Sony
  • so-netトップ
  • インターネット接続
  • 特典・ポイント
  • オプション・コンテンツ
  • サポート
  • マイページ

スマートフォンサービス

スマホにしたら読む10カ条 !?キーボードを設定する方法

SONY

スマートフォンサービス

スマホにしたら読む10カ条 !?キーボードを設定する方法

スマホを買うにあたっての懸念事項のひとつが「文字入力」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。フィーチャーフォンでの文字入力に慣れている方は、タッチパネルの操作に慣れるまでは戸惑うでしょう。

タッチパネルを使って文字を入力するのは便利ですが、自分好みのキーボード設定にしておくことで、より快適に文字を入力することができるようになります。さっそく設定してみましょう。

iPhoneの場合

キーボード画面例

「設定」→「一般」→「キーボード」で各種設定が行えます。
※OSのバージョンによっては、操作方法や表示などが異なる場合があります。

初期設定ではすべてオンになっているので、必要に応じてオフにしましょう。
普段英文を入力する機会が少ない人は、「Caps Lock」の使用だけオンにし、ほかをすべてオフにするのがおすすめです。

  • 「自動大文字入力」は、英字を入力する際に一文字目が自動的に大文字になる機能。
  • 「自動修正」は、英字で単語を入力した際、つづりが間違っていると思われるものを自動で修正する機能。
  • 「スペルチェック」は、英字で単語を入力した際、つづりが間違っていると思われるものに赤い下線が表示される機能。
  • 「Caps Lock」は、英字キーボード入力の際に上向きの矢印のキーをダブルタップ(2回押す)すると、英字を大文字にできる機能。
  • 「ピリオドの簡易入力」は、「Space」キーをダブルタップすることで、ピリオドとスペースが一発で入力される機能。

Androidの場合

設定画面例
言語と文字入力画面例

「設定」→「言語と文字入力」から設定が行えます。「キーボードと入力方法」から好みのものを選んでください。

また、各入力方法の右にあるバーのようなマークをタップすると、それぞれの入力方法の詳細な設定が可能になります。こちらからいろいろと設定を変えて試してみて、使いやすい設定にするとよいでしょう。

※Androidのバージョンや機種によっては、操作方法や表示などが異なる場合があります。画像はAndroid4.0です。

iPhone、Androidで共通しているのが、文字入力アプリの存在です。
iPhoneの場合は「ATOK PAD for iOS別ウィンドウで開きます」、Androidの場合は「Google日本語入力別ウィンドウで開きます」がメジャーです。
どちらも「App Store別ウィンドウで開きます」や「Google play別ウィンドウで開きます」からインストールできます。

これらのアプリをインストールすると、キーボードの使い勝手はもちろん、文字入力時の変換や修正などのサポート機能が充実しているので、より快適に文字を打つことができるでしょう。

キーボードの設定や、文字入力アプリなど、人それぞれに好みが全く違ってくると思いますので、いろいろと試してみることをオススメします。

スマートフォン版So-netへのアクセス方法

qr

QRコードを読み込む

スマートフォンでQRコードを読み取るには、アプリが必要です。
読み取り方

URLに直接アクセスする

http://www.so-net.ne.jp/m/

スマートフォン宛にURLを送信

スマホ版So-netへ