次世代通信「v6プラス」で快適なインターネット環境のすすめ お申し込み無料、約2分の簡単なお手続きで、お客さまの遅い!を改善します

IPoEとは

IPoEとは、次世代のインターネット接続方式です。
現在、利用者が多く混雑している「PPPoE」接続とは異なったネットワークを指します。

「v6プラス」をご利用いただくことで、混雑しているPPPoEのネットワークを回避し、より快適なインターネットの品質改善を実現します。

IPv6 速度測定

お客さまのご利用状況を確認してみましょう。

  • IPv6通信の接続をご利用の場合は、通信速度の測定が可能です。
  • お客さまのご利用状況詳細は、速度測定のご注意事項をご確認ください。

利用条件

ご利用対象OS

  • Windows7・Vista以降
  • MacOSX10.4以降
  • iOS4.1以降
  • Android

ご利用対象のコース

以下の接続コースおよび回線プランをご利用いただいている場合、v6プラスをご利用いただけます。
その他の接続コースや回線タイプをご利用の場合は、コース変更、またはプラン変更等が必要となります。

接続コース 回線プラン
  • So-net 光
  • So-net for ドコモ光
  • So-net 光 アクセス
  • So-net 光 with フレッツS
  • So-net 光 with フレッツ
  • So-net 光 with フレッツS (G)
  • So-net 光 with フレッツ (G)
  • フレッツ 光
  • フレッツ 光 (G)
  • フレッツ 光ネクスト
  • フレッツ 光ライト
  • 「B フレッツ」「光プレミアム」の場合は回線タイプの変更が必要となります。

「v6プラス」対応機器

「v6プラス」では、「v6プラス」対応ホームゲートウェイ、または「v6プラス」対応ブロードバンドルーターのご利用いただくことで、IPv4通信においてもIPoE方式でのインターネット接続が可能です。

  • 対応機器をご利用でない場合は、IPv6通信のみIPoE接続となります。IPv4サイトの場合は従来のPPPoE方式による接続となります。
  • 対応機器をこれからご用意いただく場合は、事前にご用意・機器ご接続の後に、「v6プラス」のお申し込みをいただくことをおすすめしています。
    (「v6プラス」利用開始から、ホームゲートウェイの接続まで時間が経過してしまった場合、「v6プラス」の再申込が必要になる場合があります。)
v6プラス対応ホームゲートウェイ
(HGW)

東日本、西日本 (レンタル) のホームゲートウェイ
(ひかり電話ルーター/ひかり電話対応機器)

  • RT-S300シリーズ
  • PR-S300シリーズ
  • RV-S340シリーズ
  • RT-400シリーズ
  • PR-400シリーズ
  • RV-440シリーズ
  • RT-500シリーズ
  • PR-500シリーズ
  • RS-500シリーズ (NTT東日本のみ)
< ホームゲートウェイ(レンタル)のお申し込みについて >
【So-net 光をご利用中のお客さま】
So-net サポートデスクまでお問い合わせください。
【So-net for ドコモ光をご利用中のお客さま】
NTTドコモまでお問い合わせください。
【So-net 光・So-net for ドコモ光以外のコースをご利用中のお客さま】

ご契約されている回線事業者へお問い合わせください。

  • NTT西日本エリアは、全てv6プラス対応HGWです。
  • NTT東日本の提供するフレッツ光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ以外では、ひかり電話のご契約が別途必要になります。
  • お客さまIDが「COP」で始まる光回線をご利用中で、2014年9月以前にひかり電話の契約をしていた場合、v6プラスをご利用いただけない場合があります。 (NTT東日本のみ。ひかり電話のご契約については、NTT東日本へご確認をお願いいたします。)
v6プラス対応ブロードバンドルーター
(BBR)
So-net (v6プラス対応ルーター)
アイ・オー・データ機器 (IODATA)
バッファロー (BUFFALO)
NECプラットフォームズ (NEC Aterm)
NTTドコモ (ドコモ光)

