Jリーグ公式アプリで入場可能な「電子チケット」導入のお知らせ

2019.02.05(火)
2019年シーズンより県立カシマサッカースタジアム開催のホームゲームにおいて、Jリーグ公式アプリ「Club J.LEAGUE」で入場可能な「電子チケット」を導入することとなりましたので、お知らせいたします。電子チケットをご利用いただくことで、よりスムーズなゲート入場を実現いたします。

photo

Jリーグ公式アプリ「Club J.LEAGUE」ダウンロードは、こちら(https://www.jleague.jp/app/)

■年間チケットのご入場方法
年間チケットである「SÓCIO」、「シーズンシート」をご購入の方は、Jリーグ公式アプリ「Club J.LEAGUE」アプリ内にファンクラブ会員番号(ワンタッチパスID)を連携させることにより、アプリ一つでご入場いただくことができます。また、アプリの代わりに、ファンクラブ会員ICカード(2月上旬以降にお届け予定)でも、ご入場いただくことが可能です。
(※)サービス適用開始日:明治安田生命J1リーグ第1節 vs大分 (2/23)

■鹿チケでのQRチケットレス入場
鹿チケでのチケットご購入では、QRコードのチケット発券にも対応いたします。チケットを鹿チケ(Jリーグチケット)でご購入いただいてから、観戦同伴者へのチケット共有、スタジアムでのご入場まで、Jリーグ公式アプリ「Club J.LEAGUE」一つで完結します。また、アプリ以外でもスマートフォンで表示したQRチケット、または印刷したQRチケットで入場することも可能です。対応試合やチケット券種は、鹿チケでご確認ください。


■チケット電子化に関する詳細
鹿島アントラーズ公式サイト「チケットページ」にて、詳細をご確認ください。
http://www.so-net.ne.jp/antlers/tickets

■県立カシマサッカースタジアムの「スマートスタジアム化」について
鹿島アントラーズでは、2016年7月に発表をした、Jリーグ、DAZN、NTTグループによるスタジアム・ホームタウンのICT化を目的とした「スマートスタジアム事業」における協業契約に基づき、スマートスタジアム化に取り組んでいます。これまでも高密度スタジアムWi-Fiの導入、AR/VRを活用したデジタルマッチデーイベント施策など、デジタルを活用したファンサービスの向上を推進しています。今回の電子チケット導入により、さらに便利で快適なスタジアム観戦環境の実現を目指しています。