曽ケ端選手へのイエローハット スペシャルハットトリック賞の授与について

2014.04.10(木)
4月12日(土)に行われるアルビレックス新潟戦(カシマ)において、GK曽ケ端 準選手がJ1新記録となる217試合連続出場を達成した場合、その偉業に対して「イエローハット スペシャルハットトリック賞」を贈呈することが決まりましたのでお知らせいたします。

■贈呈日時:
4月12日(土) J1第7節vsアルビレックス新潟戦 試合終了後(勝利時のみ)
※引き分けまたは敗戦の場合は、19日(土)vs神戸戦の試合前に行います。

■贈呈対象選手: 曽ケ端 準選手

■贈呈理由・条件:
217試合連続出場となるJ1新記録を達成した場合、その偉業に対して贈呈する。

■記念品について
正賞: イエローハット(特製の黄色い帽子)
副賞: 賞金30万円、記念パネル

<参考>
第6節現在、216試合連続出場(2007/10/20 J1第29節vs磐田~)を続け、土肥洋一氏(GK、記録樹立時はFC東京所属)の持つ歴代1位記録に並んでいる。

<イエローハット ハットトリック賞について>
2012年から、ユニフォームスポンサーである株式会社イエローハットの協賛の下、ホームゲームにおいてハットトリックを達成した選手を表彰している。過去の受賞者は、2012年10月6日FC東京戦でのドゥトラ選手1人となっている。
また、昨年5月18日に行われた名古屋戦(アントラーズ Jリーグ開幕20周年記念試合)では、20年前の1993年5月16日の同カードでJリーグ第1号ハットトリックを達成したジーコ氏に「レジェンダリーハットトリック賞」が授与されている。
今回は、3得点という意味でのハットトリック賞ではなく、スポーツ界で広く行われている「偉業に対して帽子を贈る」という本来の意味に立ち返っての贈呈となる。