Sony
Sony
メニュー
閉じる

懐カーコレクション

ミラTR-XX(2代目・L70型)/ダイハツ - ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを確立

いまや軽自動車界を代表する車種にまで成長したミラ
・モデル名 :ミラTR-XX(2代目・L70型)
・メーカー名:ダイハツ
・年式   :1987

軽自動車の代表格・ミラは全方位商品ラインナップで死角なし

daihatsu_mira_002

戦前は「大阪発動機」と称していたダイハツは、ミゼットで知られるようにオート三輪や農業・家内工業向けの発動機などを製造販売していた老舗メーカーだ。

オート三輪では東洋工業(マツダ)などのライバルとしのぎを削ってきたが、それを通じて小型車・軽自動車の製造ノウハウを積み、軽自動車界の第一人者となった。

 

ダイハツのオート三輪・ミゼットはそれこそ第一次産業から近所の商店街まで、ありとあらゆるシーンで「よく働くクルマ」であった。オート三輪でたいへんなヒットを生んでしまったからか、ダイハツは乗用車への進出には慎重だったようだ。

 

そんなダイハツも昭和41年(1966年)に初代フェローを発売し軽乗用車界にデビュー。

フェローはその後、フェロー・マックスを名乗り、さらに次のモデルはマックス・クオーレとなった。

さらにその後のモデルが「クオーレ」となったのだが、乗用モデル・クオーレの軽バン仕様が「ミラ・クオーレ」となる。そのミラ・クオーレが大ヒットしたことにより、「ミラ」が独立するという経緯をたどる。出世魚のように名前が変化していったのだ。

daihatsu_mira_003

軽バンモデルの「ミラ・クオーレ」が大ヒットとなったのには、ひとつ大きな理由がある。

当時の税制により、軽バンは「物品税」が掛からず、より安く新車が購入できたのだ。

この点をうまく訴求して大ヒットしたのが「スズキ・アルト」だ。『アルト47万円』のコピーを覚えている人も多いだろう。

バンモデルはリアシートが平板な折り畳み式の補助席のような仕様になるのだが、実際にはあまり後席を使わないし長距離も乗らないことが多いので、これで十分だったのだ。

 

2代目となったミラでは、今度はライバルのアルト(アルトワークス)に先駆けて、専用エアロパーツで武装し専用チューンを施した高性能バージョン『TR-XX』を発売。

ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを生み出した。

このジャンルはフォロワーが多く、小さく軽いボディに高回転でよく回るエンジンをブチ込んでめちゃくちゃ速い軽が各社から次々リリースされた。

なかにはペラペラなボディなのにもの凄いハイパワーで、文字通り恐ろしい速さの車種もあった。

 

ミラはハイパフォーマンスバージョンだけでなく、女性タレントをイメージキャラに掲げたポップな「ミラ・パルコ」やレトロデザインの「ミラ・ジーノ」など様々なラインナップをそろえ、全方位戦略に出る。これが奏功したのもあって、ミラは軽自動車の代名詞のひとつに成長していったのだった。

 

 

この記事にコメントする

  • Facebook
  • Twitter