金古聖司選手が退団

2009.01.24(土)
 標記の通り、DF金古聖司選手が退団することになりましたので、お知らせいたします。

金古聖司(かねこ・せいじ)

<生まれ>
 1980年5月27日、福岡県三潴郡城島町(現久留米市)出身

<経歴> ※カッコ内は加入年
 城島中学校(1993)─東福岡高校(1996)─鹿島アントラーズ(1999)─ヴィッセル神戸(2005=期限つき移籍)─アビスパ福岡(2006=期限付き移籍)─名古屋グランパスエイト(2007=期限付き移籍)─鹿島アントラーズ(2008)

<公式戦成績>
J1リーグ通算 73試合5得点(鹿島アントラーズで45試合4得点)
J2リーグ通算 0試合0得点
ナビスコカップ通算 15試合0得点(鹿島アントラーズで8試合0得点)
天皇杯通算 2試合0得点(鹿島アントラーズでの出場なし)

<ポジション>
 ディフェンダー

<サイズ>
180センチ、79キロ

<金古選手コメント>
 アントラーズでは、どのチームよりも素晴らしい環境でサッカーをすることができました。僕は怪我が多く、なかなか充実したシーズンを送れなかったのですが、サポーターやスタッフのみなさんの励ましや、応援のおかげで、10年間プロ生活を送ることができました。アントラーズでプレーできた事は僕の誇りです。
 10年間本当にありがとうございました。