Sony
Sony

Wi-Fiとは?基礎知識を徹底解説
メリットデメリットと注意点

最近では街中でよく目にするようになったWi-Fi(ワイファイ)ですが、このWi-Fiについて皆さんはどれくらいのことをご存知でしょうか。
これを使うとインターネットにつながることくらいはわかるけれど、それ以上のことはあまりわからないといった方がほとんどだと思います。
例えば、「Wi-Fiと無線LANの違いは何なのか?」と聞かれた時に答えられない方のほうが多いのではないでしょうか。むしろ、Wi-Fiも無線LANも同じものなのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。普段何気なく使っているWi-Fiがどんなものなのか、それを知ることで、より便利な生活を送ることができるかもしれません。
そこで、Wi-Fiの基礎知識やメリットだけでなくデメリットまでも徹底的に解説いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもWi-Fiとは?無線LANとの違い

Wi-Fiはパソコンやスマートフォン、タブレット、テレビ、ゲーム機などさまざまな機器をワイヤレスでLANに接続する規格の名称です。そもそもWi-Fiとは何の略でしょうか?名前の由来は「Wireless Fidelity」「Hi-Fi」など諸説ありますが、
現在は「Wi-Fi Alliance」の略でWi-Fiと呼んでいます。

まだ無線LANが登場した当初は、同じメーカーの無線LAN機器でも相互接続が保証されていませんでした。そのため使う側にとっては、新しい機器と古い機器とで接続できるかを確認しなければならなかったのですが、「確認しなくても、相互接続ができると認められた商品の技術」としてWi-Fiといういわばブランド名がつけられたのです。一方無線LANとは文字通りケーブルが無くてもインターネット接続ができるシステムのことをいいます。

このように書くと無線LANもWi-Fiも同じなのではないかと思ってしまいますが、実際は違うのです。
最近では無線LANのことをWi-Fiと呼ぶことも多くはなってきましたが、この二つの大きな違いはWi-Fiは無線LANの中のひとつということです。洋服が無線LANだとしたら、その中のブランドがWi-Fiになります。でも現在では無線LANの中でも街中のほとんどの場所でWi-Fiを採用しているため、無線LANとWi-Fiが同じようなものとして認識されているのです。

Wi-Fiでできること

普段の生活で何気なく使っているWi-Fiですが、どんなことができるのか考えたことがあるでしょうか。
ただインターネット接続ができるだけではなく、Wi-Fiを利用することでさまざまなことが可能になります。

家でつないだ場合、家族みんなのスマートフォンやパソコンが同時に利用できる

自分のモバイルの回線を使わなくてもみんなで共有して使うことができます。


動画や音楽・画像などを共有できる

同じWi-Fiにつないだ機器同士でデータを共有して、別々の部屋にいても同じ動画や音楽を視聴することができます。


録画した番組を別の部屋でもみることができる

最近のTVやレコーダーには、1台のレコーダーに録画した情報を、複数のテレビで楽しめる機能がついているものもあります。そのためリビングで録画したものを自分の部屋で観ることもできますし、その逆も可能です。


携帯型ゲーム機でも世界中の相手とネットワーク対応のゲームを楽しめる

最近では携帯型ゲーム機でもインターネットに接続することができますので、家にいながら世界中の相手と簡単にゲームを楽しむことができます。国は違っても同じ趣味の人と簡単につながることができるのも、また違った面白さがあるといえます。

その他にもネットワークに対応しているオーディオを楽しめたり、スマートフォンからプリントアウトできたりと日常生活でもますます便利になり、
よりたくさんのことを楽しむことができるようになりました。家族みんなで同時にいつでもインターネットを楽しむことができるのはとても便利ですし、
それぞれにあった使い方ができるのもWi-Fiの嬉しいポイントです。

スマートフォン回線との違い

スマートフォンを使っていると4G(LTE)や3Gといった文字を目にすると思います。これらは主に携帯電話で使用されている無線通信システムのことでWi-Fiとは異なるものです。スマートフォン回線は利用できるエリアが広いのですが、速度が遅いというデメリットがあります。
またスマートフォン回線は契約によって利用できる通信量が限られているため、容量が大きいアプリのインストールや動画の長時間視聴を続けると、通信速度に制限がかかってしまいます。そこでスマートフォンからWi-Fiを使用する事で、自宅のインターネット回線や公衆無線Wi-Fiスポットに接続して、通信量を気にすることなくインターネットをする事ができます。

有線LANとの違い

それでは有線LANとの違いは何でしょうか。もちろん文字通りワイヤレスなのかどうなのかという点もありますが、それだけではありません。
Wi-Fiは範囲内であれば無線でどこでもインターネットに接続することができますが、有線LANはケーブルが届く範囲でしか使うことができません。
スマートフォンからゲーム機、タブレットにデジタル家電など、最近ではあらゆる機器がWi-Fiに対応するようになりました。

