ACL特集 水原戦前日トレーニング(公式練習&公式記者会見)

2011.04.05(火)
午前9時30分より明日の試合会場となる水原ワールドカップスタジアムで公式練習を行いました。また午後からは同スタジアムにて公式記者会見が開催され、オリヴェイラ監督、中田選手が出席しています。

photo明日の試合会場となる水原ワールドカップスタジアム。通称"バードスタジアム"。


photo鮮やかに彩られたバックスタンド。


photoKeun Young Oh水原三星社長にアントラーズの盾をプレゼントする井畑社長。


photo練習前に選手たちを鼓舞する監督。


photo鳥かごでウォーミングアップする選手たち。


photo笑顔を見せるカルロン選手。


photo攻守の鍵を握る両サイドバック。


photo遠征に初参加となった昌子選手。

 

photoゴールに期待がかかる興梠選手。


photo気合十分の曽ヶ端選手。


photoミニゲームでご満悦の岩政選手。


photo中断期間中、U-22日本代表遠征にも参加した大迫選手。


photo初出場を狙う柴崎選手。


photo被災者の方に勝利を届けたいとコメントした小笠原選手。


photo

 

photo

Yoon Sunghyo監督:
地震の影響で日本のサッカー界も大きな打撃を受けたと聞いている。1日も早く、復興することを祈りたい。水原、鹿島は両国を代表する名門チームとして最善を尽くす良い試合をしたいと思う。鹿島は地震の影響があっただろうが、日本でトップクラスのチームなのでコンディションが落ちている事はないと思う。
  Choi Sung-Kuk選手:
まずは被害を受けた方が早く復興できるように祈りたい。こんな状況だから試合をがんばって良い結果を出したいと思う。日本のチームはやりやすい印象がある。鹿島には地震の影響が残るのかも知れないが、最善を尽くて試合に臨みたい。

photo

 

photo

オリヴェイラ監督:
どの試合どの大会でも勝つ事しか考えていない。やむを得ない中断期間はあったが、コンディションが落ちていた選手も練習の再開後に調整は出来たと思う。だが目標を達成できるかは試合をやってみないと分からない。ただ選手の意気込み、練習の姿勢を見ていると良い試合ができると思う。
  中田選手:
ただ試合をするために来たわけではないし、今後のグループリーグを有利に戦うためにも勝ちたい。ホームタウンが被災しているのでそのサポーターの方々にも勇気や元気を与えるため、全選手が1週間の練習を行ってきた。勝てれば良いと思う。