So-net

このサービスはSo-netのユーザーIDでご利用頂けます
HOME > 作品一覧 > 作品紹介

絵本作品紹介

大きないも

大きないも(ロシア)

新版は、文、絵、朗読はそのままに、音楽とアニメーションを新たに制作し、新バージョンのお話に仕上がりました。ほのぼのと優しい性格の若者と見事にマッチした柳生博のナレーションとやなせたかしの絵には、心が安らぎます。

文:坂本のこ、絵:やなせたかし、音楽:幡谷希久子、声:柳生博、制作:中田薫

お話をみる KIDSにもオススメ笑えるLOVEつぶやく

作者のことば

 みなさんは、ロシア民話『おおきなかぶ』というおはなしを知っているでしょう。
 何年かまえに、
「これは『まずしい村』のはなしだから、日本のこどもたちにはふさわしくない」
といった人がいたそうです。
 なんて見当ちがいな意見でしょう。それに、おはなしを楽しめない、つまらない人。きっと、困ったときに力をかしてくれる友だちも、いないのでしょうね。
『かぶ』を『いも』に、舞台をロシアから日本にかえて、おはなしを書いてみることにしました。そうしたら、どこからか『困ったときは、おたがいさま』という声が、聞こえてきました。ちょっと、わすれていたことばです。だれもが、そう心がけていたら、どんなにくらしやすいだろうか、と思いました。そして、どんなに豊かな毎日になるでしょう。 ところで、旅の若者と庄屋さんのまご娘は、このあと、どうなると思いますか? (坂本のこ)


戻る
ページトップ