Sony
Sony

Wi-Fiの通信が遅くなるさまざまな原因と対処法

自宅でパソコンを使用するときだけでなく、外出先でiPhoneなどのスマートフォンを使用するときも、Wi-Fiに接続して通信料を抑えたいと考えている人は多いのではないでしょうか。しかし、Wi-Fiを使っていても通信速度が遅かったり、途中で途切れてしまったりと、不安定な状態になってしまうこともありますよね。
現代において必要不可欠でもあるインターネット通信だからこそ、そういった状況を避けて通りたいという気持ちもあるでしょう。そこで今回は、Wi-Fiの通信速度が遅くなってしまう原因と対処法についてご紹介します。ストレスなくインターネットを利用していくためにも、ぜひ参考にしてみてください。

原因を特定して、それぞれに適した対処をしていきましょう。

Wi-Fiの通信が遅くなる主な原因

パソコンやスマートフォン、タブレット端末などをWi-Fiに接続しても通信が遅いとき、または途中で途切れてしまったときなどは、何が原因として考えられるのでしょうか。
そういったときは、原因を探る前にまず接続機器を再起動してみましょう。それでも解決されない場合は、以下の原因が考えられます。

ルーターとの距離や障害物

Wi-Fiを利用するためには、専用のWi-Fiルーターを使う必要があり、据え置きタイプとモバイルタイプの2種類があります。
このWi-Fiルーター(親機)とパソコンやスマートフォン、タブレット端末(子機)との距離が離れすぎていることによって、
通信が遅くなる可能性があります。
また、親機と子機の間に障害物があることも、電波の送受信が上手くいかない原因となります。
ドアの開閉だけでも影響が出てしまうことがありますので、覚えておきましょう。

【対処方法】

一番の対処方法は、親機を子機の近くに置いて使用することです。
特に、高い場所や壁付近などを避けてWi-Fiルーターを設置すると、速度が安定しやすくなる傾向があります。
しかし、生活環境によっては親機や子機を移動させることが難しいケースもあるでしょう。
そんな場合は、Wi-Fi中継器を導入する方法があります。

絶対に電波が届くという保証はありませんが、Wi-Fiルーターの電波を中継すれば、電波の到達範囲を拡大することができます。 中継器の設置場所を変更してみるだけでも、通信状態が改善されるかもしれません。

家電製品などによる電磁干渉

基本的に、Wi-Fiには「11ac」や「11n」といった通信規格・通信方法が定められています。その規格によって使用される周波数帯域も決められているわけです。
周波数帯域というのは電波の周波数の範囲であり、この範囲が広ければ広いほどやり取りできるデータ量も多くなります。
そして、Wi-Fiで利用されている周波数帯域には「2.4GHz」と「5GHz」の2種類があります。どちらの周波数帯域を使っているかはWi-Fiにもよりますが、
電子レンジやコードレス電話機などの家電の多くは「2.4GHz」帯の周波数帯域の電波を発しています。
同じ周波数帯域である機器を複数同時に使用していると、電磁干渉を起こしてしまう可能性があります。常にこの現象が発生しているわけではありませんが、
通信速度の影響によって接続が不安定になりがちになってしまうことは覚えておく必要があります。

【対処方法】

ここでも「ルーターとの距離や障害物」の対策方法と同様に、親機や子機を移動させてみたり、Wi-Fi中継器を導入したりすることによって、
症状が改善することもあります。もしくは、電磁干渉の原因である家電の位置を移動させてみてもいいかもしれません。
ただ、それでも通信速度が安定しないこともあるでしょう。そんな場合は、Wi-Fiを「5GHz」帯の周波数帯域で接続するという方法も対策方法としてあげられます。
ただし、「5GHz」帯の周波数帯域を使って接続するためには、親機と子機がそれぞれ「11a/n/ac」のいずれかの通信規格に対応していることが前提条件です。

お手持ちのWi-Fiルーターで周波数帯域を変更したい場合は、取扱説明書などで設定方法を確認してみてください。

回線の混雑

1台のルーターには、同時に使用できる台数に制限が設けられていることがほとんどです。利用するWi-Fiルーターによっても異なりますが、一般的には据え置きタイプなら10台以上、モバイルタイプであれば5~10台程度はカバーすることが可能です。 しかし、
1台だけの端末と接続しているときと、制限内ではあるものの10台の端末と複数接続しているときでは状況がまったく異なります。
家族でたくさんの端末で接続しているときだけでなく、店舗のWi-Fiでも同じ理由で回線が混雑してしまうことがあります。

【対策方法】

さまざまな事情により、同時に複数台数をWi-Fiに接続しなければいけないというケースもあるでしょう。そんな場合は、無線チャネルを変更するという方法があります。無線チャネルとは、通信に使われる電波の領域を細分化したものです。細分化することで、チャネル同士が重なって電磁干渉を起こすのを防ぐことができます。
また、利用するWi-Fiルーターによっては、複数のアクセスポイントが使えることもあります。
異なったSSIDが使えるのかをどうかを確認したうえで、複数の端末を接続しなければいけないときは、
いくつかのアクセスポイントを使い分けましょう。

ファームウェアやドライバーのバージョンが古い

ファームウェアとは、ルーターに組み込まれたコンピューターシステムを制御するためのソフトのことです。
ドライバーは、パソコンがルーターと通信できるようにするためのソフトを指しています。
Wi-Fiを接続するための機器同士、つまり親機と子機に組み込まれたソフトが最新状態でない場合は、接続ができなくなってしまうことがあります。
何度試してみてもWi-Fi接続できなければ、ソフトのバージョンが古くなっていることが原因として考えられます。

【対策方法】

ルーターや接続する端末に不具合がある場合は、マニュアルに従って再起動してみましょう。
それでも通信状態が改善されなければ、ファームウェアとドライバーをそれぞれ最新の状態にアップデートすると接続が安定することもあります。
最新のファームウェアやドライバーは、利用機器の公式サイトでダウンロードすることが可能です。
適用方法についても、マニュアルが記載されていますので参考にしてください。

ファイアウォールの影響

Wi-Fiの通信を遮断している可能性として、セキュリティソフトやパソコンのOS(Windows、Macなど)に備わっているファイアウォール機能があります。ファイアウォールとは、外部との通信を監視し、怪しいと判断した通信を遮断する機能のことです。
ファイアウォールの設定次第では、Wi-Fiルーターで接続しようとするとこの機能が働いてしまうことがあります。これが原因となって、インターネットに接続できないなどの障害が発生してしまう可能性が考えられます。

【対策方法】

ファイアウォールが原因として考えられるのであれば、対策方法は2種類あります。
まずは、ファイアウォール機能を一時的に無効にするという方法です。ただ、この方法には、OSの弱点をついた通信が
あった場合に、ウィルス感染してしまう可能性があるというデメリットがあります。

次に、ファイアウォールの設定で使用したいWi-Fiルーターを例外登録するという方法です。
特定の通信以外はファイアウォールによって遮断をしてしまうため、ウィルス感染したりパソコンが乗っ取られてしまったりする危険性も最小限に抑えることができます。

まとめ

今回は、Wi-Fiの通信が遅くなってしまう原因と、その対処法についてご紹介させていただきました。
インターネットを快適にストレスなく利用していくためには、未然にいくつかの問題に対して対策していく必要があります。
現在、Wi-Fi環境を整える準備をしている方は、ご自身のライフスタイルにあった回線を検討してみてくださいね。

関連記事