Sony
Sony
メニュー
閉じる

おや充ライフ

電車にゆられてヒストリックカーデイ

今年のGWはカレンダー通りでも5連休で、しかもずっと天気もよくてお出かけ日和でしたね。連休はどこに行っても混んでいるし、渋滞もたいへんなところ帰省やら家族サービスやらでむしろ疲れてしまうなんて人も多いでしょう。かくいう私もそうです。 今年もそうなるのが分かってたので、GW前の日曜こそ自分が楽しいことをしておこう!と思ってました。例によって何か面白そうなクルマのイベントないかな・・・と「懐カーコレクション」のイベント情報コーナーを見てみたところ、ピッタリなのがありました! 「横須賀くりはま花の国ヒストリックカーデイ」なるイベントが。

くりはま花の国ヒストリックカーデイ イベントレポート

life20170518-02

今の時期に海のほうにいくのは、実にいいね!たまには電車でのんびり行ってみようと思って、さっそくカメラ片手に行ってきました。

今回は電車なので、もう片方の手には缶ビールです。

 

以前は通勤でもたまに乗っていた、湘南新宿ラインのボックス席に陣取り。

ボックス席って、観光気分の時にはとてもいいね。

 

life20170518-03

以前の職場があった駅を通過して、横須賀線方面へ。

 

「このまま海のほうまで電車に乗って行ってしまいたいなぁ~」なんてよく思ってたけど、こんな形で実現するとは。うん、いい気分だ!ビールのせいだけではないよね。

 

心地よく電車に揺られて、JR久里浜駅に到着。会場の「くりはま花の国」は、ここから歩いていきます。15分ぐらいかな、散歩がてらと思っていたけど、起伏もあって結構な運動だったかも。

life20170518-01

 

今回のイベントは、毎年秋に横浜で開催されている「横浜ヒストリックカーデイ」の姉妹イベントだそうです。そういえば去年、行ったなあ。イベントレポートはまだ記事にしてなかったのだけど、「懐カーコレクション」には写真をたくさん掲載しているので、そっちも見てみてくださいね。

life20170518-04

 

今回のイベントでは国産の旧車だけじゃなくて、いわゆるエンスーな感じの輸入車もたくさん展示してました。なので、レポートはそれらをピックアップして、ふだんあんまり取り上げてない車種を中心にお届けしようと思います。

写真はたくさん撮ったので、もちろん「懐カー」コーナーにもどんどん掲載しますのでご安心を!

それでは、今回も厳選してレポートしていこうと思います。

オースチン ミニ MK-1

life20170518-05
life20170518-06

カーイベントではおなじみのオールドミニ、これは初期のMK-1仕様だね。外ヒンジに小ぶりなテールランプがらしくていいね。

 

ミニ カントリーマン

life20170518-07
life20170518-08

ミニをストレッチしたワゴン、カントリーマンだ。荷物が載るぶん、実用性もあっていいよね。ウッドもきれいだな。

ミニ ヴァン

life20170518-09

こっちは商用車仕様のヴァン。これで配達とか仕入れにいくようなお店がやりたいもんだ。

MG-B

life20170518-10
life20170518-11

珍しい、ブルーのMG-Bだ。一度は所有してみたいものだね。

MG-A

life20170518-12

こっちは同じMGでもなかなか見かけない、MG-Aだ。前後のアイアンバンパーを取っ払ってるところがスポーツカーらしくていいね。

モーリス マイナー

life20170518-13
life20170518-14

ミニはよく見かけるけど、マイナーはなかなか珍しいね。こうみるとだいぶクラシカルだなあ。

オースチン A30

life20170518-15

こっちはモーリス・マイナーのライバル、オースチンA30だ。結構キビキビと走って楽しいそうだよ。

フィアット 500(チンクェチェント)F

life20170518-16

ルパンの愛車のイメージがする、チンクエチェント。これはタイプFだね。ホント小さいけどこれで4人乗れるんだからスゴい!

アバルト 500

life20170518-17
life20170518-18

こっちは500をカリカリにチューンナップした、アバルトだ。ブリッと張り出したオーバーフェンダーと、冷却のために開け放つリアフードがやる気まんまんだね。

ルノー アルピーヌ A110

life20170518-19

ラリーのイメージが強い、ルノー・アルピーヌのA110だ。これのリバイバル版が先日発表されて話題になっていたね。こっちはすごく小さくて、乗り込むのも大変そうだ。

シトロエン 2CV

life20170518-20

こっちはフランスの国民車、2CVだ。イギリスのミニ、イタリアのフィアット500、ドイツのビートルと比べてみると、各国の国民性みたいなのが感じられて面白いね。「ドゥーセーヴォ」と読むらしい。

ローバー P4

life20170518-21

これはめずらしい!当時の英国高級車だね、観音開きが特徴的だ。知らない人がみたら、ロールスと間違いそうなぐらいのオーラだよ。

フォード サンダーバード

life20170518-22
life20170518-23

ちょっと視点がかわるけど、実はこっちの路線も好きです。

とにかくでかい、長い、広い! 男子がビビっとくる要素てんこもりだ。

 

 

今回はいつもとちょっと違うタイプの車種をいろいろと見て回って、なかなか興味深かったです。これからイベントにはいいシーズンだし、皆さんもお近くのイベントに遊びに行ってみてはいかがでしょう?

いやー、それにしても、自分でも旧車に乗りたくなってきたなあ・・・。

この記事にコメントする

  • Facebook
  • Twitter