Sony
Sony

インターネット契約のいろは
申し込む前にしっておくべき知識とは

日常生活においてスマートフォンの利用はもはや当たり前の時代とはいえ、「外でも気軽に使えるスマートフォンは便利だけど、家ではやっぱりパソコンが良い」という方もいるでしょう。自宅で快適にインターネットをするには、自分に合ったネット回線が欠かせません。
とくに長時間の動画を視聴したり、オンラインゲームを楽しんだりする場合は安定した回線と速度が不可欠です。しかも回線の契約は長期間になりますので、ストレスなく快適に使いたいですね。そこで今回は、インターネットの通信速度からプロバイダ選びまで、契約をするときに役立つ情報をご紹介します。インターネットの申し込みで失敗しないためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

利用目的をはっきりさせよう

まず、インターネットを契約する前に「自分が普段どのようなシーンで利用しているか」を整理してみましょう。
利用目的をはっきりさせることで、自分に合うお得なネット回線も見えてきます。自宅と外出先の両方で使うのか、それとも自宅で使うことが多いのかなど、きちんと整理して選ぶようにしましょう。契約してから後悔しないためにも、自分にはどのような回線が必要かを認識することが大切です。

自分の利用パターンが見えてくれば、契約の目的もはっきりとしてきますね。
多くの方は、インターネットで「情報検索」「ショッピング」「SNS」「メール」を行うのがメインだと思います。これらの利用では、データ量が少ないため、あまり通信速度を気にする必要はありません。しかし、動画の再生やゲームなどはデータの通信量が多いジャンルであり、通信速度も重要なポイントとなります。

では、動画再生時などに必要な通信速度はどれくらいなのでしょうか?
残念ながら動画閲覧の快適さを評価する上では、通信速度だけでは判断できません。高画質なほど通信速度が必要になり、また時間帯などにも影響されるからです。

回線の種類を選ぶポイント

自分に必要な通信速度・容量から、最適な回線の種類を決めるのがポイントです。
まず、料金で比較すると、光回線が最も高額で、高速モバイル通信は光回線よりも1000円ほどお得です。
また、固定回線は戸建よりも集合住宅の方が安い料金となります。

通信速度制限を気にせずネットを楽しみたい方は、光回線の利用をおすすめします。SNSやメールなどの使用がメインの場合は、高速モバイル通信でも不便なく使えるでしょう。しかし、オンラインゲームをしたり、毎日動画を視聴したりする場合は、速度や安定感の面で光回線がおすすめです。また、家族でインターネットを使う場合も、使い放題の光回線の方が通信速度制限のストレスがなく楽しめます。

一方、「家ではほとんどインターネットを利用しない」「外出時がメイン」という方は、高速モバイル通信でも良いでしょう。
メリットとしては、「持ち運びが可能」「毎月の通信料が安くなる」などが挙げられます。また、工事が必要なく、申し込みから数日で開通しますので、すぐにインターネットへの接続が可能です。そんな高速モバイル通信ですが、通信速度は以前に比べてかなり速くなってきているため、固定回線の代わりに使う方も増えてきています。
しかし、エリア内でも電波が弱い場所もあります。契約時には、接続状況を確認するために、端末を数日間貸してもらえる場合が多いので、ぜひチェックしてみてください。

このように安定性と通信速度では光回線の方が優勢ですが、料金やコスパの面では他の回線も見逃せませんよ。

プロバイダを選ぶポイント

プロバイダも、しっかりと比較しておく必要があります。というのも、会社によってオプションに特徴があるからです。
そのため、インターネットで申し込みをする際にも欠かさずにチェックする必要があります。

まず、契約するときに気になるのは、料金や速度ではないでしょうか。プロバイダの料金は、現在光コラボレーションモデルが主流です。例えばSo-netでは月額料金3,500円(1~30カ月・集合住宅の場合)で利用できます。
実際にプロバイダと契約をすると、いくつかのオプションが付きます。メールアドレス、ウイルスチェック、IP電話などの利用ができますが、内容はプロバイダによって多少の差があります。これらは無料で提供されることが多いのですが、中には有料の場合もあります。契約前にオプション内容を確認すると良いでしょう。

もし、プロバイダでメールアドレスを作成した場合、そのプロバイダを解約するとメールアドレスも削除されてしまいます。
そのため、契約や乗り換えの際は注意しておきましょう。

ちなみに、So-netには、1ヶ月間無料で動画配信サービスを視聴できたり、レジャー施設の割引券をもらえたりするオプションがあります。
また、プロバイダの支払いやゲームでポイントを貯めることもできます。
失敗しないプロバイダ選びをするためには、しっかりとインターネットの仕組みを理解しておくことが大切です。

ご利用開始までの流れ

光コラボ

現在フレッツ光回線をご利用でないお客さまの場合
1.お申し込み(WEBまたは電話にて)【お客さま】→ 
2.開通工事のご案内【So-net】→ 
3.開通工事【So-net】→ 
4.ご利用端末の設定後、ご利用開始!

ドコモ光

現在フレッツ光回線をご利用でないお客さまの場合
1.お申し込み(WEBまたは電話にて)【お客さま】→ 
2.工事日の調整【ドコモ】→ 
3.必要書類のお届け【So-net:「契約内容のご案内」】【ドコモ:開通のご案内】→ 
4.ご利用端末の設定後、ご利用開始!

auひかり

1.お申し込み(WEBまたは電話にて)【お客さま】→ 
2.開通工事のご案内【KDDI】→ 
3.開通工事【So-net】→ 
4.ご利用端末の設定後、ご利用開始!

WiMAX2

1.お申し込み(WEBまたは電話にて)【お客さま】→ 
2.機器の発送【So-net】→ 
3.機器到着後、ご利用開始!

まとめ

今回は、インターネット回線を契約するときに知っておくと良い知識について、ご紹介させていただきました。
インターネット回線はストレスなく利用でき、月額に無駄がないものを選びたいですよね。
現在、何気なく光回線に加入している方も、ぜひ自分の利用シーンに合う回線を検討してみてはいかがでしょうか。