Sony
Sony
メニュー
閉じる

おや充ライフ

あの頃フラッシャーが眩しかった!?懐チャリコレクション

真冬のあいだは各地のカーイベント開催も少なくなっていたけど、そろそろ春に向けて開催情報も多くなってきましたね。
ゴル横に掲載しているカーイベント情報は、実は意外に人気コンテンツなのです。
みんなチェックしてるのね♪

インスタ映え(ゴル横的に言うと「フォトジェニック」?)な懐カーも素敵なのですが、

おやじの皆さんクルマ・バイク好きの原点のひとつに「チャリンコ」があったりしませんか?

昔は子ども用の自転車なんてほとんどなかったので、家にあったこういう「はたらく自転車」ふうなやつに無理やり乗ったりしましたね。

life20180213-01

こういうトップチューブ(股下にくる横方向のフレーム)が斜めに下がっているやつなら背が低くてもなんとか乗れたけど、

life20180213-03
life20180213-02

こっちみたいなトップチューブが水平で高い位置にあるやつは、フレームの三角の隙間から足を入れて「三角乗り」したりとかね(今思うとめちゃくちゃアブナイ!)。

life20180213-04

ちなみに左のは、モペッドみたいに自転車に芝刈り機ぐらいのエンジンを付けた本当の意味での「原チャリ(原動機付自転車)」ですねー。

 

いま40代後半~50代だと、小学生のころに『ジュニアスポーツ自転車』が好きだった人も多いんじゃないかな。そう、

フラッシャー自転車

などいくつか呼び方があったけど、今でいうガチなロードバイクなどのスポーツ車じゃなくて、当時ブームだった「スーパーカー」のイメージを模したスポーツ風自転車です。

life20180213-05

トップチューブにこういうシフトレバーついてたり(中にはHパターンのやつなんかも!)、

life20180213-06

凝った2灯式や4灯式のヘッドライト、

life20180213-07

ブレーキランプやウインカーがゴテゴテついたフラッシャーとかが特徴のやつです。

life20180213-08

(こういう時代とは大違いw)

life20180213-09

いろんな呼び方がありましたが、「フラッシャー自転車」で通じる人も多いんじゃないかな。


何をかくそう私ミノも、このブリジストンの「モンテカルロ」乗ってましたよww
取材のとき値札見たら高くてビックリ!お婆ちゃんありがとうw

life20180213-10

なぜ「モンテカルロ」なのかなと思ってみたら、スーパーカーブームの人気車種「ランチア・ストラトス」が活躍した「モンテカルロラリー」から取っているようです。
そういえば、アリタリアカラーっぽいカラーリングのやつあったなぁ・・・。

life20180213-11

その後、ポルシェ935あたりをモチーフにしたマルティニカラーっぽいやつが出たり、リトラクタブルライトを装備しているやつがでたりといろいろありましたね・・・。

life20180213-12

スポーツ自転車といえは軽量化するのが基本ですが、当時これらは装備が多すぎて20kgぐらいあるやつもあったとか。
当時で5万円以上するやつも多かったし・・・。

life20180213-13

子ども向けの市場がエスカレートしていくとPT●が騒いだりして急速にブームがしぼむのも世の常。
フラッシャー自転車はその後急速にすたれてしまい、それまで「ママチャリ」と呼ばれていた自転車がおしゃれな「シティサイクル」として人気を博したりしました。

life20180213-00

内蔵型のギアやアップハンドル(ブリジストンが売り出した「カマキリハンドル」は画期的でしたね)。が普及したり、ドロップハンドルタイプのロードバイクが人気になったり・・・とさまざま変遷していきます。

でも、フラッシャー自転車で「自転車をいろいろカスタムする楽しさ」を知った人もおおかったろうし、昨今のスポーツ車ブームの根底にはこのころ刷り込まれたものがあるんじゃないかな?という気がしちゃいます。

life20180213-14

さあ、そろそろ暖かくなってきて、花粉が本格的に飛び始める前ぐらいはサイクリングにピッタリの季節!
ちょっと自転車を引っ張り出して、お散歩サイクリングしてみませんか?

life20180213-15

この記事にコメントする

  • Facebook
  • Twitter