Sony
Sony
メニュー
閉じる

懐カーコレクション

【今日の懐カー】ヒルマンミンクス いすゞ

■いすゞが乗用車の製造技術を習得した、英国車のノックダウン生産車
・モデル名 :ヒルマン ミンクス(PH100型 2代目)
・メーカー名:いすゞ
・年式   :1961

・撮影場所 :クラシックカーフェスティバル in 所沢2017
・撮影者  :ミノ

英国ルーツ社の乗用車をいすゞが完全ノックダウンで生産

isuzu_hillman_minks_008

現在はトラック・バスなど「働く車」の専業メーカーになっているいすゞは、かつて名車と呼ばれるような乗用車をいくつも製造していたのは、懐カーファンには常識だね。

そのいすゞが乗用車の製造ノウハウを習得するために、英国車を完全ノックダウン生産していたのがこの「ヒルマン ミンクス」だ。

 

ヒルマンはサンビームやタルボなどのブランドを傘下に持っていた英国の「ルーツ・グループ」のひとつで、「ミニ」のライバルといわれた「ヒルマン・インプ」などが有名だ。

ミンクスはそのヒルマンの大衆車なんだけど、それをいすゞが完全ノックダウンで日本国内で生産し、高級車として売り出していたんだ。

当時、まだ日本の自動車産業は戦後に再興しはじめたばかりの頃で、本国では大衆車といえど英国車は高嶺の花、高級車であったことは間違いない。別にぼったくっていたワケじゃあないw

またいすゞに限らず、各社さまざまな外国車をノックダウン生産し、製造技術を習得していったんだ。

 

ちなみに、「完全ノックダウン」というのは「部品をすべて輸入し、販売地(=日本)で組み立てて販売すること」をいうよ。

これは産業復興のため、当時の通産省が主導して積極的に行われていたよ。有名なところでは、「日野ルノー」とか「オースチンA40(日産)」などもそうだね。

ヒルマンミンクスのボディは、なんと三菱重工業(当時は三菱日本重工業)が製造していたんだ。

 

いすゞはヒルマンミンクスの製造を通じ、急速に乗用車製造のノウハウを身に着けていく。後継車とされているのは、あのベレルとベレットだ。

製造末期ごろには、当時のイギリス国内でも「日本製の(いすゞ)ヒルマンミンクスのほうが、本国製よりボディの建て付けや細部の仕上げがよい」と言われていたそうだ。
 

isuzu_hillman_minks_007

この記事にコメントする

  • Facebook
  • Twitter