Sony
Sony
メニュー
閉じる

ゴールデン酒房

Powered by おとなの週末

第1話:和食コースなのにコスパ最高!?おと週からはじまる銀座の食の物語宴その弐拾弐:おやじたるもの、銀座で和食で酔いしれたい

焼き鳥、串カツ、そば、お好み焼きに中華………これまでおと週に従い、さまざまな料理を堪能してきた一行だが、まだ手を付けてないジャンルが世の中には山ほどある。
そのひとつが和食。まあ、その・・・ちゃんとした和食ってやっぱり高そうだし。政治家が赤坂あたりで食べてるイメージというか…(;´∀`)
だが、今回のおと週は「なごめる和食」がテーマ!しかもお値打ちというのだから、これは乗っからない手はないでしょう?

おと週が太鼓判を押すさまざまなエリアのお店から、一行が選ぶお店とは果たして?

「なごめる和食」って、なんて魅惑の響きなんでしょう

bar22-01-01

日本食、というとさまざまな料理が当てはまってくるし、庶民的なイメージが強くなるわけだが、それが「和食」となると、途端に高級なイメージがつきまとってしまうと感じる。

高級な料亭の個室で、見目麗しい繊細な料理が少しずつ登場していく。そしてそれを食べるのはいかにも老獪な政治家…というのは映画の見すぎか(´ε`;)ウーン…

 

まあでも、実際「和食」、とりわけ懐石料理みたいなものはどうしても敷居が高いイメージが強いことは多くの人の共通認識ではないだろうか?

 

ところが今月号のおと週では、リーズナブルで、しかもなごめる和食を堪能できるお店を特集しているのだとか。おと週のことだからきっとお値段以上な体験になることは間違いない!…はず、ですよね?w

 

まず、最初の特集はそのものズバリ、

「お値うち和食が楽しめる店」キター!

bar22-01-02

会長 のっけからメチャクチャ高級そうだけど、ホントに大丈夫…?(´・ω・`)

ポン ホントね…(゚A゚;)ゴクリ ザッと見ても5,000円代のコースが多いわ…
いや、5,000円でも全然安いんだけどね(;・∀・)

IT あ、でもこれ、ここの「下町割烹とめだて」ってところは5,000円以下ですよ!

bar22-01-03

少佐 こ、これで5,000円以下なのか…

会長 鮭ハラスご飯がある…( ´―`)

ミノ 和食でもやっぱりご飯は欠かせないのかwww

教授 ふうむ、ホントお値打ちだねぇ…むむっ!
おい、さらにすげーの見つけたぞ!?

IT えっ!?どれどれ?

教授 この「しらたまや」さんはなんと3,000円台のコースが!
しかも場所はザギンッ!!!!!

ザギンッ!!

bar22-01-09

ミノ ザギンでシースー…いっちゃいますか!?www

少佐 いや、まあ寿司はないけどね、見たところ( ´Д`)=3
でも日本酒も豊富ってことみたいだし、これは気になる!

bar22-01-04

会長 ふうむ…酒も飲むことを考えるとやっぱりこのへんかなぁ?
ほかの店もメチャクチャうまそうだから、行ってみたいんだけどねぇ…

ポン アラカルトとかならいけないかしらね?この「キガルニワショク弾」の料理とか、美しいわぁ…(*´ω`*)

少佐 確かに…

会長 これは迷う…

bar22-01-05

決めきれない一行は続いて、次の特集である「居酒屋コースで上機嫌」も確認!

居酒屋といって侮るなかれ!昨今の居酒屋は、居酒屋とは思えないほどハイクオリティーな料理をコースで提供しているところも多いのだ!(おと週の受け売りですw)

ハイクオリティーの敷居の低さを融合した、オヤジの憩いの場となるお店の数々は注目に値する!

やっぱり居酒屋コースはホッとするね

bar22-01-06

ポン 居酒屋のコースなんて、忘新年会とか歓迎会とか会社の飲み会でやるようなヤツでしょ?
大丈夫なのかしら…いくらおと週だからって…

bar22-01-07

ポン ………これは料亭ですわ!
正直スミマセンでした

会長 炊き込みご飯がある…( ´―`)

少佐 ハイハイ、米ネタはもうわかったから…( ´Д`)=3
れは「食楽 太太太」さんかな?和食ありーの、でもハラミのローストありーので、居酒屋ならではの和洋折衷感がいいね!

