ACL特集 上海申花戦前日トレーニング(公式練習&公式記者会見)

2011.05.02(月)
選手たちは9時過ぎより公式練習を行いました。また午後からは国立競技場にて公式記者会見が開催され、オリヴェイラ監督、興梠選手が出席しています。

photoピッチ中央でミーティングを実施。


photo軽めのトレーニングで調整。


photoウォーミングアップ後にシュート練習。


photo

 

photo

福岡戦で初出場を果した西選手と柴崎選手。新戦力にも期待。

photo   photo
オリヴェイラ監督:
「試合に勝つことが重要だが、やり方やスタイルを変えることはない。今までやり続けてきたことをやっていけば、おのずと勝利が近づくと考えている。最近は守備的な戦法をとってくる相手が多いが、それが良い慣れになり、どういう風にやればいいか分かってきた部分がある。選手も理解し、できるようになってきている。守備的な相手から勝利を取るのは厳しい部分はあるが、打開することは可能になっている」
  興梠選手:
「ベスト16進出が僕たちの最初の目標であり、1位通過をしてベスト16に進みたいと思っている。明日は重要な試合だし、水原と勝ち点で並んでいるが得失点差で負けているので大量得点が必要。上海申花とアウェイで戦ったときは、お互いにシーズン初めでコンディションもチーム状況も完璧ではなかった。今はお互いにいい状態にいるので、対戦するのが楽しみ」

photo   photo
Xi Zhikang監督:
「明日はグループステージ突破のためにも全力を尽くしたい。鹿島は強敵だし、苦しい戦いになると思う。勝つためには心理的にバランスを取り、まず守りを固め、そして相手の隙をついていきたい。鹿島はどこのポジションの選手も強いイメージがある。特に13番をマークしたいと思う」
  DAI LIN 選手:
「かなり苦しい戦いになると思うが、十分な心構えはできているし、全力を尽くしたい。アウェイゲームの場合はまず守りを固める。そして相手が焦り始めてきたら攻め込んでいきたい。鹿島の選手は一人ひとり気をつけなければいけない」