So-net

このサービスはSo-netのユーザーIDでご利用頂けます
HOME > 作品一覧 > 作品紹介

絵本作品紹介

星の王子さま 第三回 星の旅

星の王子さま 第三回 星の旅

星の王子さまは、地球目指して旅に出ることにしました。その道中、たくさんの人に出会います。王様、ビジネスマン、のんべえ… みんなそれぞれ、自分のことに精いっぱいの変わり者たち。彼らに出会った王子さまは、たくさんのことを学び、色々なのことを考えます。でもその中で、本当に大切なことはいったい何なのでしょうか?一緒に考えてみてください。

原作:サン=テグジュペリ、プロデュース・朗読:小川範子、要約・翻訳:新島 進、絵:水野真帆、音楽:落合勝人、制作:近藤直幸

お話をみる KIDSにもオススメジーンとくるつぶやく

作者のことば

【プロデュース・朗読:小川範子】

たくさんの出会いがある「星の旅」。王子が旅した星に、少しだけ行ってみたくなりました。


【要約・翻訳:新島 進】

ストーリーゲート版『星の王子さま』に使われている音楽は、すべてオリジナルの楽曲です! 作曲の落合勝人氏はふだんは勤め人をしながら、「魚鳥木」というバンドでキーボードを担当しています。実は私もレコーディングを手伝っているのですが、曲ごとに「ここは流れ星のイメージ」、「ここは砂漠、ちょっと寂しげに」などと、場面場面に合ったメロディーやアレンジを練っています。小川さんの朗読の妨げにならない、引立て役に徹することも大切なポイントです。言葉のまにまに、星や砂漠、薔薇や井戸のイメージを感じとってもらえたら嬉しい限りです。


戻る
ページトップ