v6プラス対応ブロードバンドルーター以外の市販ルーターをご利用されているお客さま

市販のルーターをご利用されているお客さまは、ご利用のルーターが「IPv6ブリッジ (パススルー) 機能」に対応している必要があります。「IPv6ブリッジ (パススルー) 機能」に対応していないルーターをご利用の場合はIPoE方式によるIPv6通信をご利用いただけませんのでご注意ください。 (ご利用のルーターが「IPv6 パススルー」に対応しているか不明な場合は、メーカーへお問い合わせください。)
対応していない機器の一例:AirMac Extreme、AirMac Time Capsuleなどの一部のApple製品
詳しくはこちら新しいウィンドウで開くをご確認ください。

  • 上記条件を満たしている場合でも、「v6プラス」に対応していない機器の場合は、IPv6通信のみIPoE接続となります。IPv4サイトの場合は従来のPPPoE方式による接続となります。

料金

「v6プラス」のお申し込みは無料です。

初期費用、月額料金0円
  • ご利用環境によって、回線の品目変更の工事や、ホームゲートウェイ変更などの費用が別途発生する場合がございます。

お申し込み時の確認事項

「フレッツ・v6オプション」のお申し込みについて

「v6プラス」のご利用には、NTT東日本およびNTT西日本の『フレッツ・v6オプション』 (無料) の契約が必要です。
現在お申し込みされていないお客さまについては、『フレッツ・v6オプション』への申し込みをSo-netが代行して行いますので、あらかじめご了承ください。

  • 「フレッツ・v6オプション」の代行申し込みには、初期費用、月額費用はかかりません。
  • すでに「フレッツ・v6オプション」をご契約中の方は、契約中の「フレッツ・v6オプション」が優先されます。

「v6プラス」対応機器をお持ちでない場合

「v6プラス」では、「v6プラス」対応ホームゲートウェイ、または「v6プラス」対応ブロードバンドルーターのご利用いただくことで、IPv4通信においてもIPoE方式でのインターネット接続が可能です。

  • 対応機器をご利用でない場合は、IPv6通信のみIPoE接続となります。IPv4サイトの場合は従来のPPPoE方式による接続となります。
  • 対応機器をこれからご用意いただく場合は、事前にご用意・機器ご接続の後に、「v6プラス」のお申し込みをいただくことをおすすめしています。
    (「v6プラス」利用開始から、ホームゲートウェイの機器接続まで時間が経過してしまった場合、「v6プラス」の再申込が必要になる場合があります。)

「v6プラス」と同時にご利用できないサービスについて

「v6プラス」をご利用の場合、以下のご利用できないサービスがございます。
以下サービスをすでにご利用中、または今後ご利用を予定している場合は「v6プラス」の無効化または解約お手続きをお願いいたします。

  • PPPoEのIPv4を有効化いただくことでご利用可能です。 (詳しくはこちら)
  • 解約お手続きの完了までお時間を要する場合がありますので、無効化を推奨しています。
  • So-net フォン
  • 固定IPサービス
  • ダイナミックDNSサービス
  • また以下の条件にあてはまる場合、ご利用いただけない場合があります。
    • 特定のプロトコル (PPTP、SCTP) を利用するサービス
    • 利用可能なポート番号が制限されているため、特定のポートを使うサービス
    • IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス

現在「IPoE (IPv6) オプション」をご利用中の場合

現在「IPoE(IPv6)オプション」をご利用中の場合、順次「v6プラス」への移行をSo-netにて対応しております。
(So-net メールアドレス宛に、事前にご連絡を行っております)

詳しくは、こちらのページをご確認ください。

そのほか注意事項

「v6プラス」をご利用いただくことで、速度の向上を保証するものではございません。
「v6プラス」対応機器をお持ちでない場合、IPv6通信のみIPoE方式によるインターネット接続となります。
その場合は、IPv6対応サイトのみ、通信速度の改善が期待できます。 (閲覧いただくホームページによっては、速度改善されない場合もございます。)