Sony
Sony
メニュー
閉じる

懐カーコレクション

【今日の懐カー】「三丁目の夕日」に登場、ダイハツ・ミゼット

■「町のヘリコプター」、みんみんミゼット
・モデル名 :ミゼット(MP3型)
・メーカー名:ダイハツ
・年式   :1960

・撮影場所 :クラシックカーフェスティバルinところざわ 2017

・撮影者  :ミノ

「ALWAYS3丁目の夕日」に登場した、鈴木オートのミゼット

daihatsu_midget_012

軽オート3輪といえばミゼット、ミゼットといえばダイハツ、というぐらい、昭和30~40年代のオート3輪の代名詞。それがダイハツ・ミゼットだ。

ざっくり分けると、1957年のデビューから1962年まで製造されていた、ひとり乗りのオートバイ風コクピットでバーハンドル(バイクのハンドル)を持つ、1つ目ヘッドライトのDK型/DS型「バーハンドルミゼット」と、1959年発売の2人乗り・右ハンドル化された丸いステアリングホイールを持つ、2つ目で嘴のようなノーズ形状のMP型「丸ハンドルミゼット」の2世代がある(1959年以降は2モデルが併売)。

 

オート3輪トラックは今でいう軽トラのような位置づけで、比較的安価に購入でき短距離・小口の輸送需要を支える存在だったのだけど、朝鮮戦争による特需景気が減退し始めたころから大手メーカーの4輪トラックも小型・安価なバリエーションを出すようになってきたり、逆にオート3輪を出しているメーカーはそれに対抗して大型化するなどして競争が激化してしまった。

 

とはいえ、相対的にみれば車両価格が高くなるし、都市部や住宅密集地などの狭い路上では大型化していくトラックでは配達などのニーズには応えられないなどの問題点も出始めていた。

個人商店や小規模事業所などのそういうニーズは、バイクや自転車、リアカーなどが何とか満たしているというのが実情だったようだ。

 

そんな折、逆にそのニーズに目を付けたのがダイハツだった。

ダイハツはまだオート3輪がほとんど導入されていなかったこの市場を未開拓のマーケットとして狙いを定め、当時は車検の対象ではなかったり、軽免許で運転できたり、さらに税金も安かったりして個人商店や小規模事業所でも購入できる軽オート3輪を開発したのだ。

ニッチなような、でもまだ競合もほとんどいないブルーオーシャンな市場だ。ここを狙うのって、商売の鉄則と言ってもいいだろう。

 

さらにダイハツが凄かったのは、このニーズを持つ層に的確に、かつ徹底的にミゼットをPRしたことだ。

軽便性をアピールする「町のヘリコプター」という宣伝文句や『みんみんミゼット♪』のフレーズが耳に残るコマーシャルソングを楠トシエ(黒柳徹子とならんで、「女優第1号」と言われている。コマーシャルソングの女王の称号も持ち、黄桜酒造の「かっぱっぱー、るんぱっぱ」も彼女だ)に歌わせた。

さらにダイハツがスポンサーをしていたコメディ番組の主役・大村崑(オロナミンCの彼だ)をCMに出演させ、番組の終わりには大村崑に「ミゼット!ミゼット!」と連呼するギャグをさせるなど徹底したプロモーションを行ったことだ。

 

これらのプロモーションが大当たりし(今でもここまでやったら相当すごいよね)、ミゼットは軽オート3輪トラックとしての人気を不動のものとする。もちろんその背景には、圧倒的な信頼性と利便性、適度な価格などもあってのことだ。

 

昭和30年代をふりかえる大ヒット映画「ALWAYS3丁目の夕日」でもミゼットは重要なアイコンとなっているが、それもまた当然といっていいだろう。

むしろ、ミゼットをおいてほかに、これほど当時を思い起こさせる物もなかなかないかもしれないね。

daihatsu_midget_013
daihatsu_midget_014

旧車 (クラシックカー)イベント情報

この記事にコメントする

  • Facebook
  • Twitter