So-net

このサービスはSo-netのユーザーIDでご利用頂けます
HOME > 作品一覧 > 作品紹介

絵本作品紹介

チリンのすず

チリンのすず

両親が敵から自分を守って、そのために命を落としたとしたら…。その敵は、孤独な自分を守るために、両親を殺したのだとわかったら…。やなせたかしが、羊のチリンを通して、究極のパラドックスを問いかけます。

文・絵:やなせたかし、声:やなせたかし/岡崎裕美、音楽:いずみ たく (作曲)/柳 志乃 (編曲)、制作:中田薫

お話をみる KIDSにもオススメジーンとくるうたおうつぶやく

作者のことば

 「チリンのすず」は故いずみたくとのいくつかの仕事の中でも特に愛着の深い作品で、絵本にもなりレコード化されサンリオで映画化された。今度のストーリーゲート用の作品は原型を更にシンプルにして絵コンテと原画はもちろんぼくが描いたが、狼のウォーの声は作者であるぼく自身が担当している。作者の思い入れがあって。どうしても自分でやりたかったのだ。チリンの声とナレーションと歌は歌手の岡崎裕美さんである。
 ぼくとしてはこのお話のテーマソングに作者のメッセージを入れたつもりである。(やなせたかし)


戻る
ページトップ