Sony
Sony
メニュー
閉じる

ゴールデン酒房

Powered by おとなの週末

第4話:【まとめ】穴子と鴨を味わう蕎麦前はおやじの愉しみ[日本橋 きよ川]宴その拾参:日本橋で出会ったおいしい江戸

まぐろを食べに日本橋に出かけたら、穴子と鴨を食べることになった今回の食レポ。古さと新しさが同居する日本橋という街で出会ったお店は、ほどよくオシャレ、ほどよくオヤジな居心地のいいお店でした。

居酒屋 そば きよ川

日本橋C4出口を出て、永代通りを茅場町方面へ。昭和通りとの交差点を少し過ぎたあたりで路地裏に入ると、目的の店・きよ川さんが見えてくる。

bar13-04-04

新しい風が吹き抜け始めた日本橋だが、まだまだ一歩路地に入るとイナタイお店がいっぱいある。きよ川さんもそんなお店のひとつだ。

bar13-01-00

きよ川さんは居酒屋でもあり、蕎麦屋でもある。お蕎麦はなんと3階にあるという打ち場で手打ちしているという。日本橋で蕎麦前だなんて、なんとも粋ではないか!

 

ゴル横的にも2回目となる貴重な蕎麦前回となるのだが、今回の一行はどちらかというとお米が主役な流れになってしまった…

 

後から後から入ってくるお客さんはみな親しげに店員と交流している。そんなところに地域密着型なアットホームな雰囲気を感じたお店だった。

 

そんな古き良き居酒屋だが、日本橋のビル街を吹く風のように、料理には新しい風が。料理長は日本料理とともにイタリアンを学んだという経歴の持ち主で、お蕎麦屋さんとは思えないようなおしゃれな料理が出てきてしまうのである。日本橋で気取らずに新しい風を感じたいなら、ぜひおすすめしたい!

ゴールデン酒房的 おすすめメニュー

メニューは磯辺焼きや沖漬けなどの居酒屋っぽいメニューがあるかと思えば、アヒージョやステーキがあったりと多種多様。元魚河岸の地だけあって、やはり鮮魚のメニューも豊富だ。

bar13-02-06

その日のおすすめメニューが載ったボード

 

その中から今回、ゴル横メンバーが食べた料理はこちらだ!

 

 穴子の白焼          厚揚げ豆腐

 スモークハラス焼       お刺身盛り合わせ

 鰯つみれ山峨焼        アスパラ焼き

 合鴨と彩り野菜のくわ焼き   合鴨ロースの塩焼き

 蕎麦がき           カレーのゴボウ天

 穴子の天ぷら         ホタルイカの沖漬け

 冷し辛み大根おろしそば    冷し辛み大根おろしそば(つけ)

 ざるそば           鴨せいろ

 冷し茄子の煮浸しそば

 

これにさらに、お店のご厚意でいただいた自家製の豚ハムに、お米と酒が加わる。

お米はおかわりするわ、メニューはバカスカ注文するわときたら、そりゃ予算もオーバーするはずである…

予算をオーバーしてでも食べたい、おすすめのメニューがこちら

穴子の白焼

bar13-01-05

ポン これ、穴子の脂?これは穴子のバター焼きと言っても過言ではないね…

ミノ 穴子、うまっ!うまっ!

 

店長もイチオシするこのお店の最重要メニューが、この「穴子の白焼」。メンバーがこぞってバターと勘違いしたのは、けして誇張なんかではなく、穴子の脂がそれほど濃厚で、旨味に溢れているのだ!

そしてその味を見事に引き出す料理人の腕!一度ボイルしているので身はフワフワ…これは食べなきゃ損!

合鴨ロースの塩焼き

bar13-01-08

教授 あーもう、なんで鴨っていうのはこんなに脂がおいしいんでしょうね…

ミノ まさにカモンベイビーって感じ?

 

合鴨のロースをシンプルで塩焼きにした一品。シンプルなだけに、教授が言うように、おいしい鴨の脂をこれでもかと味わえる。鴨肉の下にはネギが敷き詰められていて、肉から滴り落ちる脂を存分に吸収している。このネギはもはやネギにあらず!鴨の脂を凝縮したなにかである。一度で二度美味しい、まさにカモネギな料理。

 

ちなみに、お米にもよく合いますw

bar13-04-05

冷し茄子の煮浸しそば

bar13-04-06

ミノ んーーーッ!茄子うまい!

教授 ああ、茄子にエビの風味が感じられる…海老出汁?

