中国遠征(8/1)

2019.08.02(金)
中国遠征も1週間が経過しました。今日から大会順位トーナメントがスタート。アントラーズは、グループ3位のため5位~8位決定戦を戦います。

これまで通り、9時キックオフの試合のため、5時に起床しました。 試合は、メイン会場となる施設内のスタジアムでSporting Clube de Portugalと対戦し、2-0で勝利しました。

試合開始前は雷雨となり、少し気温は下がったものの湿気があるため、蒸し暑さは変わりません。そのような中でのウォーミングアップでしたが、試合開始と同時に晴れ、今度は気温が上がり、厳しい環境での戦いとなりました。

photo

photo

photo

photo

photo

順位トーナメント5位~8位決定戦
vs Sporting Clube de Portugal
9:00 キックオフ

前半 0-0
後半 2-0
合計 2-0
得点者:渡邊乃斗選手X2

<先発メンバー>
GK:寺門碧生選手 FP:沖田空選手・木内達也選手・生井澤呼範選手・根本健汰選手・舩橋佑選手・竹間永和選手・舟崎歩武選手・柳町魁耀選手・栗俣翔一選手・渡邊乃斗選手
途中出場選手:谷口翔太郎選手

photo

photo

前半の立ち上がりから、相手にボールを握られる展開となりました。相手は、球離れが速く、シンプルにボールを動かしてきました。

アントラーズは、全体の守備ラインを早くスライドして対応していましたが、奪われた後の攻守の切り替えが早く、すぐにプレッシャーを掛け、奪い返しに来ました。

前半は守備に追われ、耐える時間帯が多くありましたが、GKの好守備もあり無失点で終わりました。

後半は、開始早々の1分にワンチャンスをゴールに結び付けました。右サイドから舩橋選手の早いクロスを渡邊選手が押し込み、先制点を決めました。

相手の攻撃もサイドからクロスを入れて、飛び込んできましたが、マークをぼかさずにしっかりと対応しました。

相手の運動量も落ち、足が止まるとカウンターから何度もチャンスが生まれました。終盤の後半39分には、左CKから沖田選手がヘディングで折り返し、渡邊選手が流し込んで、追加点を奪いました。

GKの寺門選手の好セーブもあり、無失点で試合を終わらせました。最後まで守備の集中力を切らさず、良いゲームが出来ました。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

15時からは、試合出場の無かった選手を中心に、インターバル走やシャトルラン、ゴール前の2対2トレーニングを行いました。

photo

photo

photo

休養を挟み、8月3日の試合相手は、エスパニョール。16:00キックオフで5位決定戦を戦います。

トレーニングの後には、地元のテレビ局から、中川選手と谷口選手にインタビュー取材がありました。

photo

photo