Sony
Sony
パティスリー・ ティーンカーベル

グルメ 2019.03.29 安くて美味しいコンビニスイーツを買わない人たちが足を運ぶ、街の洋菓子屋さん

千葉県四街道市に、クリームの入っていないシュークリームを販売している、「パティスリー・ ティーンカーベル」という洋菓子屋さんがあります。

シュークリームと言えば、普通はクリームが入った状態で売られていますが、時間がたつと生地の部分が柔らかくなってしまって、美味しくなくなってしまうのだそうです。

それに、食べている途中に柔らかくなった生地が破れて、中のクリームがはみ出してしまうと、悲しい気持ちになりますよね。

ティーンカーベル 外観

そういったことを防ぐために、パティスリー・ティーンカーベルでは注文した後に、目の前でクリームを入れてくれます。

そうすることで、生地がサクサクしたまま、美味しい状態でシュークリームを味わえるのだとか。

ティーンカーベル 内観1
ティーンカーベル 内観2

他にも店内には、契約農家から取り寄せている新鮮なフルーツが乗ったケーキが並んでいます。どれも美味しそうで大変悩みましたが、天使のプリン(280円)とホットコーヒー(250円)をいただきました。

粉、卵、砂糖、生クリームなどの基本となる材料は、長年同じものを使用してお店の味を守ったまま、果物はどんどん新しいものを使って、変化を生み出しているそうですよ。

ティーンカーベル プリン
ティーンカーベル 誕生日プレート

入店時に気になった、人の名前が書かれているこの看板について尋ねてみると、「誕生日にケーキを取りに来てくれる人たちの名前を書いているんです」と教えてくれました。

クリスマスなどのハイシーズンを除いて、年間を通して毎日更新されているそうです。

ティーンカーベル 外観2

誕生日ケーキには、オーダーメイドでイラストもつけてくれます。

赤、青、黄色などの様々な色使いで細部まで正確に描いてくれるので、食べるのがもったいないくらいなんですよ。

小さくイラストを付けてもらうだけでも、他にはないオリジナルのケーキに仕上がるので、特別な日にはぴったりですね。

ティーンカーベル 商品

少し昔は、町のケーキ屋さんと言えば特別な存在で、何かのお祝いや記念にケーキを買って帰るのが定番だったそうです。

しかし、ケーキ産業全体の落ち込みに加え、コンビニ各社がスイーツ分野に力を入れ始めたことによって、ケーキ屋さんは次々と閉店に追い込まれています。

確かに、コンビニのスイーツは味も悪くないし、低価格で買えることは私たちの生活とスイーツの距離を縮めることに成功しました。それに加え、コンビニは日本全国に6万店舗ほどあり、食べたいときにすぐ買うことができるという点でも便利です。

ティーンカーベル 看板

そのような状況の中でも、パティスリー・ティーンカーベルには多くの人が足を運び続けています。

それは、シュークリームやオーダーメイドなどのケーキ屋さんでしか出来ない工夫が、作り手とお客さんのつながりという付加価値を生んでいるからなのでしょう。

コンビニのスイーツを食べても何か欠けてしまっているような気がするのは、コンビニが「スイーツ」と私たちの距離を近づけた代わりに、作り手を遠くに追いやってしまったからなのではないでしょうか。

ティーンカーベル 席

ケーキだけにとどまらず、多くのものが飽和したこの時代は、自分達でなければ出来ないことにフォーカスを当てないと、淘汰されてしまう時代なのかもしれません。

もちろん、100円のシュークリームをコンビニで買うか、200円を払って目の前でクリームを入れてもらうかは、皆さんの自由ですが。

【アクセス】

ティーンカーベル 四街道店

千葉県四街道市めいわ1-1-9  四街道駅(南口)より徒歩15分

 
掲載内容は2019年3月29日現在の情報です。最新の情報は会員専用サイトにてご確認ください。
サービス内容は予告なく変更になる場合がございます。

 

So-net会員限定の割引優待サービスに登録すれば

「パティスリー・ ティーンカーベル」でのお会計が5%引き!

↓↓詳しくは下記をクリック↓↓

えらべる俱楽部 for So-net

この記事を気にいったらいいね!しよう

えらべる倶楽部 for So-net NEWSの最新の話題をお届けします。

ページトップ