一方有線LANはパソコンやデジタル家電などでも、LANポートを搭載した機器でのみ接続することができます。これだけ聞くと断然にWi-Fiの方が良いのではないかと思いますが、有線LANの方が優れている点もあります。それは回線の速度が安定している点です。Wi-Fiの場合はチャネルの干渉によって回線が混雑したり、壁などの障害物で回線の速度が安定しないこともあります。しかし有線LANの場合は回線の速度が安定し、データ転送の容量も大きくなります。また、Wi-Fiは無線LANルータからの距離が離れるほど電波が弱くなり、回線が遅くなってしまいます。そこで安定した通信をするために中継器の設置をおすすめします。

Wi-Fiのメリットとデメリットと注意点

Wi-Fiのメリットはたくさんあります。有線ではないため、いろいろな場所で使うことができる点はもちろんですが、スマートフォンで使用する場合、通信速度が速くなるメリットがあります。スマートフォンで使用される4G(LTE)や3Gの通信に比べWi-Fiは数倍の通信速度があります。従って、動画などを視聴する際にはスムーズに再生することができるので、まずストレスがありません。
そして、スマートフォンのパケット通信料の節約にもなります。スマートフォンにはパケット通信量に上限が設けられているため、この上限を超えると一気に通信速度が低下し、インターネットに快適に接続することが難しくなってしまいます。そのため、家の中でスマートフォンを利用する際は、自宅のインターネット回線にWi-Fiで接続することで、ストレスフリーでインターネットを楽しむことができます。また、自宅のインターネット回線を使用するため、スマートフォンのパケット通信量を気にせずに利用できるメリットがあります。
さらに複数台の機器で楽しむことができる点は大きなメリットではないでしょうか。
パソコンやゲーム機、デジタル家電にスマートフォンまであらゆる機器をWi-Fiで接続することが可能です。

一方、早くて便利でお得なWi-Fiですがデメリットもあります。前述のとおり回線が不安定になってしまう場合がそれに相当します。
特に離れていて壁などに遮られていたりすると不安定になりやすいといえます。また、セキュリティに注意する必要があるという点です。
有線の場合はケーブルを通してインターネット接続を行っているのですが、Wi-Fiなどの無線LANの場合は電波を飛ばすというタイプであるため、不正にアクセスされて、
誰かにインターネット回線を無料で使われてしまうことや、個人情報を盗み見される危険性があります。
街中でのフリーWi-Fiなどは、運営者が信頼できるWi-Fiを選んで利用するように心掛けましょう。

Wi-Fiを導入するために必要なこと

自宅でWi-Fiを使用するにはインターネット回線の契約とWi-Fiルーター(無線LAN親機)が必要です。
Wi-Fiルーターは家電量販店で購入することができますが、様々な種類がありますので、設置場所や機能から自分の利用シーンに合ったものを選ぶと良いでしょう。
スマートフォンは単体でWi-Fiを使用することができますが、無線LAN機能が無いパソコンでWi-Fiを使用するためには無線LAN子機(アダプタ)が必要です。

Wi-Fiが利用できるスポットは?

自宅に無線LANルーターを設置して利用するのが一般的ですが、
現在では屋外でも様々な場所でWi-Fiを利用できるようになりました。

公衆無線Wi-Fi

街中で使うことのできるWi-Fiスポットで、カフェや商業施設、駅や病院など様々な場所で、
しかも無料で接続できるところが増えてきました。
また、2020年の東京オリンピックに向けて、この無料のWi-Fiスポットを増やしていくという方針なので、
今後街中で使える環境がどんどん整っていくでしょう。
また、決められた場所であれば、有料の場合でも定額料金を支払うことで、
自由にWi-Fiを使うことができるようになっています。


モバイルWi-Fi

携帯できる小型のWi-Fiルーターは、これも月額の定額料金を支払うと屋外でWi-Fiを使用することができます。
このモバイルWi-Fiも複数台の機器を接続できるメリットがあるので、屋外での使用頻度が高い方は検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

普段何気なく利用しているWi-Fiも、きちんと理解して使うのとそうでないのとでは、楽しめる幅が違ってきます。
最近では、様々な場所で使えるようになったWi-Fiですが、便利になった反面、それを悪用して情報を盗み取ろうとする人が増えているのも事実です。
怪しいフリーWi-Fiは極力接続を避けるようにしましょう。きちんと注意しておくことで、より安心して快適にインターネットを楽しむことができます。
現在ではインターネットは生活になくてはならないものである方も多いと思いますので、早くて便利でお得なWi-Fiを利用しない手はありません。
家でも屋外でもWi-Fiを使ってより快適で便利な生活を楽しんでください。