くなってしまうのです。また、睡眠不足の時も顔がむくみやすくなります。

朝起きて顔がパンパンにむくんでいるようなときは、リンパマッサージがおすすめ。リンパの流れを助けることで、むくみの原因となる水分や老廃物が運ばれていきます。
それでは、リンパマッサージのやり方をご紹介します。

顔からマッサージするのではなく、まずは顔周辺からマッサージしていきましょう。顔で滞っている余分な水分を流すためには、顔周辺にあるリンパ節もマッサージすると、リンパが流れやすくなるでしょう。

1.顔周りをほぐす

肩や肩甲骨をほぐすように動かしましょう。グッと肩を上げて、肩甲骨を動かすように意識しながらぐるりと回します。同時に全身のストレッチも取り入れると体全体の血行がよくなります。

また、頭皮のマッサージもおすすめ。顔と頭皮の皮膚はつながっているので、頭皮が凝り固まっていると顔にも悪影響を与えてしまいます。頭皮をほぐすことは顔のリフトアップにも役立ちます。
頭皮を指の腹でグッと押して、気持ちよく感じる強さで押していきましょう。頭頂部の分け目あたりには、血行改善に役立つツボがあります。

顔がむくむと、二重が一重になってしまうなど目元も腫れやすくなります。パッチリとした大きな目元にしたい場合は、目頭と目尻のツボを2、3回押します

2.首をマッサージする

首を右に3回、左に3回程度大きく回します
次に、鎖骨の上のくぼみに指を4本入れます。そして左右それぞれ20回ずつ、グッグッと押します。力を入れすぎてしまうと、あざになってしまう可能性もあるのでご注意ください。「痛気持ちいい」程度の力加減で、硬くなっている部分をほぐすように押していきましょう。

3.顔をマッサージする

最後に顔をほぐします。肌に刺激を与えないよう、マッサージクリームや乳液を塗り、あごから耳の上にかけて引っ張りあげるようにマッサージしてください。

次は耳の後ろ側から首筋にかけて、指先をそっと押し当てながら鎖骨の方へ流していきます。たった1分マッサージするだけでも、むくみが解消されてすっきりとしたフェースラインになります。

まとめ

今回はリンパマッサージの特徴やメリット、むくみのチェックポイント、さらに顔のむくみを軽減するリンパマッサージの方法についてご紹介しました。セルフリンパマッサージを行って、すっきりシャープなフェースラインを手に入れましょう。



TEXT:トレチエ編集部
PHOTO:Adobe Stock

 

トレチエでは健康的な身体や美しさを手に入れるための情報をお届けしています。
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