スタジアムへの中継設備の導入について

2013.02.15(金)
株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー(以下、鹿島アントラーズFC)は、指定管理者となっている茨城県立カシマサッカースタジアムに、ソニー製の新中継設備を導入することになりました。サッカークラブが中継設備を保有する画期的な事例となります。
鹿島アントラーズFCは、Jリーグクラブの中で唯一、ホームゲームの自社制作を行っており、2013年3月9日(土)ベガルタ仙台戦のスカパー!中継から、新設備を利用した中継制作を行ってまいります。新設備下においては、スタジアム内のコントロールルームでスイッチング(画面切り替え)やスロー再生等の作業が可能となり、中継車の手配が不要となります。また、場内大型スクリーンを含めた映像利用の一括管理(マルチスクリーンコントロール)などが可能になります。

photo

■アントラーズ × ソニー
鹿島アントラーズは、ソニー株式会社の関連会社であるソニービジネスソリューション株式会社と2010年7月よりテクニカルサプライヤー契約を締結しており、ハイテクスタジアム化のパートナーとして、中継用のスタジアム内固定カメラの設置、監視カメラの中継への利用、PSP®「プレイステーションポータブル」を用いた場内映像配信などのソリューション展開を行っています。
≪ソニービジネスソリューション株式会社≫
http://www.sonybsc.com/

■アントラーズ × スカパー!
鹿島アントラーズは、JリーグのオフィシャルブロードキャスティングパートナーであるスカパーJSAT株式会社(スカパー!)との間で、2012年2月より5年間の「メディア・アライアンス」契約を締結しており、その間にスカパー!が放送するJリーグ公式戦のアントラーズホームゲームを制作しています。アントラーズの集客、スカパー!の加入者増に相互協力することを目的としています。