Sony
Sony
メニュー
閉じる

モモチエ

2020年04月21日のクイズ

モモチエ
モモチエ

問題

江戸時代におよそ100円で購入できたモノとは?
  • 1. 握り寿司
  • 2. かけそば
  • 3. うなぎ

正解

1. 握り寿司

解説

正解は1の「握り寿司」。

 

江戸時代の貨幣価値を正確に知ることはできませんが、日本銀行金融研究所によると、現代と江戸のモノの値段を比べることで推測が可能なのだとか。

例えばお米の価値を基準に考えると、握り寿司1貫は8文でだいたい119円くらいの値段になるのだそう。

ちなみにかけそばは16文でお寿司の2倍。回転寿司のお寿司を考えると、今も昔もあまり物価は変わらないのかもしれません。 

 

では今の時代、100円でできることには、どんなものがあるでしょうか。

例えば、スマホの通信に使えるSo-net の格安SIM「nuroモバイル」は、音声通話付きプランの月額基本料が「初月無料、3カ月間100円ぽっきり」で利用することができるお申し込み特典を実施中です☆

 

nuroモバイル※この情報は、2020年04月21日時点のものです

100円玉のコストパフォーマンスとしてはかなりいいのではないでしょうか…!

新生活が始まるこの時期に、“100円ぽっきり”でおトクな通信手段を手に入れてみてはいかがですか?

 

nuroモバイル
※記載の金額は税抜金額です。