Sony
Sony
メニュー
閉じる

懐カーコレクション

【今日の懐カー】初代サニー兄弟の働き者 サニートラック/日産

■初代サニーはバリエーションがたくさんありました
・モデル名 :サニートラック
・メーカー名:日産
・年式   :1970

・撮影場所 :青梅宿懐古自動車同窓会2017

・撮影者  :ミノ

トヨタ・パブリカに対抗した日産のベストセラー小型車

nissan_sunny_truck_015

トヨタのパブリカが700ccの小型車として先行デビューし、かなりの人気車となっていたところ、各社が700~1000ccクラスの小型車を続々と投入した。

最大のライバルたる日産はブルーバードより少し小さいクラスとしてサニーを開発し、まずは2ドアセダンから発売した。

 

軽量なモノコックボディのデザインは、足回りの構造などもふくめ当時最先端といわれていたオペル・カデットを参考にしたといわれている。実際、見てみると結構面影があるというか・・・まあ大らかな時代だったというところだろうね。

 

サニー用に開発された「A型エンジン」もタフでよく回り快活だったこともあって、パブリカと互角に戦い人気を博した。

ボディバリエーションも4ドアセダンや2ドアクーペも追加になり、さらに2ドアセダンをベースに2ドアのライトバンとトラックも投入され、初代サニー兄弟が増えていく。

 

サニー自体も好調な販売だったが、ライバルはパブリカだけではなかった。

カローラと真っ向勝負となり、長きに渡り熾烈な販売競争を繰り広げていくことは誰もが知るところだね。

サニトラ自体も、それまでオート3輪が担ってきた地元密着型の物流などをあらたに任される存在として、働き者っぷりを発揮していったんだ。

よく働きタフで燃費もよく、経済成長を支えていった大事なクルマのうちの1台だね。
 

nissan_sunny_truck_016

この記事にコメントする

  • Facebook
  • Twitter