むつ市 サッカー教室

2013.10.08(火)
10月6日(日)に青森県むつ市にあるしもきた克雪ドームにおいて、毎年恒例となる(株)青森クリーンの主催による鹿島アントラーズサッカー教室が行われ、本山選手、柴崎選手、小笠原選手が約340名の子供たちとサッカーを楽しみました。

お昼頃、むつ市に到着した選手たちは先ず市内にあるホテルで子供たちとの食事会を楽しみました。
photo

地元の子供たちと談笑する柴崎選手。


photo

食事の合間にサインや写真撮影に応じる小笠原選手。


photo
すぐに子供たちと仲良くなった本山選手がカメラマンを担当。

サッカー教室の会場に到着すると関係者の皆さんが出迎えてくれました。アントラーズからはユニフォームをプレゼントしています。
photo

選手たちと記念撮影。


photo

約380名の参加者と保護者をあわせ、400名の方が3選手とクリニックコーチを出迎え。


photo

会場となったしもきた克雪ドーム。


photo

サッカー教室に参加した子供たち。


photo

ウォーミングアップの鬼ごっこのために2人組を作る小笠原選手。


photo

逃げるように指示をする本山選手。


photo

子供と手を繋いで鬼から必死に逃げる柴崎選手。


photo

ボールの蹴り方を教える小笠原選手。


photo
デモンストレーションで鳥かごを行い、ダイレクトパスをつなげて子供にボールを触らせなかった3選手。
photo

サッカーゲームでシュートが決まり、拍手をする本山選手。


photo
ドリブルで子供たちを抜いていく小笠原選手。良いプレーをした子供とは敵味方関係なくハイタッチ。
photo

華麗なテクニックで子供たちを魅了。


サッカー教室後、地元中学生とのエキジビションマッチを行いました。アントラーズ側にはクリニックコーチと柴崎選手のお兄さん、そしてGKはサッカー教室に参加した子供がサポートにはいっています。
photo

アントラーズ側の助っ人。


photo

柴崎選手のお兄さん。


小笠原選手がロングキックで先制、柴崎選手が追加点で2-0とするも数的不利のプロチームはカウンターから2失点を喫し、2-2の引き分けで終わっています。クリニックコーチもエラシコを見せ、味方の本山選手からも「上手い」と言われていました。
photo