Sony
Sony
メニュー
閉じる

松崎順一の昭和プロダクト考古学

ナショナル・高性能高級ポータブルラジオ RF-8000 カタログ

ナショナル・高性能高級ポータブルラジオ RF-8000 カタログ

家電蒐集家松崎が考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。第10回目は70年代に当時の若者を中心にブームになったBCLのために誕生したプロ仕様の短波ラジオのカタログを取り上げます。

BCLブームが産んだラジオはクーガーやスカイセンサーが有名だがナショナルが作り上げた高性能ラジオは超弩級の高級ラジオだった。

BCLとは70年代の73年頃から76年くらいをピークに流行した海外の放送局を短波(SW)という受信帯をメインに聴く趣味で、受信したあと放送局に受信報告書を書いて送りその後放送局から記念のカードが送られて来た。そのカードを集める趣味のことを総称してBCLと言い、当時は10代の若者を中心に大ブームになった。筆者も当時は中学生で、その渦の渦中にいた1人だった。

当時の愛読書で「ラジオの製作」通称「ラ製」という月刊誌があって、その名の通りラジオの製作からアマチュア無線、オーディオなど、当時の若者達に絶大に人気を誇り「ラ製」の中で活躍していた山田 耕嗣氏(故人)がブームを牽引するように活躍されていてBCL達の憧れの存在であった。ラジオでもTBSラジオで「SONY  BCL JOCKY」や日本短波放送で「BCLワールドタムタム」が放送されていてBCL人気に拍車を掛けていた。BCLの醍醐味は海外の遥か彼方から届く電波を受信することで、地球の裏側から届く放送を自宅のラジオで受診するのは海外旅行もなかなか行くことが出来なかった当時ロマンを感じる趣味だった。筆者を含め多くの若者は夜になると愛機にかじりついて必死に世界から放送される電波を探り続ける毎日だった。73年以降はBCLのためのラジオが家電メーカーから次々と発売されソニーの名機スカイセンサーやナショナルのクーガなどが誕生した。これらのラジオは当時の価格で2万から3万円位で販売され絶大な人気商品となっていった。

そして今回紹介するカタログは75年に発売されたプロ仕様の高級ラジオNational RF-8000だ。筆者も当時「ラ製」の中で紹介されているのを見て目を疑ったラジオだ。注目したのは600,000円という価格だ。75年の60万円を今の価格に換算してみると100万円は悠に超えている脅威の価格設定だ。

 

では具体的にカタログを見てみよう。表紙は世界地図をバックにRF-8000がさりげなく鎮座してシンプルなデザインだが何故か重厚感のある表紙だ。RF-8000のブロンズ色がどっしりした印象を与えているのかも知れない。

8000-1

 

中をめくるとモノクロページのようだがモノクロにブルーの差し色が全体を落ち着いた感じに引き締めている。メインコピーも「世界の放送帯をカバーした24バンド」に心を踊らされる。そして操作パネルのそれぞれの機能の説明が細かく表記されている。これらは読めば読むほどRF-8000のすごさを実感することができる。

8000-2

 

更に横のページではより深くRF-8000の受信に対しての細かすぎるこだわりを感じ取ることができる。また本体の写真では全体の様子を知ることができ、操作ツマミなどはナショナルが持つ無線技術からのフィードバックも感じられる。ページの下部には型番と価格、そして見逃してならないのは価格の横に小さく表記された「予約製作品」の文字だ。家電のジャンルで「予約製作品」なる言葉を見たのは後にも先にもこのRF-8000だけである。

8000-3

 

最後のページはお決まりのスペック表だが上部にブロックダイヤグラムも載せるほど性能に自信を持っている現れだと思っている。RF-8000は確かに素晴らしい高性能受信機だがどの位の方が実際に購入されたのだろう。残念ながら知り合いでこのラジオを買って持っていた人を筆者は知らない。ナショナルの高性能受信機はこの5年後の1980年には次世代型のRF-9000が登場し高性能受信機としての意義は受け継がれていくがモノとしての高級感と存在感はRF-8000を超えるものはお目にかかったことはない

8000-4

 

出典: 松下電器産業株式会社「ナショナル・パナソニックラジオ」カタログ (1975年)

コンテンツパートナー紹介

松崎 順一(まつざき じゅんいち)

家電蒐集家・デザインアンダーグラウンド工場長。1960年生まれ。インハウスデザイナーを経て2003年よりデザインアンダーグラウンドを設立し活動を開始。近代家電製品の蒐集・整備・カスタマイズ等を手掛ける。近年は特にデジタル世代へのメイド・イン・ジャパン家電の持つ魅力をカルチャーとして伝える活動をイベント、執筆等、広範囲に展開中。

デザインアンダーグラウンド

 

book_matsuzakiラジカセのデザイン! 増補改訂版(立東舎)

この記事にコメントする

  • Facebook
  • Twitter

▼コンテンツパートナー

matsuzaki_banner