 

お蕎麦屋さんなので、もちろん蕎麦も豊富!どれもおいしいのだが、今回食べた中ではこの「冷し茄子の煮浸しそば」が最もインパクトがあった。なんといっても茄子がうまい!海老出汁で煮たのか、ほのかに海老の香りを感じるホロホロな茄子はそれだけで食べても絶品!そこにコシのあるお蕎麦が合わされば、至福のひとときに。

 

その他にも居酒屋とは思えないオシャレなお通しや、おまかせで頼めるお刺身盛り合わせもおいしかった。お刺身はしっかり人数分揃えてくれるので安心して頼めるのもうれしい。

bar13-02-08
bar13-02-10

ああ…でも鰯つみれの山峨焼きもうまかったし、くわ焼きも絶品だったし、もう一度全部紹介したいくらい…

 

また、ポンちゃんいわく「炊き加減が素晴らしい」お米も、米好きなら注目です。どの料理もおつまみではなくもはや一品料理のレベルなので、お米が進んでしまうのです。

下戸でも楽しめる居酒屋といってもいいかもしれません。

ポンちゃんのお酒コーナー

ゴル横イチ(自称)の呑助、ポンちゃんのお酒レビュー。数々の一品料理にあうお酒を紹介しようというコーナー。
※実際は飲んでたお酒を紹介するだけなのは内緒。

■黒龍/大山

カップ酒

ポン 今回呑んだのはこの2本ね。大山と黒龍!

IT 主に少佐が飲んでましたよね。ポンさん実は案外サワーが好きな気が…

ポン たぶん埼玉屋のレモンサワーのせいね…(*´ω`*)
でも日本酒ももちろん大好きよ♪

IT ビールでもウイスキーでもそんなこと言いそう…

ポン 大山はキレ味のいい、スッキリした呑口って感じかしら?
黒龍のほうがよりフルーティーな感じがしたわね。
料理を楽しむならわたしは大山のほうが好きかも…

IT フルーティーって日本酒の評価でよくありますよね…俺にはいまいちまだよくわかんないけど…

ポン ま、とにかくうまいってことよ( ̄― ̄)ニヤリ
でも黒龍とかファンも多いし、きよ川さんのチョイスはさすがはお蕎麦屋さんって感じね!
わかってらっしゃる!

IT 少佐、けっこうグイグイいってたけど、あの人酔わないっすよね。
ミノさんならゼッタイ船漕いでたわwww

ポン そうねー。面倒見させられそうだから、ミノさんとはサシで呑みたくないわw
少佐とまた三角地帯に繰り出したいわー。

総評

今回は初めて予算を2,000円以上オーバーするという事態になってしまったが、それはゴル横メンバーが調子に乗っただけのこと。きよ川さんの値段設定は至って良心的ですので、あしからず。まあ、ゴル横メンバーが思わず頼んでしまうくらい、美味しい料理を出してしまうのが悪いのですwww

 

店長が日本橋で築き上げた歴史に、息子である料理長がイタリア~ンな風をプラスしたきよ川は、常連さんの満足度を下げることなく、新しいお客さんを捕まえるだけの魅力を持っている。

そして迎えてくれるスタッフの方々がなんともアットホーム!これは一見さんでもついつい居心地がよくなっちゃいます。

自慢の江戸前穴子をぜひご賞味あれ!ハマります!

エピローグ まぐろ高直

bar13-04-01

ミノが予約を取り間違えた、まぐろ高直さん。結果的には突然お邪魔して帰って行っただけですが、ご迷惑をおかけした&おいしそうなお店だったので、きよ川さん後にミノと会長、少佐の3人で行ってきました!

 

入るなり、ご常連に「店の予約間違えたんだって?」とからかわれるミノw

きよ川さんもそうだが、こちらもファンが定着したいいお店でした。

 

まぐろ高直さんはその日に使う分だけを仕入れるスタイルのため、閉店間際の時間に伺ったこの日は残念ながら魚はほぼご常連たちに食べ尽くされていました。しかし、運良く残っていた赤魚を煮付けで提供してもらうことに…

bar13-04-03

逆にいえばその日に仕入れた新鮮なものしかないということ…赤魚の煮付け、めちゃくちゃうまかったです。

日本酒も美味しかった!

bar13-04-02

会長 いやぁ、この「ゴールデン酒房」の突撃自腹レポ企画も、ももうすぐ1周年か…あっという間だったねぇ

少佐 俺は後半あんまり出れなかったけど…うまい店いっぱい行きましたね。
また、お店もオヤジ好みの店が多いこと多いことw

ミノ ………

会長 世の中には知らないけど、いっぱいオヤジが喜ぶ店ってのがあるんだねぇ。
これからもそういう店を発掘していきたいねぇ。精神衛生のためにもwww

少佐 そうだね。これでどこかのオヤジがオアシスを見つけてくれればいいね。

会長 うん、ホント!そのとおり!なあ、ミノ?………

ミノ ………大変美味しゅうございまムニャムニャ

少・会 いい話してんのに寝てんじゃねーよ!!!w

 

きよ川さんの後、ということで、少佐と会長がいい話をしている中、船を漕ぐという定番のオチwwwまぐろ高直さんは寝落ちしちゃうくらい落ち着けるいいお店です(笑)

今度はネタが豊富なときに再訪します!

 

※この後ミノは電車に乗るも見事に乗り過ごしたそうです。

今回訪問したお店

■きよ川 (日本橋) P.29

 東京都中央区日本橋1-21-4

 TEL:03-3271-8435

■まぐろ 高直 (日本橋) P.28

 東京都中央区日本橋2-9-7

 TEL:03-3281-5826

このお店は、「おとなの週末」2017年9月号に掲載中です

(このコーナーは毎週木曜日更新予定)

ゴールデン横丁 TOPへ


この記事にコメントする

  • Facebook
  • Twitter