Sony
Sony
メニュー
閉じる

おや充ライフ

ゴル横の取材は、目のつけどころがシャープなんです!ゴル横流東京モーターショー2017の楽しみ方

先日、大盛況の中で閉幕となった東京モーターショー2017。ゴル横メンバーは生意気にもプレスとして、その興奮を先取りさせてもらったのは前回の記事の通りである。 前回の記事では、いわゆる一般的な目玉展示を紹介させてもらったが、やっぱりそこはゴル横。俺たちの興奮はそんなものじゃ伝えきれない! というわけで今回は、ゴル横のおっさん的に心ときめいた展示や、こぼれ話についてご紹介していきたいと思う!お楽しみに!

life20171108-00

前回はいちおうプレスらしく、しっかりと東京モーターショーの魅力を伝えることに終始したつもりである…出来ていたかはわからないが。

life20171108-0

だが、もちろん、参加したのはいつものゴル横のおっさんたち。メインの流れからちょっと外れたものにもキャッキャウフフさせていただいた。

今回はそんなゴル横的激アツ展示&おっさんたちのキャッキャウフフ姿をご紹介しよう。

まずはみんな大好き!往年の名車シリーズ!

DAIHATSU ミゼット&コンパーノ

life20171108-01
life20171108-02

メインはこの2台をコンセプトにした新車だが、この往年の名車をビッカビカに磨き上げて出しちゃうあたりが粋!

 

ミゼットは言わずもがなだが、そんなダイハツが4輪の乗用車市場に乗り込んできたのがこのコンパーノさんだ。うーん、見れば見るほどスタイリッシュ。

ちなみにこのコンパーノ、社員さんが乗ってる車なんだとか。しかも親子2代で…

HONDA カブ!

life20171108-03
life20171108-04

岡持ちといったら、これ!っていうぐらい今でもよく見かけるカブ。おっさん人気だけかと思いきや、案外若い子にも人気があるそうで…よく走るし、いいヤツだからわかる気もする。

 

どうせなら岡持ち仕様とか、郵便局員仕様とか、そういう働く車テイストの展示も見てみたかったかもしれないw

そんなみんな大好き(?)「働く車」シリーズ!

救急車(日産キャラバンNV350特装車)

life20171108-05
life20171108-06

ミノ うーん、やっぱり働く車っていうのはいいねぇ!
どうしてかワクワクしちゃうよね。

IT まあ、なんとなくわかりますw
パトカーとかもワクワクしますねw
でもこんなじっくり救急車の中を見ることなんかないですから、新鮮ッスね!

ミノ まあなー、普通、中見る時なんか、じっくり見てる余裕ないもんなwww

IT …あー、運ばれてるときの話っすか?www
まあ、確かにw

バス (トヨタ燃料電池バス「SORA」)

life20171108-07

TOYOTAのブースでは燃料電池バスである「SORA」が登場!行き先は現在建造中の「新国立競技場前」にするあたり、未来を見据えてる感じでいい!デザインもとっても未来的!特に側面が!

life20171108-08

2020年には100台以上のコイツが街中を走り回っていることを目指しているそうです。

大型トラック

続いて一行が目を付けたのが、大型トラック。

トラック野郎さながらの巨大なトラックになんと乗り込めるのである!これは一度は乗ってみたかった♪

life20171108-09

ミノ うわー、視線高ッ!そして思ったよりも横までしっかり見れる!

説明員 そうなんですよ、意外と死角がないんですよ!

ミノ だって横に立ってる人も見えるよ、すごい!

説明員 あと、そこの座席のところにあるレバーをぜひ入れてみてください( ̄― ̄)ニヤリ

ミノ プシュー………うわッ!すごい!座席がちょうどいい位置まで沈むよ。
ちょー座りごこちいい!

商人 大はしゃぎですねw

IT ミノさん、菅原文太っぽいッス!www

ミノ 男は度胸、女は愛胸じゃけんのぅ!w 

一同 字が違うわwwww

 

結局メンバー全員座りましたとさw

ちなみにこの前にはいかにも本物のトラック野郎っぽい人が乗っており、とても真剣に話を聞いていました。

life20171108-10

トラックつながりで、こちらも。なんとこちらは六輪駆動という優れもの!どんな悪路も走れることをアピールするジオラマが、またなんとも男心をくすぐる。

life20171108-11

教授 君、これは撮っておきたまえ!すごいじゃないか!

IT あー、はいはい…

教授 うーん、このジオラマ感、たまらんなぁ…

輸入車も面白いのたくさん。サンクターボ・・・ではなく、トゥインゴ

life20171108-12

ミノ うわー、これ、いいなー!(*´ェ`*)たまらん!
いやぁ実はサンクターボって一番の憧れなんですよねー!
これ完全にオマージュですよね♪

説明員 (-_☆) いいですよねサンクターボw
これ!ココ見てください、ホラ!
★※△☆→〆………

商人 wwwww

ミノ ( ´―`)フゥー...
このあたりのラインとかさ、サンクターボっぽくない?

life20171108-13

商人 あーーー、わかるわかる!w

ミノ 乗るならこのライン黒くして、車体は黄色のルーフ白だなwww

 

我々のあとにもルノー・トゥインゴを見ている人がいると思ってみていると、車の中から現れたのはなんとテリー伊藤さん。

ベストカーの編集長と一緒に回っているようだった。もしかしたらテリーさんもサンクが大好きなのかも・・・

バイクもアツい! YAMAHAのブースでは商談が?

life20171108-14

YAMAHAのブースの前を通ると、急に教授の足が止まった。

なにかと思ったら、こちらのXMAXに一目惚れしてしまった様子。

ビジュアルをほめちぎり、スタッフさんと小一時間語り尽くすほどの熱の入れよう。

最終的にはカタログもらって帰っちゃいましたw

 

教授 見て!この凶暴なビジュアル!こういうのがいいんだよなぁ!

IT どこからのビジュアルがいいんですか?w撮りますよ?www

教授 こう、こっちの方向から煽る感じで!

life20171108-15

教授 ( ´∀`)bグッ!
あーもーどうしよっかなー、買っちゃおうかなぁ~(*´ω`*)

IT あれ、買いそうだなw

ミノ ほらほら、こっちにはモビルアーマーの「ザクレロ」みたいな前2輪のバイクもあるよw

教授 (*゚∀゚)=3 ムッハー

life20171108-16

やはりオヤジ世代的には旧車も展示してくれたDAIHATSUのブースは見逃せなかったし、いろいろとギミックが凝っている働く車も面白い!一部には共感してもらえると思って紹介してみたが、いかがだろうか…(´・ω・`)

 

最新のコンセプトカーももちろん素敵だが、東京モーターショーの展示は奥が深い!

今回参加できなかった人も、ぜひ2年後は参加して、自分なりの楽しみ方を見つけてほしい。

 

<<前回のレポートへ


この記事にコメントする

  • Facebook
  • Twitter