IT しかも5,000円以下ですしね!!!

ミノ お?こっちの「郷酒(Gauche)」も4,000円のコースがあるぞ?
どうやら岩手メインで東北中心っぽいね。

bar22-01-08

IT 岩手!!!もうここでよくないすか?値段的にも場所的にも、食材的にも!
ゴールデンウイーク、帰省してないんスよ(´・ω・`)

教授 そういや岩手が地元か!いや、知らんがなwwwww
ま、おいしそうだからアリっちゃアリだけど。


他にもコース料理が自慢の蕎麦屋があったり、おと週が『ブレイクする』と予想している茶割なる酒が呑める店や、横浜中華街などさまざまなお店があった。

中でも茶割はなんだか酒呑みつつもまったりできそうで気になる!

ミノやポンちゃんも茶割ならゆっくり静かに呑むかもしれない… そんな魅力たっぷりのお店をじっくり見た一行は、いよいよ今回訪問するお店を決めることに。

やはり、「銀座で和食」はインパクト抜群です

ミノ うーーーーーーーん、ホント気になるお店ばっかりなわけだけど、せっかくこんだけコース推ししてるんだし、今回は和食コースでいただきたいね!

会長 となるとやっぱり、「しらたまや」さんとか「とめだて」さんとかになるんじゃない?

IT えーーーーーーっ!?俺の帰省は?(´・ω・`)

少佐 いや、だから知らねーよ(・д・)ケッ
加えて酒を呑むとなると…やっぱり「しらたまや」さんがベストチョイスじゃなかろうか?

一同 そだねー!

会長 じゃあ、今回はみんなでザギンでショクワー楽しんじゃう?

一同 異議なーーーし!

少佐 なんだよショクワーってww

bar22-01-10

こうして、今回のお店は座に居を構える「しらたまや」さんに決定!

高級料理店がひしめく銀座にあって3,000円台でコースを提供しているというのだから興味深い!

仮にも銀座、3,000円だろうと超絶うまいものが食える予感!それが銀座クオリティーだよね?w

おと週によると歌舞伎と着物をこよなく愛する女将さんが切り盛りしているそうな…銀座の女将とか、すっごく気になります!(*´ω`*)

いろんな意味で楽しみな食レポになりそうな予感の今回、いつも以上にご期待ください!

bar22-01-00

ちなみに、おと週6月号はなごめる和食のほか、おいしい横浜、はじめてのJAZZ、お茶割りなどおやじ心をわしづかみにするネタが満載だ。

正直、今回はどこのお店に行こうか決めるのホント迷いました。掲載されているお店ももちろん魅力的なのですが、さまざまな記事が面白くて・・・。

 

では、実食回まで、乞うご期待!

今回紹介したお店

■しらたまや (銀座)

 東京都中央区銀座6-2-6 ウエストビル地下2階

 TEL:050-5243-4420

 おとなの週末 2018年6月号 P.27



■下町割烹 とめだて(北千住)

 東京都足立区千住旭町1-22

 TEL:03-3888-7710

 おとなの週末 2018年6月号 P.24

 

■キガルニワショク 弾 (代々木上原)

 東京都渋谷区上原1-33-12 ちとせビル2階

 TEL:03-6804-8935

 おとなの週末 2018年6月号 P.25

 

■食楽 太太太 (目黒)

 東京都品川区上大崎2-15-2 目黒ビジネスマンション地下1階

 TEL:03-6721-9432

 おとなの週末 2018年6月号 P.48

 

■郷酒(Gauche)(神保町)

 東京都千代田区神田神保町3-5 ニュー徳栄ビル地下1階

 TEL:03-6272-9867

 おとなの週末 2018年6月号 P.49

 

これらのお店は「おとなの週末」2018年6月号に掲載中です

(このコーナーは毎週木曜日更新予定)


この記事にコメントする

  • Facebook
  • Twitter